プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

簡単すぎる水耕栽培 - にほんブログ村

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―そろそろ古株終了―


昨年末から収穫が始まったミニトマト。あれから、寒さで茎葉が枯れていきました。


今はほぼ茎だけ。


202002ミニトマト


その茎も黄色くなって痩せ細り、実がこんな風にポロポロと落下します。


202002ミニトマト落下


もう…無理です…という感じですね。よく頑張った頑張った。


収穫はこんな感じでした。


20200106ミニトマト収穫
(1/6)


20200111ミニトマト収穫
(1/11)


20200120ミニトマト収穫
(1/20)


20200201ミニトマト収穫
(2/1)


20200206ミニトマト収穫
(2/6)


切ったその場の香りがもう美味しいです。


20200120アイコ


収穫したサラダみずなと瑞々しい白菜のシーザーサラダ。シャキシャキ、どれもこれも新鮮だと水分が溢れてきます。箸が止まらなくなります。


サラダみずなとミニトマトの白菜シーザーサラダ



こんな風に脇芽が出ていたので、取って水に挿しておきました。


20200201ミニトマト脇芽2


20200202ミニトマト脇芽


水に挿しておいた茎からが出てきました。


202002ミニトマト発根1


古株の方は実の収穫が全て終わったら撤収して、この挿し芽の根が伸びてきたら深底水耕栽培容器に定植しようと思います。


スーパーで購入したミニトマトから種を採取して育てていますが、またブラッディタイガー系とかブラックチェリートマト系とか、色の違う品種も育ててみたいなぁと思っています。


勿論、スーパーで買ったミニトマトから種を採取して(笑)


良いのが店頭に並んでいたら買おうと思っているんですけどね。なかなか、「これ育ててみようかな~」と一目惚れする出会いが無い。種買いなさい(笑)!!



 2020_02_07

アンケートモニター登録



―脇芽を取らず、結果、着果せず。収獲遅れる―


前回の記事で、収穫開始は11月中旬の予定と書いていました。


秋のミニトマトを楽しみにしていましたが、その期待は弾け飛びました。あの後、咲いた花がなかなか萎まず、ずっと咲いたまま。


人工授粉しているのに、ずっと何日も咲いたまま。あれ?


そして、そのまま着果せず、第一花房は全滅したのでありました。


脇芽がたくさん出ていましたが、まぁ大丈夫だろうとそのままにしていたんです。


どんどん花が咲いて、たくさん実をつけてね~なんて思ってしまって。ダメですね。栽培の初心を思い出すことになりました(笑)


株の負担を考えて、脇芽は摘む。これは鉄則ですよね、やっぱり。でも出てきてしまった、。。。。


花房より下の脇芽は摘んでいたんですけどね。それに安心して、どんどん出てくる脇芽を見ながら、元気だなー、草勢強すぎるなーと悠長に構えつつそのまま。止めてあげなければいけませんでした。


反省しました。


直ぐさま、脇芽という脇芽を摘んで様子を見ることに。その後、第二花房に咲いた花はちゃんと着果していきました。


その時の様子。スマホに撮っていましたが、スマホが壊れるという、これまた予定になかった事態が起こり、しかもSDカード入れていない。。。。


記録は記憶の彼方に飛んで行ってしまいました。なので、脇芽がボーボーに出ているミニトマトの株から、着果しなかった残念な第一花房を切り取り、脇芽もたくさん摘みました画像を想像していただければ幸いです。


そろそろ画像を。脇芽を摘みまくった後、無事に第二花房以降は着果し、結実した実が育ってきました。


20191222ミニトマト1
(12/22)


ようやく収穫開始です。予定より、一ヵ月以上もずれ込みました。


20191222ミニトマト2


待った時間が長かっただけに、安堵のショット。


20191222ミニトマト4


20191222ミニトマト5


20191222ミニトマト7


20191222ミニトマト8


実がたくさんついていたので、小さくならないように摘果もしました。


20191208ミニトマト摘果
(摘果)


大粒に育ってくれました。


20191222ミニトマト収穫
(12/22)


アイコは5センチ弱。寒さもあり、時間をかけてじっくり大きくなりました。


20191222ミニトマト収穫1


旨味がぎっしり詰まって、切っただけでほわーーーんとトマトの香りが広がります。


20191222ミニトマト収穫2


そして今日。明るい窓辺です。


20191228ミニトマト1
(12/28)


ある程度、実が育ってきた頃、新しく出てきた脇芽は摘まずに伸ばしました。その脇芽についた蕾が開花しそうです。


20191228ミニトマト3
(12/28)


この収穫に感謝。寒さに耐え、脇芽放置に耐え育ってくれた宝石(笑)


20191228ミニトマト収穫


パンを作ってトマトのサラダを挟もうか、ピザにしようか、いや、やっぱりパンを作ってサラダを挟もう、いややっぱり……と考えが纏まらないままできた、ピザっぽいパン^^


ミニトマトと蓮根のピザパン


柚子の皮をまぶして、さわやかな、ほっくほくのトマトと蓮根のチーズパンになりました。


ミニトマトと蓮根のピザパン1


自家栽培の冬のトマトは期待を裏切らない。やっぱり格別の味です^^


続きはコチラ




 2019_12_28

アンケートモニター登録



―アイコ、開花―


暑いですね もうそろそろ、終わって欲しい、この残暑。


今日の最高気温は32℃だそうで、室温は33℃を超えています。


遮光レースカーテンを開けてしまうと、室温がプラス5℃位になってしまうので、最近は閉めて外出せざるを得ないです。


こんな感じに熱を遮断するため、日差しを遮っています。


20191005ミニトマト1
(10/5)(2019/8/18種まき・種まきから49日目)

陽射しをたっぷり浴びせてあげたいですが、葉が焼けてしまうので仕方がないですね。


しかしそれでも室内は眩しくて暑いです(汗) 朝晩、幾分涼しくなってきたのが救いですね。


前回のミニトマトの記事(8/31)は幼苗を定植したところで終わっていましたので、随分瞬間移動しちゃいました。


順に生長を辿っていくと…


定植から約一週間のアイコ5苗。


20190907アイコ1
(9/7)


20190907アイコ2
(9/7)


同じく定植から約一週間の丸玉ミニトマト3苗。


20190907丸玉ミニトマト
(9/7)


そこから二週間経って、容器から茎葉が出てきました。


20190921ミニトマト1
(9/21)(アイコ)


20190921ミニトマト3
(9/21)(アイコ)


20190921ミニトマト2
(9/21)(丸玉ミニトマト)


丸玉ミニトマトの一番左の苗が華奢なままでしたので、間引きました。


丸玉ミニトマトは3苗から2苗になりました。美味しいので、この減苗は痛いなぁ。


20190925ミニトマト2株に
(9/25)(丸玉ミニトマト2苗に)


アイコ株がつきました。


20190925アイコ1
(9/25)


そこから10日経った本日。アイコ開花しました。


20191005ミニトマト2
(10/5)(アイコ)(種まきから49日目)


20191005ミニトマト3
(10/5)(アイコ)


蕾が長細く大きめで、アイコらしいです。


20191005ミニトマト4
(10/5)(アイコ)

丸玉ミニトマトにもが見えてきました。


20191005丸玉トマト1
(10/5)(丸玉ミニトマト)

20191005丸玉トマト2
(10/5)(丸玉ミニトマト)



陽射しを遮られているのにちゃんと育って偉いもんです。


来月中旬にはミニトマトの収穫が始まりそうです。


続きはコチラへ。


 2019_10_05

アンケートモニター登録


06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

amazon

Yahoo!



pagetop