プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



2015年 真夏の室内水耕栽培

Category: 水耕栽培  



まとめをするには、少しばかり早いかなと思いつつ、今年もいろいろと勉強になりました。


7/25の記事で、『四季どり小松な、わさびリーフ、チンゲン菜、葉ねぎ、サラダからし菜、サラダ水菜、バジル、パセリ、ビタミン菜、チマサンチュ』を栽培中と書きましたが、その後まもなく、


「四季どり小松菜・わさびリーフ・サラダからし菜・サラダ水菜・ビタミン菜」は徐々に生長が止まり、ダランと葉をもたげて枯れ枯れに。


「チンゲン菜・チマサンチュ」は、新たに育てた幼苗の生長が止まったまま。


「パセリ」は、根はきれいですが、葉先から黒く枯れ始め、残った部分は色が薄く、生長も止まり、まるで盆栽の様。


「葉ねぎ」は生長が遅く細くなり、収穫もできず待機状態。


バジル・・・唯一、これだけ元気です。


バジルを除いて、生育適温は20℃~25℃程度まで。
閉め切った室内は40℃超え。順調に生長するのは、我が家では7月上旬くらいまでが限界のようでした。


致し方ありません・・・


栽培した野菜が育たないとか、枯れてしまうといったことは、一番身も心も打撃を受けるのですが、そうなるのも当然のことでしたね。


夏には夏の暑さに強い野菜だけに絞って栽培する!それがモチベーション維持のためにはとても大事!ということがよく分かった上半期でした。昨年も同じ道を通ったはずですが・・・。


バジルのおかげでそれが実感できました。夏の暑さに強いこのハーブだけが元気なんですから^^


我が家の室内でも比較的簡単にできそうな、夏の暑さに強い野菜というと、シソ、ツルムラサキ、ニラ、バジル、空芯菜、モロヘイヤといったところでしょうか。


ただ、ツルムラサキは発芽率悪し(^^;)
ニラはスーパーで買おうかな(笑)


来夏は、シソとバジル、初挑戦の空芯菜、モロヘイヤとなりそうです。
夏バテで集中力が削がれ易い時期の私には、”少ない種類をコンパクトに栽培する”のが、向いていそうです。


シソの栽培は簡単なように見えて、根詰まりして葉先が黒くなって枯れ易く、長期栽培が難しい野菜です。
葉先が黒くなって枯れるのを見越して、大目に種を蒔くか、根詰まりしないよう、どデカい発砲スチロール容器で栽培するか、来年はどちらかを試してみる予定です。
今年は古い種だったというのもありますが、4月と言えど、気温が例年より低めの肌寒い4月でした。そんな時期に種まきしたせいか、思うように発芽せず・・・。来春は発芽適温の20~25℃を守って種まきをしようと思います。


    栽培適温
      ~資料により異なりますが、おおよその栽培目安~


今年はこの「生育適温」を思い知らされた上半期になりました。
やはり基本は大事ですね。
来夏は、酷暑にも強そうな野菜の種をじっくり選んで購入しようと思います。
ガッカリすることなく、楽しく栽培を続けて、たくさん収穫したいものですね。
もう今から楽しみになってきました。


まだまだ暑い日々が続きます。秋冬に向けての種まきも、もう少しの辛抱です。


―おまけ―


今年のお盆は近場でお散歩でした。


増上寺に参拝。三解脱門を通り、
DSC03599-1.jpg


大殿へ。外国人観光客がとても多いです。
DSC03605-1.jpg


DSC03606.jpg


つい、徳川家康公の勝運にあやかって、勝運メダルなるものを購入してしまい・・・
DSC03627.jpg


徳川家御霊廟へ。
DSC03613.jpg


左右の扉に五個づつの葵の紋。両脇に昇り龍と下り龍が鋳抜かれていて、静かで荘厳な空気に包まれています。
DSC03614.jpg


東京プリンスホテルと増上寺の間の道を通り、
DSC03619.jpg


東京タワーを見上げながら、テクテク歩いていきます。
DSC03622.jpg


蝉の大合唱の中、続く坂道で汗が止まらず、蒸し暑さに更に拍車がかかります。
DSC03624.jpg


愛宕トンネルを通って
DSC03628 (1)


大鳥居。出世の石段へ。
DSC03629-1.jpg


86段、傾斜角度は約40度。60段過ぎたあたりから足が重くなり、ふらついて後ろに倒れないか、恐怖心が頭を過ぎります。ノンストップで頂上へ。
DSC03634.jpg


愛宕神社にお参り。
DSC03644 (1)


鯉が泳ぐ池がありました。
DSC03637.jpg


売っている餌を撒く人の元へ、鯉が集まってきて
DSC03641 (1)


鯉の必死な顔に吹き出すも、
DSC03640 (1)


徐々に激しさが増し、そそくさと退散(^^;)
DSC03642 (1)


下りの階段。徒歩で降りるだけで足がガクガク。馬に乗って駆け上がるなんて、猛者過ぎます。
DSC03645 (1)


神谷町から新橋を通り過ぎて、浜離宮へ。
DSC03647 (1)


都会のオアシスです。
DSC03649 (1)


DSC03651 (1)


DSC03655.jpg


DSC03657.jpg


サギがいました。カメラを構えると動きが止まり、撮り終わるとまた動き始める。分かってますね^^
DSC03674.jpg


ここで一休み。
DSC03660.jpg


足を伸ばしてゆっくり寛げます。外国人観光客も一緒にマッタリ。
DSC03671.jpg


お茶屋からの眺め。時が止まったようです。
DSC03662.jpg


丘からお茶屋の眺め。
DSC03678.jpg


ゆっくりしていたら、「間もなく閉園のお時間です」♪
DSC03679.jpg


急ぎ足
DSC03681.jpg


所々で魚が跳ねています。
DSC03682.jpg


松の向こうは東京湾。
DSC03683.jpg


急ぎ足と潮風でムシムシ。
DSC03684.jpg


また違う池の側を通ったら、「どうぞ」とサギがポーズを構えていたので、急いでいるのに仕方なくカシャ。
サービス精神旺盛です。優雅な空気が流れているおかげで、鳥も穏やかです。
DSC03685.jpg


出口はまもなく、現実の世界へ。
DSC03686.jpg


我が家へ帰宅。たくさん歩きました。
収穫したバジルと、バナナとブルーベリーで冷たいスムージー。最高に美味しい!
DSC03690.jpg


たくさん癒されたお盆となりました
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015_08_17

          


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop