プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



(続)茎ブロッコリーの水耕栽培 -3-




―育苗開始―


種まきから23日目。窓辺の気温は15℃前後といったところです。


20170226茎ブロッコリー1
(2/4種まき)


ようやく本葉が出てきました。


20170226茎ブロッコリー2
(種まきから23日目)


根も伸びてきたので、浅底水耕栽培容器で育苗を開始。


20170226茎ブロッコリー育苗開始
(種まきから23日目)


一株が大きく育つ茎ブロッコリー。


本葉が3~5枚に育った頃、生育の良い株を浅底水耕栽培容器に2株、他は深底水耕栽培容器に移植する予定です。


3/4 2枚目の本葉が小さく見えてきました。ゆっくり育っています。


20170304茎ブロッコリー3
(2/4種まき/種まきから29日目)


3/11 3枚目の本葉が小さく見えてきました。


20170311茎ブロッコリー
(2/4種まき/種まきから36日目)


―浅底水耕栽培容器内の遮光の仕方―


内側をアルミホイルでしっかり遮光しておくことで、藻が生えることなくきれいなまま撤収時まで栽培することができます。


①底の内側に、アルミホイルを押しつけるように敷きます。


遮光1


すきまテープを貼る部分を残してアルミホイルを折ります。


遮光2-1


すきまテープを貼ります。


遮光4


遮光5


④次に、残った側面を覆うために、容器の向きを変えてアルミホイルを敷きます(底はアルミホイルが二重になります)。


遮光6


底の四隅を指で固定し、容器の内側に手のひらを押し付けるように敷くと上手くできます。


遮光7-1


⑤余ったアルミホイルを矢印の線で内側に折りこみ、容器の中に入れます


遮光8-2


⑥最後にセロテープで留めます。スッキリしましたね。これで容器の内側の遮光は完璧です。


遮光9


⑦次にお皿ラックを遮光します。両面テープを10箇所に貼ります。


お皿ラック遮光1-1
(表面6箇所)


お皿ラック遮光2-1
(裏面4箇所)


アルミホイルを貼ります。


お皿ラック遮光3


お皿ラック遮光4


容器にハイポニカ養液(500倍希釈)を注水。


容器セット


バーミキュライトから取り出した、茎ブロッコリーの苗。


茎ブロッコリー苗取り出し


スポンジを茎の部分に巻いて、容器にセット。
(根の部分を巻いてしまうと苗が安定しないどころか、スポンジが根の水分を吸い取ってしまい、苗に水分が回らず枯れてしまいます。)


茎ブロッコリー苗スポンジ巻


赤丸はつか大根こかぶのように、茎の部分(胚軸)が膨らむものは、スポンジの上に茎の部分(胚軸)が出るように定植し、それ以外の野菜は、茎の部分をスポンジで巻いて容器に定植します。


最後に、根が養液に浸っているかを確認^^


根の養液浸かり様子


あとは生長を見守るだけです。


20170226茎ブロッコリー育苗開始1


無事に大きく育ちますように!


栽培の続きはコチラ

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_02_26

          


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop