プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

水耕栽培 ピーマン ―初収穫は週末辺り―

Category: ピーマン  



―少しずつ大きく―


7株の早生ピーマン


20180617ピーマン7株
(3/13と3/22種まき)


容器が無く、定植が遅れた苗も少しずつ生長。どの株も二又に枝分かれし、草丈は33~45センチになりました。


ピーマンから、さわやかな甘みのある香りがします。空気が気持ち良く感じるのはそのせいかな。


前回、着果した一番果のその後は…


20180612朝ピーマン
(6/12)


20180613朝ピーマン
(6/13)


20180614朝ピーマン
(6/14)


20180615朝ピーマン
(6/15)


20180616ピーマン
(6/16)


20180617ピーマン1
(6/17)


実の長さは4センチほどになりました。


着果した隣の実と、その上の2番果の一つは、全然大きくなりません。一番果に栄養分を根こそぎ取られてしまっているようです。


20180617ピーマン2-1


肥大しない実は摘果した方がいいんだろうなぁと思いつつ、ピーマン自身が落とすのかも知れないと、様子見状態。


一番果は週末には収穫できそうなので、その頃にまだ落下せずについていたら、摘果しようかな。


本来は、この一番果もあまり大きくならないうちに摘果した方が、株全体の生長を助けるために良いんだそうです。


栽培している7株のうち5株の最初の蕾は、ピーマン自身が自分で落としました。というより、ずーっと小さいままだったので、ツンと突っついたら、ポロっと落ちました。


こんな風に蕾自体が育たなかったものもあれば、一番果となった蕾もあり。


せっかくピーマン自身が落とさず実らせたのだから、このまま育てて収穫してあげようという寸法です。


さて、その最初の蕾が育たなかった株にも一番花が咲き、着果しました。


20180617ピーマン2株目


どの株ももう蕾だらけ。近々、白い花でいっぱいになりそうです。


窓辺にピーマンがたくさんぶら下がっている光景が徐々に現実味を帯びてきて、楽しいことになりそうな気がしてきました。


続きはコチラ


関連記事

 2018_06_17



08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
 
 
       



pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。