プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



水耕栽培 レジナ ―いつも通り、ゆっくりのんびり生長―




―レジナの子どもたち―


前回の記事から約一ヵ月。


あれこれ育てていますが、今のところ種まきしたものはすべてナス科ばかりなので、草姿が皆同じ(笑)


撮り溜めた写真も直ぐに名前をつけておかないと、どれがどれだかワケがわからないことになってしまいます。


発根したての画像がたくさんあって、これはナスの発根だろうか、レジナの発根だろうか…と頭を抱えて暫く放心状態とか(笑)


何の話をしているのか…。そう、レジナでした。


―レジナの育苗―


毎年している過程なので、今回も変わらず育苗容器(浅底水耕栽培容器に移しました。


12粒種を蒔いて、1粒紛失、1粒発芽不良で、結局残ったのは10の幼苗。


ちょっと残り過ぎたので、小さめの2つを間引いて8つ残しました。


最終的に、元気の良い苗を4~6苗まで絞って深底水耕栽培容器に移植する予定です。


幾つか育てると、生長が遅く小さい株のままのレジナが一株、二株出てくるんです。


その株を育てても、一つ実をつけるくらいで終了してしまうんです。他の株とは明らかに違う、”あまり期待しないでください宣言”している小さい株が、出てくるんですよね(笑)


そういう株は可哀そうだなと思っても間引いた方がいいので、それを見分けるための育苗期間ですね。


今のところ、それがどの苗なのか分かりませんし、もしかしたら全ての苗が良い感じに育つ可能性もありますが、本葉が出てが伸びてきたものから順に…


20200224レジナ根
(2/24 容器の下からレジナの根)


20200301レジナ1
(3/1 1/20蒔き)


20200308レジナ
(3/8 2/7蒔き)


浅底水耕栽培容器に移しました。


20200308レジナ育苗容器1


ハイポニカは500倍希釈です。


20200308レジナ育苗容器2


本葉が2枚になりました。


20200308レジナ育苗中


今年は種まきが1か月ほど早いので、ここまでくるのに結構時間がかかっています。


気温が生長に与える影響が大きいですね。


いつも通りなら、本葉が7枚になった頃、が出てきます。


蕾が出たら、深底水耕栽培容器定植します。


ゆっくり育つので、今は見守りタイムの時。


見えない容器の中で、根っこを一生懸命伸ばしている最中です。


ちょっと寒いけど、頑張れ。もうすぐまた暖かくなるみたいだからね^^


関連記事

 2020_03_08

アンケートモニター登録


04  « 2020_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

amazon

Yahoo!



pagetop