プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

簡単すぎる水耕栽培 - にほんブログ村

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―種まき(3/3)から、まもなく4ヵ月―


○種まきから収穫開始までの前回記事はコチラ


種まきから70日程度で収穫が始まるパセリですが、我が家でも5/10頃から収穫が始まり、一ヵ月半が経ちました。


20200628パセリ1
(6/28)(種まきから117日)


ほぼ毎日、古い葉から食べる分だけ手で千切って収穫しています。


定植穴はこんな感じ。葉柄が次々と出てきます。


20200628パセリ2-1


右側の定植穴には2苗定植しています。絡まないように、うまい具合に葉柄を交差させて仲良くしているみたいです^^


20200628パセリ3


最初、浅底水耕栽培容器に数苗をまとめて一穴に定植していました。


株の大きさや根の多さを考えて、一穴が大きい深底水耕栽培容器に定植し直しました。


根が容器の中で繋がっていて、ゆとりがありそうです。


20200628パセリ根


深底水耕栽培容器パセリを栽培するのは今回が初めてですが、これもいいなぁ。むしろこっちの方がいいなぁ^^


栄養価が高いパセリ。一度にそんなに食べられないですが…


焼ナポリタン2
(焼きナポリタン)


香りが良いですし、食欲も出ますし、ちょくちょく新鮮な状態で食べることができたら嬉しい野菜ですよね。


20200628パセリ葉


2年草なので、夏を頑張って乗り切ってくれたら、来年の春にトウ立ちするまで約1年に渡って収穫できる、お得な栽培です。


2015年モスカールドパセリ種袋裏


秋蒔きした場合は、年明け頃から収穫が始まって、トウが立ってくる初夏(5月頃)までの収穫ですね。


パセリの良い所収穫期間が長いことと、手がかからないこと。


人工授粉とか脇芽かきとか、摘葉とか摘心とか切り戻し作業とか、一切要りません(笑)


生えっぱなしです^^


そして実が生った時だけ収穫ではなく、収穫したい時にいつでもそこにあってずーーーーっと収穫できること。


ナスとパセリのネギマヨ丼
(収穫した茄子とパセリでネギマヨ丼)


葉が縮れて立体的で丸っこくて、わさわさになるところ^^


収穫の際、ファーっ香りが広がるところ^^


良いことしか思い浮かばない^^*



 2020_06_28

アンケートモニター登録



―初っ端からコケた大玉トマト―


3/22に種まきをした、ぜいたくトマトF2


本葉が開き、育苗容器で育苗中、強い日差しで葉が焼けて茶色くなり、そのままなかなか大きくならず、一旦撤収。


そして、再び蒔き直したのが5/7。二粒だけ。


20200507ぜいたくトマトF2種まき
(5/7催芽蒔き)


3日で発根。


20200510ぜいたくトマトF2発根
(5/10)


バーミキュライトに播種し、本葉が出てきました。


20200519ぜいたくトマトF2
(5/19)


浅底水耕栽培容器で育苗を始めました。


20200523ぜいたくトマトF2育苗開始
(5/23)


撤収した苗はこの育苗中に陽射しでやられてしまったので、ちょっと警戒しながら。。


ミニトマトの栽培では、暑い時期に試し蒔きした以外には育苗中に終了撤収となったことが無かったので、初っ端からこの展開はどうしたかな…?という感じでした。


たまたまであればいいんですが、そうではなかった…。


その後、この二苗のうち一苗に、撤収した苗と同じような症状が下葉に出てきまして、これもダメかと思い、もう一苗を見ると…


20200613ぜいたくトマトF2メガネ寸前


なんだこれ…(T_T) 生長点が2本に枝分かれ。。。


やたらと軸が太く、真ん中に割れ目ができて、穴が空いてメガネになる寸前。。


もうやめてしまおうかと投げやりモードになって覗き込んだら…


20200613ぜいたくトマトF2蕾


下葉が茶色くなりかけている一苗の方に、小さな蕾がついていました。


この生長意欲を無視できない私でございますので(笑)


早速、大玉トマトの茎を支えるあんどん支柱ダイソーさんで購入し、深底水耕栽培容器に設置して移植しました。


20200621ぜいたくトマトF2ー1苗目
(6/21)


茶色く変色した葉は、その葉だけを摘葉しておきました。それが先週のことでした。


それからおよそ一週間が経って、開花しました。


20200627ぜいたくトマトF2


第2花房の蕾も上にできてきました。その上の生長点が芯止まりしそうな予感がするんですが、それはちょっと見ないでおこうかな^^;


葉の茶変は広がることなく、今のところ摘葉した葉だけで済んだようです。


あんどん支柱でトマトを栽培する場合、実に日が当たるように、収穫し易いように、支柱の外側に果房ができるように花房を外向きに茎を倒しながら支柱に沿わせて設置するようなんですが…


我が家の狭っ苦しい窓辺でそれをしてしまうと、窓辺の熱射が実に当たって温まり、実が日焼けを起こす可能性が大でして。。


そしてカーテンの開け閉めの際に、果房を引っ張って実がポロっと床に落ちることになりそうで。


これは、ミニトマトで結構な頻度で起こっているので、実が大きなトマトでそれが起きるとショック極まりないことは容易に想像できてしまいますのでね。。。。


支柱の外側に花房を出すのではなく、逆に熱い窓とカーテンから実を守るために、支柱の内側に果房が生るようにしてあげようかなと。


私のショックを未然防止するためにも、トマトのためにもそれがいいかな(笑)


ところで、生長点が枝分かれしていたもう一苗。


養液を薄めにしてそのまま栽培を続けていました。枝分かれした2本のうち一本を無慈悲に切り取り、1本にしました。


20200621ぜいたくトマトF2ー2苗目


もうどうすりゃいいの状態^^;


残した生長点の方に、小さな蕾ができちゃって。。


20200621ぜいたくトマトF2ー2苗目2
(6/21)


この苗も支柱を設置した方がいいかな^^; おさらばする予定だったんですけどね。。


20200627ぜいたくトマトF22


或いは、移植した苗に実がつかなかった場合の”保険”として考えていたんですけどね。。


今開花したトマトが収穫できるようになるのは、積算温度が1,000℃(ミニトマトは800℃)に達する頃のようで、25℃として40日後。


収穫できたとして、8月上旬から中旬頃かな^^;;


暑い時期についた実は、黄色いまま終わってしまって味が乗らずに美味しくないのがこれまでのミニトマトの経験でして。。


とても美味しかったぜいたくトマトからは遠くかけ離れた味になりそうですね( ;∀;)


元々F2栽培なので、そもそも既にぜいたくトマトでは無いんですけどね。


とりあえず株が無事に育って夏を乗り切って、秋から冬にかけて美味しい実が生ってくれることに期待しようかな^^


そのためには、まず一番果を着果させないと^^;


次回の大玉トマトの記事はどういう展開になっているのか。ご報告はまた後日に!


初栽培の大玉トマト。ミニトマトよりちょっと難しいなという印象で始まりました。


20200627ぜいたくトマトF2開花
(6/27)


続きはコチラ



 2020_06_27

アンケートモニター登録


05  « 2020_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

amazon

Yahoo!



pagetop