プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



水耕栽培 サラダ水菜 ~撤収の頃近づく~

Category: サラダ水菜  



―サラダ野菜は撤収へ―


栽培適温15~25℃のサラダ水菜。


まだ元気ですが、気温の上昇は止められません。間もなく撤収です。


20160612 サラダ水菜1
(2/24種まき)


サラダ水菜とセットで食卓に上っていた、チマサンチュの栽培適温は20~25℃。茎が85㎝まで伸びていました。自力で立っていられず、葉を全て摘み取り、一足早く撤収となりました。


こうして暑くなってくると、自家栽培のサラダ野菜は徐々に撤収を迎え、涼しい秋栽培までお預けとなります。。


最後に残ったサラダ野菜のサラダ水菜。風通しを良くして、少しでも長くかきとりできるように、山盛り収穫!


20160612 サラダ水菜2


我が家の夏の定番。ジャージャーうどんにもよく合います♪


DSC06919.jpg


限られた期間の収穫を噛みしめながら、毎日ありがたくいただきます。


とっくにトウ立ちしてもおかしくないパセリ。未だトウ立ちする気配はありません。四季どり小松菜とまとめて、かきとり収穫


20160611.jpg


室内温度が40℃を超えてしまう夏。どの野菜も収穫できるのは初夏までです。


―夏の野菜へ、シフトチェンジ―


現在、夏に向かって栽培しているのはモロヘイヤ大葉バジル


収穫にはまだまだ至りそうにないモロヘイヤや大葉と違って、バジルはとにかく生長が早く、ひたすら我が道を行っています。


20160611バジル親株
(4/17種まき/親株)


先週摘心した親株は、あちこち脇芽が伸びてきました。


早速摘み取りました。今年のバジル、初収穫です。


20160611バジル収穫


ツヤツヤした葉とフレッシュな香り


摘心した子株も元気です。


20160611バジル


順調に根が伸びています。


20160611バジル根


このまま水に挿して根を伸ばし、来週には水耕栽培容器に定植する予定です。


昨年同様、バジルは栽培に困ることがありません。何もしなくても、あっという間に育って倍々に増えていきます


栽培が容易で暑さに強く、丸っこい見た目と香りに癒され、βカロテンが豊富(バジリスト参照)なハーブ野菜。暑い室内でも耐えてくれる、貴重な野菜です。


収穫したバジルとサラダ水菜で豆乳バジルパスタ。新鮮な歯ごたえと香りが、口の中に広がります


DSC06991.jpg


我が家の窓辺は少しずつ、夏の装いへとシフトチェンジ中です。


―その後―


7/2に最後の収穫、撤収をしました。


20160702サラダ水菜
(種まきから130日目で撤収)


次の栽培は涼しい秋までお預けです。


2016年秋栽培へ続く

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
テーマ : 野菜づくり    ジャンル : 趣味・実用
 2016_06_12

          


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop