プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。



小松菜 -6- ペットボトル水耕栽培で安定収穫

Category: 小松菜  



3月に種まきした株たちの現在の様子。


DSC03372.jpg


11PETボトルです。


かきとり収穫し続けて、もう2ヵ月から3ヵ月。


新しい種は植えず、かきとり続ける日々です。


なんてお得な節約栽培なんでしょう


そして、まだまだ元気です。


DSC03373.jpg


これまでの収穫の歴史です。


DSC03374.jpg


大きな葉も健在です。


DSC03377.jpg


一株に「2茎~多くても3茎+真ん中の出てきたばかりの小さな葉」くらいに簡素化しておけば、残った葉は大きく、茎も太く育ちます。


全体的に四季どり小松なは、丸葉こまつなより大きく育ち、葉も柔らかいです。


普段は必要な分だけ、かきとり収穫しますが、
休みの日や成長が早い時は、こんな風にまとめてかきとり収穫をします。


DSC03378.jpg


そして葉ねぎ同様、椅子に座ってゆっくり、仕事のあれやこれやは忘れてボケーっとしながらチョキチョキ作業。


毎度この作業に、ナゼか癒されています。


時間が止まったような、腰を落ち着けて、ゆっくり収穫の喜びを味わえるからでしょうか。


葉と茎を分けておきます


DSC03379-1.jpg


DSC03380.jpg


エンペラ部分と葉部分をカットして


DSC03381.jpg


茎も半分にカットして


DSC03382.jpg


また半分にカット


DSC03383.jpg


こんな感じに分けて、ビニールやジップロックに入れて


DSC03385.jpg


冷蔵庫に保存しておくと、調理が楽です。


疲れている時は、真っ先に使います


こんな風に、保存3日目もシャキシャキしていて、


DSC03405.jpg


虫も土もついていない、捨てるところが無い、毎日ありがたいです。


かきとり収穫もいいですが、種が減らないので、
ボチボチ新しい種を植えていかないといけません。


ただ今種植えをすると、梅雨空で徒長しそうなので、
もうちょっと先にしようかな。


PETボトル水耕栽培容器の作り方はコチラ

深底水耕栽培容器でも栽培しています。栽培容器の比較はコチラ


続く

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015_07_01

          


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop