プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



水耕栽培 自作容器 ~改良版~




―スポンジを大量消費せず済む方法に―


より楽に!より簡単に!よりスピーディーに!より安上がりに!


自作水耕栽培容器を改良しました。
(現在掲載している「浅底水耕栽培容器」での栽培は、全て改良版を採用しています)


全ての穴をスポンジで塞ぐのは、ちょっと勿体無い気がしていました…。


そこで、スポンジで穴を塞ぐのをやめて、アルミホイルに変えてみました


お皿ラックの四隅に、気持ちだけ両面テープを貼り、アルミホイルを被せました。


DSC02272_convert_20141102232457.jpg


お皿ラックの幅とアルミホイルの幅が同じです。


DSC02274_convert_20141102232520.jpg


奥行の分だけホイルを出し、ペラペラとめくれないように折り返します。


真ん中から外側に向かって上から優しく撫でると、ピタっとホイルがくっついて穴の位置が映り、差し込む位置が一目瞭然に!


そして、こう落ち着きました。スポンジの節約と遮光にもなって一石二鳥です。


DSC02275_convert_20141102232545.jpg


(容器の内側の遮光の仕方は、こちらの記事に詳しく載せています)


改良バージョン、とても楽になりました!


これからは、「スポンジをたくさん使うのは勿体ない!丸めるのが面倒!…」そんな不満が解消されました。


―養液の作り方―


液肥は毎度、楽天でハイポニカを購入しています。


ハイポニカを購入すると、箱の中にはA液とB液があり、他にスポイトが2本説明書がついています。


ハイポニカ各500mlセット
(ハイポニカ各500mlセット)


育てるものにもよりますが、500倍に希釈して使用します。


作る容器はPETボトルでも何でもいいです。


我が家で使っているのは、ダイソーで購入した1500mlの給水タンク


養液作り方5
(ダイソーで購入したタンク:100円+税)


このタンクに、ハイポニカに付属しているスポイトでA液を3cc取って入れ…


養液作り方1


同じようにB液も3cc取って…


養液作り方2


タンクに入れ…


養液作り方3


AB液をそれぞれ3ccずつ入れたタンクに水道水を1500ccの目盛り線まで入れたら、500倍希釈の養液の出来上がり。粉ではなく液体なので簡単ですね。


養液作り方4
(1500mlの目盛りまで水を灌ぐ)


3リットルのタンクがあれば、作る頻度が減って更に楽ができるなぁと日々思っています。


―ハイポニカの購入頻度―


我が家で購入しているのは、AB液各500mlのセット。常に何かしらの野菜を数種類栽培していますが、それでも5ヵ月か半年に一度購入すれば足ります。


栽培に必要な肥料はハイポニカだけ!


室内で、いつもきれいな容器で、新鮮なサラダをいくらでも、食べきれないくらい収穫できますよ♪


DSC05168.jpg
サラダ水菜



水耕栽培の王道、チマサンチュ
20170129赤チマ
赤チマサンチュ



たった一粒の種で、たっぷり収穫できる葉物野菜。
20170121チマサンチュ2
チマサンチュ



いつもみずみずしくて新鮮♪ 毎日のお弁当に食卓に。
20170129チマサンチュ2
チマサンチュ


美味しいミニトマトもたくさん♪
20171205レジナ1
矮性ミニトマト レジナ


これから、ワクワクドキドキな水耕栽培生活が始まりますね。


水耕栽培なら簡単にできる!優秀な常備野菜



水耕野菜で休日はお洒落なカフェランチ気分♪


―参考―この容器で作っています

大葉カテゴリへ
チマサンチュカテゴリへ
サラダミックスカテゴリへ
サラダ水菜カテゴリへ
葉ねぎカテゴリへ
チンゲン菜カテゴリへ
パセリカテゴリへ
大葉春菊カテゴリへ
中葉春菊カテゴリへ
矮性ミニトマト レジナカテゴリへ

関連記事

 2014_11_02



06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
 
 
       



pagetop