プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



水耕栽培 茎ブロッコリー ―種まき(夏栽培)―




―夏栽培、開始―


春栽培では、全体的に茎が細かった印象のスティックセニョール
(春栽培の記事はコチラ


夏まき秋冬収穫では、春栽培より太く育って欲しいと、春栽培との比較も兼ねての栽培です。


スティックセニョール種袋表1


”まきどき”7月~8月。ちょうど今頃ですね。


7/31 種を一晩浸水。
8/1 バーミキュライトに、2粒種まき。


20170801スティックセニョール種まき
(8/1種まき)


蒔いた種はたった2粒!


今から蒔くと、頂花蕾の収穫は、おそらく11月初旬頃。その後、側花蕾の収穫が始まります。


その時期は、一年でもっとも栽培種が多い時期。チマサンチュ等のサラダ野菜を始め、葉物野菜をたくさん栽培収穫している時期でもあります。


スティックセニョールはそれらの野菜に比べて、収穫量が多くない野菜。


今回は春栽培との比較実験栽培なので、2粒だけに留め、秋栽培の容器と場所に影響が出ない程度に栽培することにしました。


―順調に発芽―


8/5 なるべく徒長を防ぐため、水は控えめです。発芽率は100%でした。


20170805スティックセニョール
(種まきから5日目)


春栽培同様、本葉が出たら浅底水耕栽培容器で育苗を開始します。
(春栽培の育苗の様子はコチラへ)


8/11 浅底水耕栽培容器育苗開始。ハイポニカは500倍。


20170811スティックセニョール育苗開始
(種まきから11日目)


本葉が5~6枚に育ったところで、深底水耕栽培容器に定植する予定です。


8/13 アスパラ菜よりも3日早く種を蒔きましたが、本葉1枚分、遅れをとっています。


20170813スティックセニョール13日目
(種まきから13日目)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_08_05

          


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop