プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



水耕栽培 パセリ ~今が収穫の盛り~

Category: パセリ  



一泊二日の金沢旅行から帰ってくると、窓辺の野菜たちは一回り大きく育っていました。


石川県もよく晴れていましたが、東京も気温が上がって晴れていたようで、多目に注いでいた養液が空になる寸前でした。


2015/8/31に種まきしたパセリも、こんもりと茂っていました。


水耕栽培容器1
DSC06562.jpg


水耕栽培容器2
DSC06563.jpg


水耕栽培容器3
DSC06564.jpg


PETボトル容器
DSC06565.jpg


パセリはそろそろトウ立ちを迎える頃です。昨年は5/18にトウ立ちを確認しています(コチラ


次々と葉が出てきていますので、今のうちにたくさん収穫しておきます


DSC06566.jpg


部屋中にパセリの香りを漂わせて、いつものチョキチョキ作業


刻んで冷凍パセリに。ドライパセリと冷凍パセリで、一年分の確保はすぐそこですヾ(o´∀`o)ノ


DSC06567.jpg


パセリの根っこはどうなっているのか?
5/3の記事で紹介しています。


パセリ栽培の続きはコチラ


―再生小ねぎもスクスク―


3/30の再生小ねぎの記事から1ヵ月。


新しく再生させた小ねぎのその後です。


DSC06569.jpg


葉は4枚に分岐して、太くなっています。


DSC06571.jpg


こちらもどんどん収穫して、料理に日常使いできそうです



―おまけ―


金沢旅行の続き(後編)(前編は4/29の記事へ)


(二日目)夕方の新幹線の発車時刻まで、まったり金沢を散策。


長町武家屋敷跡へ。


道に沿った用水路に流れる水がとてもきれいで、日の光でキラキラしていました。


長町武家屋敷3


静かな町の中を流れる水の音に、とても癒されます。


長町武家屋敷4


この扉は何のために…?あちら側から戸を開けて、座って釣り糸を垂らしたくなるのでありました。


長町武家屋敷5


町並や空気が平穏です。


長町武家屋敷1


ゆっくり、静かに歩きたくなります。


長町武家屋敷2


外壁の板には釘が打たれていますが、釘が見えないように、ひし形の釘隠しがつけられています。何から何まで丁寧です。


長町武家屋敷6


最後に訪れたのは、”武家屋敷跡野村家”。前田利家の直臣で加賀藩士・ 野村伝兵衛信貞の屋敷跡。長町武家屋敷跡界隈で唯一、一般公開されているお屋敷です。金沢で12位の名所・史跡になっています。


武家屋跡敷野村家1


左手に回ると、もう一つ門がありました。


武家屋敷跡野村家2


こちらは日陰。木肌や石に生えたコケがきれいです。ゆっくりとした時間の流れを感じます。見入ってしまい、なかなか中に入れません^^


武家屋敷跡野村家3


入口の景色を堪能して、ようやく屋敷の中を見物。扇風機があるわけではないのに、どこからともなく爽やかなそよ風が流れてきます。


武家屋敷跡野村家4


畳の上に座ると、ちょうど目の高さにある窓。そこから見える庭の景色。小さな一コマが、一々美しい。


武家屋敷跡野村家5


縁側はちょうど日が当たってポカポカ。横になって寝たくなります。


武家屋敷跡野村家6


二階から見える庭も心地良く、ずっと座っていたい…。


武家屋敷跡野村家7


家の中に石段の通り道。


武家屋敷跡野村家8


技巧を凝らした広いお屋敷は、当時の主に代わって今の時代に残り、お偉いお武家様が暮らしていた空気と格を伝えてくれているようでした。


たった二日の金沢観光。穏やかで親切な金沢の人々と、土地の美しさに触れて癒され、五感が冴えわたる素敵な旅になりました

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
 2016_04_30

          


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop