プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



酷暑も何のその!元気一杯バジルに頭が下がります。

Category: バジル  



暑くて萎びたり、生長が遅くなったり、残念ながら枯れてしまった野菜がある側で、バジルはとても元気に生長を続けています。


DSC03579.jpg


熱帯原産のバジルだけに、暑さにとても強く、頼もしい限りです。


『バジルと大葉(青じそ)の栽培(育て方)とレシピ』によると


バジルに多く含まれているのは
免疫力を高めて、アンチエイジング効果のあるβカロテンやビタミンE、カルシウム、鉄分、マグネシウム


バジルの香り成分にはこんな効果が・・・
鎮静作用・リラックス効果のあるものが入っていて、胃腸の働きを改善する役割があり、殺菌・抗菌作用も強く、風邪、気管支炎・解熱・口内炎などの細菌性の病気に予防効果あり、とのことです。


暑さでバテ気味な体にはもってこいですね。


有り難くたくさん使ってアンチョビとイカのパスタ。香りも美味しいです。


DSC03587.jpg



さて、”摘心して根出し”の作業は今も繰り返し継続中です。(これまでの栽培過程はコチラです)


DSC03584.jpg


摘心作業も、もう慣れたもので、冷凍庫には収穫したバジルが入ったタッパーがたくさん!嬉しくなります。


たった2~3粒の種から始まったバジル栽培。その生命力に脱帽です。


ただ収穫できるのは”肌寒くなる頃まで”ということですので、今は目一杯、バジル栽培を楽しもうと思います。


根が10センチ以上伸びた挿し芽をペットボトル容器に移植しました。(PETボトル容器の作り方はコチラへ)


DSC03571.jpg


もう既に下の方に脇芽が育っているので、この脇芽が伸びてきたら、また生長点を摘心する予定です。


続々と増えていますが、大きくなるほどPETボトル容器の中は根でパンパンに。そろそろ根詰まりの症状が出て、葉先から枯れてくると思います。


DSC03577.jpg



より大きな容器に移植することも考えましたが、それよりも、全体が悪くなって枯れる前に摘心できるところは摘心して、挿し芽の根出しで増やしていこうと思います。



8/19 花の心配は、まだ大丈夫のようです。


DSC03698.jpg


DSC03702.jpg


にんにくとトマトのスパゲティ。王道パスタもバジルが無ければ始まりませんね。


DSC03719.jpg


続く
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015_08_08

          


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop