プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―収穫まであと少し―


現在のレジナの様子です。


20170617レジナ1
(3/16種まき・種まきから94日目)(前回の記事はコチラ


6/12(種まきから89日目)から少しずつ色づき始め、楽しい色合いになってきました。


20170617レジナ2


日に当たると尚、キレイな色が映えます。


20170617レジナ3


プルンとして張りがあり、実が詰まっている感じがします。


20170617レジナ4


レジナは観賞用で、その味については、特長的な甘さ等があるわけではないようですね。


完熟した頃を見計らって…早く食べたい!


一段落したと思った授粉作業。また再開しました。


20170617レジナ5



―ミニトマトの収穫時期―


ネットや本等で調べたところによると、開花から収穫までは積算温度が関係するようです。


ミニトマトは開花から800℃になると、収穫期を迎えるとのこと。


20℃であれば40日程度ですね。


気温が高い時期は、この積算温度に短期間で達するため、うまみ成分を十分に蓄えられずに薄味のトマトになるとのこと。


そして酸味の効いたサッパリとした味わいになるようです。


その酸味成分は、クエン酸


クエン酸と言えば、夏バテ対策にはもってこいの疲労回復効果や日焼け等のダメージを改善してくれる美肌効果


暑い時期に収穫するミニトマトには、”暑い時期を凌ぐためのありがたい成分がたっぷりと含まれている”ということですね。


そして、赤い成分はリコピン


リコピンカルテノイドの一種。その効能は、有害な活性酸素の働きを抑える強い抗酸化作用


リコピンの抗酸化作用は、β-カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍!様々な病気の予防に効果的であるだけではなく、シミやそばかすを予防してくれる美肌効果等もあることが知られています。


”夏”の一文字を見るだけで夏バテしてしまいそうな、夏嫌いの私。


我が家の窓辺で収穫した、赤く熟した酸味の効いたミニトマトが、この夏の力の源になってくれそうです。


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_06_17

          



―まもなく、種まきから3ヵ月―


13株のレジナ。実が大きくなってきました。


20170611レジナ1
(3/16種まき・種まきから88日目)(前回の記事はコチラ


草丈は10センチ~20センチ。ざっと数えてみると、95個の実が生っていました。


20170611レジナ2


実の生り方もさまざまで、ブドウの房のように生っているもの。


20170611レジナ3


天辺に数少なめにぷっくりと育っているもの。


20170611レジナ5


茎の周りに、らせん状に生っているもの。


20170611レジナ4


つい触りたくなる、ツヤツヤとした実の表面は、産毛で少しザラザラとしています。


なるべく風通しが良くなるように、重なっている葉を摘葉し、実の肥大の妨げになりそうな枝を摘枝しています


実の表面に見える、この白く細かな点々。気になったので調べてみました。


20170611シュウ酸カルシウム


この白い点々は、シュウ酸カルシウム


シュウ酸カルシウムが多いと、尻腐れ果(カルシウム欠乏で果実の表皮が黒く変色したり、内部が褐変する)が発生しにくいとのこと。(参考「夏秋トマト 栽培マニュアル」後藤敏美 著)


今のところ、レジナの実にカルシウムが届いているようです。


”スーパーで買ったミニトマトの種から育てているミニトマト”にも、シュウ酸カルシウムの白い点々が見えています。


20170611ミニトマトC第二果房
(Cの第二果房)


ただ、シュウ酸カルシウムが過剰に発現するようだと、今度は軟果が発生したりと、多ければ多いでまた問題のようです。


今は緑一色のミニチュアトマト畑。


赤く色づいた実がゴロゴロ生っているであろう近い未来を想像し、度々ニヤけてしまいます^^


―翌日夜(6/12)―


黄色くなってきました。着色が始まったようです。


20170612夜 レジナ着色開始
(種まきから89日目)


6/15 次々と色づいてきました。


20170615レジナ2
(種まきから92日目)


20170615レジナ1
(種まきから92日目)


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_06_11

          



―徐々にミニチュアなトマト畑のように―


5/28 10センチ~17センチ丈の小さな木に似合わず、実がゴロゴロとついてきました。


20170528レジナ
(3/16種まき・種まきから75日目)


多いもので、一株に14個の実が着果しています。


20170528レジナ一株14個


凄いですね。


20170528レジナ1


こちらは8個。


20170528レジナ2


一方、天辺に一つだけ実をつけて、芯止まりしたかのように見えていたレジナは、その後…


20170521 75mmのレジナ
(5/21時点)(前回の記事はコチラ


生長点が現れ、ついでに蕾も出てきました。一体どうなっているんだか…。


20170528レジナ実が一つの株に脇芽と蕾1


葉が茂り、一向に花が咲く気配が無かった2株のレジナ。下の葉を摘葉したところ、数日経って花が咲き始めました。


20170528摘葉した株1


こちらの株も。


20170528摘葉した株2


今は、こんな風に毎日増えていくレジナの実を眺めつつ、花や実に光が当たるように葉を摘葉しています。


倒れる心配もなく、コンパクトでとても扱い易いトマトですね。


人工授粉と養液の補充以外、ほとんど放置栽培しているような感覚で手がかかりません。


花が枯れて実がつかないものもありますが、花も実も多いのであまり気にならず。


それでも13株のレジナ。今のところ、60個余の実をつけています。


スーパーで買ったトマトの種から育てているミニトマトと合わせると、120個以上に


つい、ミニトマト狩りをしている日々を想像してしまいます♪


―栽培中のレジナの種はコチラ―

★送料90円メール便OK★【鉢植えミニトマト】レジナ【サカタのタネ】(0.6ml)春まき野菜種 920171【RCP】



続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_05_29

          


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop