プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

簡単すぎる水耕栽培 - にほんブログ村

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―終わる予定の先陣のミニキュウリ、子づるが出る―


心の準備はとっくにできているものの、只今ボーナスタイムを味わっております^^


あれから、先陣と2陣で11本を収穫しました。


まず、先陣のこの一本と…


20200721ミニキュウリ先陣-1
(7/21)


2陣のこちらを収穫。


20200721ミニキュウリ2陣-1
(7/21)


先陣38本目。2陣9本目。


20200721ミニキュウリ先陣38本目と2陣9本目
(7/21)


続いて翌々日は先陣。撤収間近になると、曲がり果が増えるそうで。その通りだなぁと。この2本を収穫。


20200723ミニキュウリ先陣-1


先陣39、40本目。


20200723ミニキュウリ先陣2果収穫
(7/23)


その翌日は2陣から。この2本を収穫。


20200724ミニキュウリ2陣-1


2陣、10、11本目。先陣と2陣で止めどない収穫を饗宴してくれています^^


20200724ミニキュウリ2陣10本目11本目収穫
(7/24)


またその翌日。2陣からこちらの3本と…


20200725ミニキュウリ2陣-1
(7/25)


先陣の生長点にぶら下がっているこちらの…


20200725ミニキュウリ先陣-1


この1本。合わせて4本を収穫。


20200725ミニキュウリ先陣から1本-1
(7/25)


先陣41本目。2陣12、13、14本目。


20200725ミニキュウリ先陣1本41本目と2陣12本13本14本目収穫1
(7/25)


そして本日は再び先陣の生長点から、この一本を収穫。


20200726ミニキュウリ先陣から1本


先陣42本目。こんな感じの11本でした。


20200726ミニキュウリ先陣から42本目収穫
(7/26)


先陣株は終わる予定だったと思いますが、新たに子づるが出ております。


20200726ミニキュウリ先陣子づる1


また元気になってくれたのなら嬉しい限り^^


20200726ミニキュウリ先陣子づる2



そして巻きひげを出さなくなって、もう店じまい?早すぎでしょ!前々回の記事で突っ込みを入れていた、2陣株。


その時の生長点は、真ん中の支柱の左側にありました。


20200718ミニキュウリ2陣巻きひげなし
(7/18)


今日の生長点はどこにあるかと言うと…


20200726ミニキュウリ2陣-1


真ん中の支柱をあっという間に通り過ぎて、右側の支柱を曲がるところ(笑)


2陣、店じまいは勘違いでした。


巻きひげが出なくなると終わりになるのかな…と先陣の過程を見て思ったのですが、関係無かったみたいですね^^


まだまだ元気そうで良かった。


そして7/5に播種した3陣は、ちょっと間延びしていますが、3節目から巻きひげが出て、4節目。


20200725ミニキュウリ3陣草丈11センチ4節目
(7/25)


そこに辿り着いたのね^^


20200725ミニキュウリ3陣3節目から巻きひげ-1
(7/25)


今日にはちょっとたわんで、スプリング巻きモードに^^ そして茎は5節になりました。


20200726ミニキュウリ3陣巻きひげ巻き直し
(7/26)


美味しい野菜たちに元気をもらって、また一週間、がんばりましょうかね^^


ミニキュウリのそぼろ冷やしそーめん
(ミニキュウリのそぼろ冷やしそーめん)


続きはコチラ



 2020_07_26




―撤収は新たな栽培の始まり―


レジナの記事は既に37記事も書いているので、いい加減、もういいかな^^;ということでかなりセーブしてきました。


前回の記事は3/8の育苗開始の段階でしたね^^;


あれから、いつものようにがついた頃に深底水耕栽培容器定植しました。


4月にが降って雪桜となったり、寒さがぶり返したこともあってか、今年は生長がかなり遅かったです。


20200404レジナ定植
(4/4定植)


その後、が咲き始め…


20200419レジナ4
(4/19)


ポコポコとがつき始めて…


20200428レジナ2
(4/28)


今年もたくさん収穫できそうな予感。


20200510レジナ3_1
(5/10)


完熟を待つ間、緑、黄色、赤ととてもきれいでした。


20200607レジナ


レジナの良い所は、こんな風にたくさんの実が一気に生るところですよね。花が咲くのも実が生るのも相当な体力が必要だと思いますが、小さな木に秘めた力を振り絞って、こんな風に頑張ってしまうレジナです^^


20200607レジナ4


完熟の頃合い。収穫を始めたのは6月半ばでした。


20200613レジナ
(6/13)


全ての実を採り終えて、伸びた枝葉をさっぱりと切り戻しし、休ませました。


6月下旬。再びができ始めました。


20200627レジナ
(6/27)


開花し、復活してきました。


20200710レジナ開花中1
(7/10)


20200710レジナ開花中2
(7/10)


また可愛い玉っころがつき始めました。


20200718レジナ2
(7/18)


毎朝葉露がついて、調子が良さそうだなと。


20200720レジナ葉露1


20200720レジナ葉露2


本日、この調子が良いはずのレジナを何故か撤収することにしたわけです。


その理由に、この葉露が関係していました。


―いつまでも乾かない茎―


今はまだ梅雨の最中。部屋の湿度は毎日70%以上、80%以上と、とても蒸しています。


陽射しも無く、室内なので風も無く、この葉露は乾くことなく茎を滴り、重なり合った茎葉を濡らしたまま。そんな日々が続くと、そのを求めてたくさんの気根が伸びてきました。


20200726レジナ気根


この気根自体は元気な証と思っていて悪い物ではないのですが、それが濡れたままだとよろしくない。


葉露で濡れた葉や茎と同様、気根も乾かず、気根の周りには白い綿のようなカビが見えるようになりました。


気根を取り除いてもまた出てきて湿ってしまう。そしてまた葉露で濡れて乾かない。


乾きやすいように葉を摘葉するも、今度は切った切り口が乾かずカビ綿がついてしまうと。


元気そうに見えても、気根の方が優勢になってしまったのか、の元気が無さそうで。


20200726レジナ


梅雨明け後の酷暑を乗り切るのは難しいだろうと判断しました。


20200726レジナ気1根


収穫したかったですけどね。。


20200726レジナ果実
(7/26)


新しいを見ると、決断が鈍ってしまいそうでしたが…


20200726レジナ蕾


更に暑くなるであろう来週末ではなく、今日やってしまおう!とレジナを撤収しました。


そんな風に空いてしまったスペースには、必ず次の住人が現れるものでして^^


スーパーに行くたびに思う、葉物野菜の値段がずっと高い!!


もうこうなったら、作るしかないでしょ!


夏の栽培は徒長で難しい。。。と分かりきっていながら、間引き収穫でも日々の足しになりそうよ^^と誘惑に負けて…


暑さに強い小松菜 種袋表


”暑さに強い小松菜”の種を蒔きました~^^


この栽培の様子はまた後日!


徒長に悪戦苦闘している私が既に見えます^^;



 2020_07_26



06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

language choice

検索フォーム



pagetop