プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―今年は早めに栽培開始―


初めて枝豆を栽培した昨年


種まきをした4日後に梅雨入りし、伸びに伸びた徒長苗になりました。


今年は梅雨入りする前に花を咲かせようと、早めに種まきする予定で種を購入しました。


今年栽培する枝豆はこちら。昨年はダイソーで購入した早生種でしたが、今年は更に早く収穫できる極早生(ごくわせ)


枝豆表


極早生枝豆天ヶ峰(てんがみね)。


まきどき(暖かい地域)は3~5月。収穫目安は種まき後76日程度。


極早生枝豆天ヶ峰 種袋裏1


3月中に蒔けば、梅雨入りする前に収穫前段階にこぎつけそうですね。


というわけで、早速種を蒔きました。豆はまん丸。ゴロゴロとたくさん入っていました。


20200315枝豆種残り


長く収穫できるように、2週間程度の間隔を空けて何度か蒔こうと思います。まずは6粒をバーミキュライトに播種。


20200315枝豆播種
(3/15・種まき)


嫌光性種子なので、覆土しました。


20200315枝豆覆土


翌朝、水を吸って膨らんだ豆の表面が出てきたので…


20200316枝豆種まき翌朝
(3/16朝)


再度、覆土しました。


20200316枝豆 土被せた


発芽して持ち上がってきました。


20200319枝豆2
(3/19)


まん丸だった種が、あっと言う間に膨張してこんなに大きくなるんですから、夫が「なんだこれ!」と恐恐とする気持ちも分かります(笑)


気持ちの覚悟なくして窓辺にこんなのが生えているのを見たら、「んん!?」と思いますよね(笑)


ちょっとゾクゾクする見た目が面白いです。


子葉が少し開いて、初生葉(しょせいよう)が見えてきました。


20200322枝豆
(3/22)


種まきから10日。


20200325枝豆
(3/25)


生長に差が出たのは、種まきの仕方が良くなかったからだと思います。


蒔いてから思い出しましたが、豆の黒い切れ目(ヘソ)を下にして蒔くのを忘れていました。


20200329枝豆へそ-1


根はこのヘソの周囲から出てくるので、ヘソが上を向いていると、天井に向かって根が出ることになり、豆が持ち上がらず根がグルグル彷徨ってしまいます。


生長が遅い3つは、出た根がクルクル巻き状態になっていました。


急いで根を下にしましたが、ちょっと遅かった。。次回の種まきは忘れずにヘソを下にして蒔こうと思います。



―深底水耕栽培容器に定植―


種まきから13日。初生葉の間に本葉が見えてきました。


20200328枝豆1
(3/28)


子葉の上の2枚の大きな葉が初生葉。その間から出てきた芽が本葉です。


20200328枝豆2-1


強い根が伸びています。ねずみの尻尾みたいな(笑)


20200328枝豆苗


まだ初生葉が出たばかりの幼苗も含めて、5苗深底水耕栽培容器定植しました。


20200328枝豆定植


昨年は浅底水耕栽培容器で育苗後に深底水耕栽培容器に定植して栽培する予定でしたが、育苗中に水の中で根が絡まり合ってしまい、容器から取り出すことができず。


仕方なくそのまま育苗容器(浅底水耕栽培容器)で栽培しましたが、葉が茂るにつれて隣の苗と触れ合って苗が傾いてしまったので、ビニール紐で支えて対処しました。


20190825枝豆1-1
(昨年の栽培の様子)

20190825枝豆2
(昨年の栽培の様子)


今年は倒れないように、育苗から深底水耕栽培容器に定植して栽培することにしました。


―また雪―


今日も寒い一日になりましたね。昼間の外気温は1℃程度で雪が降りました。


窓の外が白い。外は屋根に雪が積もって、一時、白い世界になりました。


20200329積雪



夕方になった今は積もった雪は解けて、屋根が半分くらい見えてきました。


雪が降ったり冷たい強風で寒かったり。春の嵐という言葉がぴったりですね。


 2020_03_29




―葉がぎゅうぎゅう―


昨年12/16に種まきをしたサニーレタスが収穫最盛期を迎えています。


20200319サニーレタス1
(3/19)
(前回のサニーレタスの記事はコチラ


窓辺がサニーレタスで一杯です。


丸鉢に植えた株も順調に育って大きくなりました。


20200320サニーレタス丸鉢
(丸鉢水耕栽培容器の作り方はコチラ

どの株も、茎元がどんどん太くなっています。


20200322丸鉢サニーレタス


葉を上から覗くと、新しい葉がぎっしり詰まっています。


20200319サニーレタス6


中心部に玉レタスのような丸まった新しい葉が、一生懸命に開こうと外側の葉を押し広げているようです。


20200319サニーレタス3


苦しい~、もっと空間を………空間をくだせぇーーー。


20200319サニーレタス4


はぁ。ちょっと楽になった…みたいな^^


20200319サニーレタス2


外側から順に大きな葉を収穫しています。


サニーレタスをたくさん混ぜ込んで、タコライス風サラダライス。


サニーレタスのタコライス風


暑い日にはレタスの瑞々しさがよりおいしく感じます。


―種廃棄のつもりが…出てしまった―


種まきをして残った数々の種は、タッパーに入れて冷蔵庫の野菜室に保管しています。


毎年新しい種類の種を買っているので、タッパーの蓋が閉まらなくなるのも時間の問題でして。


古い種を処分しようと候補になったのが、2015年に採種されたガーデンレタス・サラダミックスの種モスカールドパセリの種


5年前の種なので発芽は難しいかな。パセリは発芽率70%以上でちょっと低めですしね。そろそろ処分する頃かな。


とりあえず発芽しないことを確認してから処分しましょうか。ということで、発芽しない前提でバラ蒔き。


今年はいろいろと挑戦したい野菜がありまして、頭の中の想像では窓辺はもう並べた容器で埋まっているんですよね。


だから本当に、発芽しない前提で、処分するための確認作業で種まきしたんですけどね。



出ちゃいました。。。


20200320ガーデンレタスサラダミックス


レタス・サラダミックス…。2016年春まきのダイソーの種。


こっちも出ちゃいました。。。


20200320パセリ


モスカールドパセリ…。2016年にホームセンターで購入した種。


きみたち、5年前からコンニチワ~!ってね。そうだね、きみたちの兄弟姉妹はちょうどね、リオデジャネイロ五輪の年に美味しくいただいてました^^  


長い眠りから、この度、無事に目覚めました。5年なんて、全然生きてました笑


これは予定に無さ過ぎて。栽培スペースがね、私の頭の中の想像でさえ眉間に皺寄せて考えても確保できそうにないマズイ状況。。


枝豆も発芽しているし。


20200320枝豆発芽


キュウリも発芽したところで。


20200320きゅうり発芽1


ナスは6つの幼苗全部が揃って好調で。


20200320なす


ミニトマトも数種類育っていますし、今のところ間引き対象になるような苗もそんなに無くて。考えることから逃避したい状況^^;



なんとかなりますよ、笑笑…



しかも種の処分もできないというね。タッパーはパンパンなままでございます。


栽培あるあるといいますか、想定外といますか。 


はぁ。頑張ろうかな^^;



 2020_03_20



02  « 2020_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
 

 



pagetop