プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―じわじわと黄色に―


室内窓辺で栽培中のミニトマト3株。


20170610ミニトマト1-1
(種まきから89日目)(前回の記事はコチラ


5/10の開花から約1ヵ月が経過しました。


最初に開花したA株の第一果房。昨日(6/9)から色づき始めました。


20170610ミニトマト2-3
(6/10の様子)(Aの第一果房)


20170610ミニトマト3
Aの第二果房)


20170610ミニトマト4
Aの第三果房)


C株 こちらも間もなく、変化がありそうです。


20170610ミニトマト5
Cの第一果房)


20170610ミニトマト6
Cの第二果房)


そして、着果から今に至るまで、実が白いままのB株


20170610ミニトマト7
Bの第一果房)


実は大きくなってきましたが、緑熟する気配は全く無し。


20170610ミニトマト8
Bの第二果房)


高温に当たったことによる早期白熟果なのか、はたまたF2種(スーパーで売られている交配種のトマト(F1種)から種を採種して育てた二代目)だからか、トマトの気まぐれなのか、さっぱり分からず。


もうその味が気になるばかりです。


―種まきから、そろそろ3ヵ月―


芯止まりしたA株以外、第二果房までを残して摘心


丈は3株共に70センチ程度。フラつかず、扱い易くなりました。


ガクの先が枯れてきました。


20170610ミニトマトガク先枯1
(種まきから89日目)


葉にも少々疲れが見えてきました。


20170610ミニトマト葉枯
(種まきから89日目)


室内の風通しが悪い環境で、”よくここまで育ってくれました!凄い!”としきりに褒めています^^


―翌日(6/11)―


黄色だった実が、じわじわと赤色に。変化が早いです。2番目に着果した実も、着色が始まりました。


20170611ミニトマト


ヘタの際まで真っ赤になった頃、ドキドキの初収穫をする予定です^^


6/12夜 ヘタの際まで赤くなってきました。もいでしまうのが惜しくて、そのままにしておきたい気持ちと食べてみたい気持ちが交錯中(笑) 決断の時が迫ってきました。


20170612夜 ミニトマト
(種まきから91日)


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_06_10

          



―茎側から順に着果―


A・B・Cの3株


実が肥大するにつれて、細くひ弱だった花柄が太く頑丈になってきました。


―Aの株―


20170528トマトA一花房
(第1花房)(種まきから76日目)


20170528トマトA二花房
(第2花房)


20170528トマトA三花房
(第3花房)


それぞれの房に10~13の実がつきそうです。


―Bの株―


ナゼか緑熟しないBの第1花房。


20170528トマトB一花房
(第1花房)(種まきから76日目)


20170528トマトB二花房
(第2花房)


トマトは幼果期→緑熟期→白熟期→着色期とその色を変えていきます。


幼果期に高温に当たり続けると緑熟期が短くなり、早期に白熟期になってしまうとのこと。


そうなると果皮が硬化し、果実が肥大すると裂果するようです。
(参考:「夏秋トマト 栽培マニュアル」後藤敏美著)


その症状なのか、まだよく分からず。。


ただ、赤くなることなく収穫に至った青いトマトでも、薄くスライスしたりピクルスにしたり、ジャムにしたりと美味しく食べれるようで、またそれも楽しみに。。


早速収穫して食べたくなってしまいましたが、まだまだ早い早い^^;


―Cの株―


20170528トマトC一花房
(第1花房)(種まきから76日目)


20170528トマトC二花房
(第2花房)


20170528トマトC三花房
(第3花房)


3株合わせて、60個以上の実がついています。


―麻ひもからビニールひもへ―


麻ひもで誘引していた茎の表面。擦れて傷がついてしまいました。


20170528トマト 麻ひも傷


ビニールひもに変えたところ、傷がつかなくなり一安心。


20170528トマト ビニールテープに変更


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_05_28

          



―次々と着果―


一つ二つと実がつき始めた先週


20170514トマト一番果
(5/13・種まきから61日目)


あれから一週間


20170520トマト1-1
(5/20・種まきから68日目)


朝食前に開花した花を見つけては、花柄や花の先をピンピン指先で弾くのが日課になりました。


ちゃんと授粉ができているようです。


こちらは全体像


20170520トマト1a
(種まきから68日目)


A、B、Cそれぞれ、生長具合が違います。


まずは右奥から。

―A―(草丈62センチ)


20170520トマト1-2
(第一花房)


この第一花房には8個着果しています。


一番早くに実がついたものの、一番低い株。その理由は、芯止まり


第二花房の上に葉がなく、続けて第三花房がつきました。


20170520トマト1-3a


トマトは通常、花房直下に三枚の葉が出るんだそうで、こんな風に花房が連続つくと芯止まり(これより上に花房がつかない)となるとのこと。


生長点が無いので、この株の茎はこれ以上伸びません。脇芽も今のところ全て取っているので、実に栄養を集中できそうです。



―B―(草丈65センチ)


20170520トマト3
(第一花房)


一番草丈が低かった株にも、ようやく実がつき始めました。


既にAの草丈を追い越し、第二花房第三花房の花芽をつけています。


20170520トマト3-1a



―C―(草丈85センチ)


20170520トマト2
(第一花房)


若干徒長気味のこの株。支柱の高さを超えています。


20170520トマト2-1a


A同様、第二花房にも実がつき始めました。


ぐんぐん生長して、第三花房第四花房の花芽ができてきました。


20170520トマト2-2a
(種まきから68日目)


BCも、支柱の高さを超えないように、第三花房の上の葉を1、2枚残して近日摘心する予定です。


今のところ、Aに12個、Bに3個、Cには7個。合計22個の実が確認できます。


来月の今頃には赤く色づいたミニトマトが見れるかな。


無事に収穫できることを願う、待ち遠しく長~い1ヵ月になりそうです。


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_05_20

          


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop