プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

水耕栽培 ミニトマト レジナ ―2017年蒔き撤収。収穫量は一株につき、一年で100個超―




―2018年蒔きのレジナ、着色開始―


2018年蒔きのレジナが色づいてきました。


20180603レジナ1
(3/1種まき)(種まきから95日目)(前回の記事はコチラ


このレジナの収穫が始まる前に、昨年蒔き(2017/3/16)のレジナを撤収することにしました。


20180603レジナ2
(3/1種まき)(種まきから95日目)


―2017年蒔きのレジナ9株。撤収―


5/30 朝30分早起きして、数株に分けての撤収作業。


20180530レジナ撤収1
(2017/3/16種まき)(種まきから441日目)


茂っていた枝葉は、新しい脇芽等がでてこないように、前もってバッサリ切り落としていました。


20180530レジナ撤収2
(2017/3/16種まき)(種まきから441日目)


それでも蕾がついて、花が咲いている株もあるんですよ…トホホ。


20180602レジナ蕾2


まだ株は生きているので、罪悪感が胸に込み上げてくるのを「ありがとう」「ありがとう」とつぶやき打ち消しながらの作業。


実を収穫し、枝をハサミでチョキチョキ。


根はもうこんな感じでした。本当にお疲れ様でしたねぇ。


20180530レジナ撤収2-1


容器の内側に敷いていたアルミホイルは、栽培後半になって外し、代わりに容器の外側にアルミシートを覆って遮光していました。


藻が生えることなく、最後まできれいな養液でした。洗い終わった容器もこの通り。


20180530レジナ撤収後


もう5年以上使い回ししていますが、100均を侮るなかれ。壊れる気配が全くなく、ひたすら丈夫な容器とお皿ラックです。


残りの株もどんどん撤収。9株すべての撤収が終わりました。


20180602レジナ最後の3容器
(6/2)(種まきから444日目)


最後の収穫は…


20180528レジナ12個収穫
(5/28)(12個収穫)(2017年6月から、合計894個)


20180529レジナ15個収穫
(5/29)(15個収穫)(2017年6月から、合計909個)


20180530レジナ83個収穫
(5/30)(83個収穫)(2017年6月から、合計992個)


20180602レジナ最後の収穫43個
(6/2)(43個収穫)(2017年6月から、合計1035個)


2017年6/22の最初の収穫から、2018/6/2の撤収まで、およそ1年間で合計1,035個収穫できました。


・(前半の収穫)(13株)
6/22~8/11→3ヵ月で121個⇒一株あたり、約9個!


・(後半の収穫)(4株を間引いて9株に)
10/31~2018/6/2→約8ヵ月で914個⇒一株あたり、101個!


前半と後半を合わせて、一株あたり、平均110個という計算になりました。


前半の収穫では、20個以上収穫できた株があったり、1個しか収穫できなかった株があったりとバラつきがあり、結果的に平均9個ということに。


小さな株や切り戻しをし過ぎて元気をなくした株は、秋の収穫が始まる前に撤収。


そうして残った9株が、後半に一株100個以上の実をつけて、豊作になりました。


―眠れるレジナは、豊作の前段階―


7、8月の間、レジナは暑くて花が咲かなくなり、咲いても受粉しなくなり、葉と枝だけになります。


ここでもう終わりかと捨ててしまってはとてつもなく勿体ない。


秋になって株が成熟し、9月下旬にまたたくさんの花が咲きます。気温が下がってじっくり時間をかけて熟したレジナは、とっても甘くて美味しい、格別な味でした。


今の季節、もし数個~10数個程度しか実をつけなくても大丈夫。9月にはたくさんの花を咲かせて、きっと豊作になってくれると思いますよ。


―罪悪感を少し和らげました―


撤収した2017年蒔きのレジナ。定植したスポンジのところから、脇芽がニョキッと出ているでしょう?


20180527レジナ脇芽1


こちらの株の根元からもニョキッとね。


20180527レジナ脇芽2


この根元から出ていた強い脇芽をとって残しておきました。


20180527レジナ脇芽2-2


6日経って、根が出てきました。この挿し木をまたどこかに植えて、栽培を続けます。


20180602レジナ挿し木発根


これで2017年のレジナもまた生き続けることに。良かったんだかどうなんだか。罪悪感が少し和らぎました。


とりあえず、これで2017年栽培のレジナの記録は締めに。


挿し木を作って株を増やさなくても、同じ容器の中でどんどん実がなってくれました。とても楽しかった!
ありがとう!


続き(2018年蒔きレジナ)はコチラ

関連記事

 2018_06_03



08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
 
 
       



pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。