プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

簡単すぎる水耕栽培 - にほんブログ村

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―ようやく開花―


枝豆の草丈は59センチになりました。


20200504枝豆草丈59センチ
(5/4)


栽培しているのは、極早生枝豆天ヶ峰(ごくわせえだまめてんがみね)。


極早生枝豆天ヶ峰 種袋表1-1


極早生種なので、草丈は50~55センチ程度で止まるかなと思っていましたが、構わず伸びています。。


野菜栽培の本を読み漁り、草丈40センチ以上になったら追肥は不要とどこかに書いてありましたので、とりあえずハイポニカ養液は極薄にして与えることにしました。下葉が黄色くなってきたら、500倍希釈養液に戻していこうと思います。


現在、本葉は7~8枚。


そろそろ開花してもいい頃ではないですか?枝豆さん?


20200504枝豆開花1
(5/4)


とっても分かりづらいですが、開花が始まっていました。


20200504枝豆開花2


20200504枝豆開花3


20200504枝豆開花4


花を最初に見つけたのが5/3。種まき(3/15)から49日目での開花でした。


収穫の目安は開花から30~40日ということなので、収穫開始は来月初旬から中旬頃ですね。


その頃は、もう梅雨が始まっているのかな?


今年は梅雨に入る前に開花させようと、品種と時期を選んで栽培を始めました。


昨年は種まき直後に梅雨入りし、日照不足で徒長してしまいましたので。。


今年は良い感じに進んでいます^^



―さまよえる苗のその後―


発芽後に、地べたを這うように育っていた一苗(前回の記事)


20200426枝豆3-1
(4/26)


上に上に伸びろ~と言っていても、翌日もこのままで。


仕方がないので麻紐で引っ張って、そっちじゃないのよとグイっと起こしてあげました。


20200428枝豆2
(4/28)


そこから6日。


20200504追加蒔き枝豆2


麻紐で引っ張ったおかげで、ようやく立ち上がる気になったようです^^


世話が焼ける苗だこと。


こんな所で彷徨っていたらね、この先どうやって生きていくんだい?これからもっともっと大変なことに立ち向かって行かなきゃならんのだからね(説教気味^^)


よく見てみると、他の苗とあまり生長に差が見られない。


20200504追加蒔き枝豆1


出遅れたので新葉こそ若干小さいですが、初生葉は他の苗より大きく育っていました。左側の苗の葉が出遅れくんの初生葉です。


20200504追加蒔き枝豆3


地べたを這ってバタバタと孤軍奮闘していたんだね(涙) 説教なんていらなかった(笑)


ということで、無事に4苗揃って深底水耕栽培容器(ダイソー)定植しました。


20200505枝豆追加蒔き
(5/4)(4/11種まき・種まきから23日目)


出遅れくんを待っていたので根が絡み合って大変なことになっていましたが、ちょっと千切りながら、なんとか引き離して^^;


20200504追加蒔き枝豆根


花が咲き始めた枝豆の収穫が終わる頃、この追加蒔きした枝豆の収穫が始まると。。。


まもなく嬉しい時間が始まります。 ちょっと気が早いな^^


続きはコチラ



 2020_05_05

アンケートモニター登録



―花はまだ―


前回、草丈が15~17センチだった枝豆。


20200411枝豆17センチ
(4/11)


あれから約2週間で更に30センチ伸びて、草丈45センチになりました。


20200426枝豆草丈45センチ1
(4/26)


種まきから今日で42日


そろそろ花が見たいところです。



昨年の枝豆栽培では、種まきから47日で開花していました。



種袋には、”種まき後76日が収穫の目安”とあり、開花から30~40日で鞘が食べ頃になることを考えると…


極早生枝豆天ヶ峰 種袋表1-1


そろそろなんじゃないかな。


20200426枝豆2


今のところ、脇芽ばかり草丈ばかり伸びています。白い花が待ち遠しい。。


枝豆の葉を日よけにして、同じマメ科の、こちらはエンドウ属の豆苗が下で元気に再生中です。


20200426豆苗



―発芽後、さまよえる枝豆―



根がクルクル巻きにならないように、ヘソを下にして4粒蒔いた、その後。


4~5日で豆が持ち上がって3粒が発芽してきました。


いつまでも一粒が発芽せず掘ってみると、こんな状態になって埋まっていました(右上)。


20200419枝豆4つ
(4/19)


根がだいぶクルクル巻き(笑) ただ、他の3つの発芽の向きがきれいに揃っていますね。最初の種まき時と大違い。


20200322枝豆
(一回目の種まき時の発芽の様子)


あまり触ると豆が崩れるので、埋まっていた一粒はそのままにして様子見。


翌々日。根の先が地中に入っていったようです。そう、そのまま立ち上がって!


20200421枝豆
(4/21)


更に翌々日。ちょっとずつ根が下にね。


20200423枝豆
(4/23)


更に2日。そうそう、その調子。でも地を這うように横に。。上に向かって伸びてくれるかなぁ^^;横じゃなくて上に上にね。


20200425発芽枝豆
(4/25)


そして今日。んん?


20200426枝豆1_new
(4/26)


若干、立ち上がってきたように見え…なくもない。


20200426枝豆2_new


その調子で上に上に!こんな姿でもちゃんと初生葉が出ています^^


20200426枝豆3-1


他の3つと一緒に定植してあげるから、がんばれ(笑)


続きはコチラ




 2020_04_26

アンケートモニター登録



―枝豆、今のところ順調―


先々週(3/28)深底水耕栽培容器に定植したところでした。


20200328枝豆定植
(3/28)


定植間隔を全く気にしていない感じが私らしい(笑) 大雑把な性格がそこかしこに現れます。


それから一週間。


20200405枝豆
(4/5)


更に6日経った今日。 容器から出てきました。


20200411枝豆
(4/11)


草丈は15~17センチ。 育ち盛りです^^


20200411枝豆17センチ
(4/11)


節々から脇芽が出てきました。


20200411枝豆脇芽


触りたくなるフサフサした新芽です。


20200411枝豆3


昨年は浅底水耕栽培容器で栽培したので、草丈が伸びるにつれて葉の重さで苗が傾き、ビニール紐で固定していました。


今年は深底水耕栽培容器に定植したので、倒れる心配がなく安心です。


種まきしたのは3/15。今日で27日目。


種袋には種まき後、約76日が収穫の目安とあるので、収穫開始は6月初め頃の予定です。


極早生枝豆天ヶ峰 種袋表1
(極早生枝豆天ヶ峰)


―追加の種まき・ヘソは下で―


長く収穫できるように、追加で種を蒔きました。


根がクルクル巻きになった前回の失敗を踏まえて、ちゃんとヘソは下にしました。


20200329枝豆へそ-1


マメが寝返り打ったら知りませんけどね(笑)


タッパーにバーミキュライトを入れ…


20200411枝豆種まき


十分に水で湿らせたら、指で1センチくらいの深さの穴を掘って、そこにヘソを下にして豆をポトっと。


20200411枝豆種まき1
(4/11追加蒔き)


しっかり覆土して、上から手のひらで押して圧を加え、日差しで暖かくなる窓辺に設置しました。


20200411枝豆種まき覆土
(4/11)


種まきの仕方は、園芸家の深町貴子さんの動画(Horti「失敗しないマメ科の種まきのコツ」)がとても分かりやすいです。


マメが腐らないように、水やりは種まき時だけで我慢します。


続きはコチラ



 2020_04_11

アンケートモニター登録


06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

amazon

Yahoo!



pagetop