プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―7月はほぼ雨と曇り空―



あれから、草丈は50センチ程度にまでビヨ~ンと伸びまくり。


茎が細く倒れそうで、花が咲く気配が全くありませんでした。


もう終了しようかと思いつつ、一か八か、三分の一の草丈にバッサリと切り戻しをしてみました


こちらが、その切り戻しから10日程度経った頃


20190720枝豆2-1
(7/20)(4苗の容器)


赤の矢印が6/15に摘心した(6/15)切り口。


黄色の点線が7月初めに徒長しすぎたために切り戻しした所。


切り戻ししたところから、新たに脇芽が伸びてきました。


20190720枝豆1
(7/20)(7苗の容器)


こちらの容器の苗も同じく切り戻しをし、脇芽が伸びてきました。


半ば諦め状態で行った切り戻しがうまくいったようです。


が出てきました。


20190719枝豆花1
(7/19)(種まきから47日目)


開花したのかな?サヤらしきものが。


20190723枝豆サヤ2
(7/23)


深底水耕栽培容器に定植する予定が、小さな蕾が落ちてしまいそうで、また根が既に絡まっているのでできそうにありません。


致し方なく、このまま浅底水耕栽培容器で栽培を続けることにしました。


20190726枝豆1
(7/26)

それらしくなってきました。


草丈が伸びてグラグラしてきたので、生長点を摘みました。


20190726枝豆3-1
(7/26)


最初の数個の蕾は花びらが閉じたまま、パッと花が開かずに終了していました。それでもサヤはついた模様。


陽射しが出るようになったからか、こんな風に花がきちんと開くようになりました。5ミリ程度の小さな可愛い花です。


20190726枝豆5
(7/26)


この容器(4苗)の苗。下葉が病気っぽく枯れ気味ですが、特に何も対処せず。何とか持ちこたえています。


20190727枝豆1
(7/27)

20190727枝豆2
(7/27)


こちらの容器(7苗)は大丈夫そうです。


20190727枝豆5-1
(7/27)


節から脇芽が出てきました。たくさん枝が出てサヤがついてくれるといいなぁ。


20190727枝豆4
(7/27)


豆が透けて見えます。ワクワクしてきました♪


種袋(裏)によると、収獲は開花から35日程度だとか。


初めての収獲は8月中旬以降になりそうです。


続きはコチラ



 2019_07_27




―2019年の初挑戦は、枝豆―


2017年の初栽培は”茎ブロッコリー””ミニトマト”
2018年は”ししとう””ピーマン”


今年は何に挑戦しようかなぁと考えていたら、6月になってしまいました。


6月からでも種まきできるもの…とダイソーで種を物色。。


ありました。


枝豆。


枝豆 種袋表



早生種の枝豆。サヤがたくさんついてお得そうだ!ということで、これに決定しました。


枝豆 種袋裏



まきどきは黄色の地域なので、4月上旬から7月中旬

収穫時期7月中旬から10月下旬まで。



―種まき―


早速、バーミキュライトに種まきしました。種は種袋に20粒くらいしか入っていなかった気がします。


20190603枝豆夜種まき


20190603枝豆夜種まき1
(6/3夜種まき)


初めてだったので思いっきり水に浸していますが、浸さないほうがいいことが後で分かりました。


豆が水を吸い過ぎてボロボロになり易くなります。。なので後蒔きは水を控えめにしました。


20190605枝豆の様子
(6/5)


覆土していましたが、豆が持ち上がって出てきました。


20190607枝豆1
(6/7)


結構、グロテスクな感じです。。


20190607枝豆2
(6/7)


日差しがあるんだか無いんだか、分からないような中途半端な天候の日が続き、徒長。。


20190612枝豆1
(6/12)


子葉は傷つき放題で^^;  こんなんで生長できるのか。。


20190612枝豆2
(6/12)


初生葉が出てきました。


20190612枝豆3
(6/12)


徒長苗と生育不良苗を除き、浅底水耕栽培容器(ハイポニカ500倍希釈)で育苗開始


20190615枝豆2
(6/15)


サヤは枝につくので、たくさん収穫するには枝を増やせばいいらしい。枝豆だけに。。


そのために脇芽が出るように摘心するんだとか。


ということで、初生葉の下、子葉の直ぐ上を摘心


20190615枝豆二つ目
(6/15)


今から思えば、摘心しなくても良かったかな。


よくよく調べると、「早生種」は草丈が元々あまり伸びない種で、摘心しなくても生長は止まって枝が増えるらしい。


大型になる晩生種と比べてこじんまりとした株。摘心して出た脇芽は細い枝になるので、サヤも小さめになるとか…


なるほど。


後蒔きしたものは、摘心せずに育てることにしました。


20190622枝豆
(6/22)(後蒔きしたものが発芽)


20190622枝豆脇芽1
(6/22)


6/15の摘心後、脇芽が育ってきました。


20190622枝豆脇芽2
(6/22)


育苗は2容器に。7苗と4苗で11苗になりました。


20190630枝豆1
(6/30)(種まきから28日目)(7苗)


20190630枝豆2
(6/30)(4苗)


種袋の種は全部使い切りました。


その後、雨や曇りの日が続き、どんどん徒長しました。


続きはコチラへ。



 2019_07_27



06  « 2019_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
 

 



pagetop