プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―スッキリな見た目&洗わなくていい水耕栽培容器に―


(前記事)「浅底水耕栽培容器 改良 ―容器の洗いが不要に&落ち着いた雰囲気に①―」はコチラ


ということで、光を透してしまう白いコンテナ容器


20191124浅底改良12


チンゲン菜の幼苗の葉が重なってきたので、3苗を改良バージョンの白い容器に移植してみようと思います。


20191124チンゲン菜1


こちらも「すきまテープ厚手」を貼り付けるのは同じ。


20191124浅底改良13


遮光のために、これだけ追加しました。


20191124浅底改良14


アルミシートをチョキチョキ切って容器の中に。


20191124浅底改良15


あとは前回と同じように、ゴミ袋(30リットル)にゴムバンドを通して…


20191124浅底改良16


ゴムより上部分を折り返して…


20191124浅底改良17


輪っかを上にして容器に入れます。ゴミ袋の外側にあるアルミシートが遮光してくれます。


20191124浅底改良19


ゴムの輪っかを広げて引っ張りながら、この容器上部のにゴムをかませます。


20191124浅底改良18


ゴムをかませたらゴミ袋を整えて…


20191124浅底改良20


空気を抜きます。


20191124浅底改良21


こんな感じ。


20191124浅底改良22


できたら養液(ハイポニカ500倍希釈)を入れて…


20191124浅底改良23


お皿ラックにアルミホイルを貼って、チンゲン菜の幼苗をセットして完了。


20191124浅底改良容器チンゲン菜セット


光が透ける白い容器ですが、遮光アルミシートを内側に入れたおかげで、外側は落ち着いた見た目になりました。


20191124浅底改良容器チンゲン菜セット2


左のアルミシートを巻いたギンギラ容器と比べて、スッキリしましたね。


ちなみに、この30リットル黒のゴミ袋で、深底水耕栽培容器も同じようにゴムバンドを使って被せられます。


20191124深底容器改良1


ゴミ袋が外側に出てダブつくことがなく、遮光もできているのでアルミシートを巻く必要は無いですね。


20191124深底容器改良2


ゴミ袋ではなくスーパーの袋でもできますよ。遮光シートを容器の内側に入れておけば大丈夫ですね。


20191124スーパーの袋1


ただスーパーの袋は底に穴が空いていることがあるので、養液が漏れないように要確認です。


20191124スーパーの袋4


こんな感じで、とても簡単に作れるように改良してみました。


20191124浅底改良2容器



見た目もスッキリですね♪


20191124浅底改良


栽培が終わったら、ゴミ袋を容器から出して捨てるだけ。容器はゴシゴシ洗う必要無し!


楽過ぎます。


水耕栽培を始めてもうすぐ7年になりますが、よく続いているもんです。失敗もありますが、自分で栽培した野菜を収穫できるというのは本当に嬉しいものですね。


100円ショップで容器をゲットして、ご自分流にアレンジしながら、簡単に水耕栽培生活を楽しんでいただけたらなぁと思います。



 2019_11_24




―容器はどんどん改良―


20191124浅底改良2容器
(サラダみずなとチンゲン菜の幼苗)


ダイソー浅底容器のコンテナを購入しようと思っても、販売が終わってしまったことを分かっていました。


最近になって「水耕栽培を手軽に始めてみたい!」と思い立って、このブログを訪れてくれた人には申し訳ないなぁと思っていたので、別の容器で浅底水耕栽培容器を作らないといけないなぁ~と探していましたが、腑に落ちる容器が見つからず。


随分放置してました。タッパー等でうまい具合に作ってくださっていたらいいなぁと思いながら。


そんな感じで昨日もダイソーに寄ったわけです。


あ…あったじゃないの!


色が冬バージョンになったのか知りませんが、色が濃いめの容器が!


でね、早速お買い上げ♪
いつもの容器のカーキー色。まだ売っていましたねぇ。良かった良かった。


20191124浅底改良1


そしてついでにもっと簡単にできる容器に改善しよう!と輪ゴムとゴミ袋もお買い上げ。


20191124浅底改良2


浅底容器改良アイテム2+。ワイドゴムバンド30リットルの黒ゴミ袋。容器と合わせて330円也。


20191124浅底改良アイテム


私がずっと改善したいと思っていた2つのこと。


「アルミシートで巻いた、ギンギンギラギラの見ためをどうにかしたい
「栽培後の容器の洗浄を楽にしたい


改善しました。改善しましたよ。改善できましたよ。


現在収穫中の、サラダみずな。アルミシートを巻いてギンギラ銀がさりげないですね。何言ってんでしょう。。


20191124サラダみずな


普通に元気です。さっぱりし過ぎた柿のレアチーズケーキに添えたら、いい感じに仕上がりました。


柿と豆乳のレアチーズケーキ水菜トッピング


これから来年の春まで収穫を続けますから、長い付き合いになります。容器の中は遮光のためのアルミホイルなんて使っていません。


20191124サラダみずなホイルなし


外側に巻いたアルミシートで十分、遮光ができること、藻が生えないことが分かりましたので、随分前からアルミホイルを容器の中に敷くことはやめました。


浅底水耕栽培容器の作り方」に「アルミホイルで遮光してね」って書いてありますけど、もうずっと使ってません。


「じゃあ消しといて!」と言いたいですが、面倒なのでそのまんま。この最新記事に目を通していただきたいなぁと思います。


今回ダイソーで見つけた濃いめの容器でね、水菜の容器をオシャレな感じに仕上げてあげようと思います。


―改善①使用後の容器を洗わなくて済むように―


洗わなくて済むように、深底水耕栽培容器と同様に、ビニール袋で覆ってしまいます。


まず、容器の短辺に「すきまテープ厚手」を貼り付けるのはいつも通り。


20191124ダイソー厚みすきまテープ
(ダイソーで購入)


20191124浅底改良3すきまテープ貼付


そしたら、30リットルのゴミ袋にゴムバンドを通します。
(45リットルも売っていますが、大き過ぎるので30リットルで由)


20191124浅底改良4ゴミ袋にゴム遠し


ゴムバンドより上のゴミ袋をゴムバンド部分で折り返します。


20191124浅底改良5ゴミ袋の端折る


輪っかができるので、そのまま容器に袋を入れます。


20191124浅底改良6ゴミ袋を入れる


輪っかのゴムを伸ばしながら、容器に被せます。結構引っ張ります。


20191124浅底改良7ゴミ袋を被せる


容器の縁にゴムバンドをひっかける感じ。


20191124浅底改良8ゴムを引っかける


こんな感じ。


20191124浅底改良9ゴミ袋を整える


ゴミ袋の空気を抜いて整えます。はい準備完了!


20191124浅底改良10空気を抜く


あとは、養液を入れて(ハイポニカ500倍希釈)。


20191124浅底改良11養液を入れる


お皿ラックごと水菜を移して、セット完了。


20191124浅底改良セット完了1


―改善②ギンギンギラギラしない見た目に―


遮光のアルミシートは??


この容器、かなり色が濃いめで透かしてもあまり透けないんです。そして、ゴミ袋は黒。


遮光は十分でしょう。ということで、遮光アルミシートは外しました。


どうですか?見た目。スッキリ落ち着いた感じになりました。


20191124浅底改良セット完了2


では、今度は今の今まで”サラダみずな”を栽培していた、この白いコンテナ容器。濃い色の容器と違って、光で透けます。なのでこの容器は藻が生えないように遮光が必要になります。


20191124浅底改良12


この容器でも、洗わなくていい改良バージョンで作ってみましたよ。遮光もちゃんと施しました。


続きは「浅底水耕栽培容器 改良 ―容器の洗いが不要に&落ち着いた雰囲気に②―」



 2019_11_24



10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
 

 



pagetop