プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



葉もの記事ばかり

Category: 小松菜  



この夏は、葉もの栽培オンリーの我が家です。


元々、葉もの栽培ばかりの我が家の室内水耕栽培ですが、この時期は唯一葉ものではない”こかぶ”も”はつか大根”も育てていないので、葉っぱばかりの更新です。


それでも、更新をさぼり過ぎていた昨年と比べれば素晴らしい方でして。。


またPETボトルの”四季どり小松な”をまとめてかきとり収穫しました。


DSC03531.jpg


ダイソーに久々に行ったら、もう秋まきの種が売っていましたね。


種を見ると、つい買いたくなってしまうのですが、春まきの種もまだたくさん残っていますし、何より暑すぎて少々ヘタり気味です。
野菜も私も・・・。


今栽培しているのは、四季どり小松な、わさびリーフ、チンゲン菜、葉ねぎ、サラダからし菜、サラダ水菜、バジル、パセリ、ビタミン菜、チマサンチュ。


たったの10種類ですが、されど10種類。酷暑なので、水やりも大変です。


それぞれが途切れないように、種を植えて発芽させて、定植して収穫して撤収して・・・のエンドレスです。


気持ち的には5種類くらいでいいなと思うのですが、もうどれもこれも、食卓には無くてはならない野菜たちです。



スーパーで売られている野菜を見ながら



虫喰いがなく、キズがなく、きれいで新鮮な葉を自宅で栽培できて、使うだけ収穫して毎日のように食べている習慣は、とてもありがたいことだなとつくづく思います。


だから少々疲れていても、「やっぱり種を蒔いておこう!」と。収穫できる野菜が無くなるのは悲しいですもんね。それに室内栽培なので虫や鳥の被害もなく、雨風の心配もなく、楽をし過ぎで、めんどくさがり屋の私でも続けられている理由です。


節約にも大助かりです。それを思うと、やっぱりサボるわけにはいきません!


四季どり小松なの苗が育ってきました。あと1週間くらいでPETボトルに移植予定です。


DSC03532.jpg


水耕栽培を始めた一昨年の今頃の小松菜栽培は、水耕容器栽培、お茶パック栽培以外に、こんなこともしていました。PETボトルや紙パックを横にして、穴を開けて定植。大きくなるにつれ、安定しませんでした。いろんな方法を試して、ようやく落ち着いてきました。


DSC01446_convert_20150725234357.jpg



新たにサラダ水菜(一昨年の種)、チンゲン菜、四季どり小松なの種を水に浸しました。


明日の東京の気温は37度・・・。早く栽培し易い涼しい秋になって欲しいです。


収穫したバジルとポッカレモンと砂糖と炭酸水でバジルレモンソーダを作りました。暑い体に浸みわたります。


DSC03534_convert_20150725230300.jpg


続きはコチラ

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015_07_25

          


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop