プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―開花―


4/25 開花しました。


20180425レジナ開花1
(種まきから56日目)(前回の記事はコチラ


種まきは昨年と比べて半月早いですが、昨年とほぼ同じ栽培日数での開花。それだけ今年は気温が高めなんですねぇ。


同時に種まきをしたアイコトマトも開花しました。


レジナは一容器に2株ずつ、3容器。間引けなかった、ちっこい1株を同居させて合計7株


20180429レジナ
(4/29)(種まきから60日目)


草丈は18センチから高いもので22センチ。(ちっこいのは10センチ)


20180429レジナ草丈22センチ
(4/29)(種まきから60日目)


昨年の種まきから60日目では、大きめの株でも草丈15センチ


今年の栽培容器は昨年と違って、深底水耕栽培容器


光を浴びようと茎を伸ばすのはスティックセニョールも同じでした。浅底水耕栽培容器よりも若干草丈高めに育っています。


―人工授粉は―


毎朝の人工授粉。開花している蕾を片っ端から綿棒で撫で弾きます。


下から花筒を…


20180429レジナ人工授粉1


撫で上げて…


20180429レジナ人工授粉2


弾く感じ。今度は上からと、一花にこれを素早く4、5往復。


20180429レジナ人工授粉3


動画じゃないと分かりづらいですね。忙しくて綿棒を取り出す時間が無い時は、人差し指で撫で弾きます。


―昨年から栽培のレジナ、時々ハート型現る―


収穫中の9株のレジナ。収穫が続いています。


20180422レジナ31個収穫
(4/23)(31個収穫)(2017年6月の収穫から、合計611個)


豊作ですねぇ。何だかハート型のレジナが。


20180425レジナ1
(2017/3/16種まき)(種まきから410日)


ほらね。一個だけじゃなく…


20180425レジナ2


あっちにも…


20180425レジナ3


こっちにも。


20180425レジナ4


型をつけているわけではないですよ。どうしてでしょうねぇ。これは栽培主に対する愛情表現か何かかなぁ。


たくさん収穫させてくれるし。


20180425レジナ38個収穫
(4/25)(38個収穫)(2017年6月の収穫から、合計649個)


この中にこれだけのハート型。収穫だけで嬉しいのに、なんだか幸せな気分になっちゃいます。


20180425レジナハート型


たくさん採れるので、もう久しくミニトマトは買っていません。


20180427レジナ20個収穫
(4/27)(20個収穫)(2017年6月から、合計669個)


また実が大きくなってきました。実の数が減って、残った実に栄養が回るようになったのかなぁ。


20180429レジナ30個収穫
(4/29)(30個収穫)(2017年6月から、合計699個)


それにしても、ミニトマト栽培は幸せが一杯です。


続きはコチラ


 2018_04_30




先日深底水耕栽培容器(セリア編)を制作。


出来上がった容器で、何を栽培しようか考えていました。


栽培しやすく、収穫まで短期間で作れるものはないかと冷蔵庫を漁っていたところ、見つけたのがこの種。


ベビーリーフ表


ベビーリーフ裏2



ベビーリーフ。


ダイソーの種は二袋で100円(税抜)と、一袋では売ってくれません。昨年、何かの種と抱き合わせて買うも、出番なく冷蔵庫の野菜室で冷やされていました。


収穫までおよそ1ヵ月。ちょうどいいねぇ!ということで栽培開始。


4/1 湿らせたバーミキュライトに多めに播種。


4/10 予想通りの展開。


20180410ベビーリーフ


双葉の形が皆同じ。全てアブラナ科の野菜ですね。


20180410ベビーリーフ1


根がビッシリ。ここで思い出しました。なぜ今までベビーリーフを栽培してこなかったのか。


20180410ベビーリーフ根


それは、この根が絡まった苗を取り出して定植する羽目になるから。いつ終わるのよ、この作業…と。今夜こそ、今夜こそと目一杯先延ばしにして、ようやく定植作業に取り掛かりました。


水をたっぷり注いでバーミキュライトをゆるゆるのプール状態に。


根は中で絡み合っているので、一苗ずつ外そうとすると引っ張り合ってブチッと切れてしまいます。


そうならないように、隣の苗3つ程度の茎をまとめてつまんで揺らします。そうすると、根が絡まったまま、これが案外スルッとバーミキュライトから抜けたのでありました。


ということで、思っていたよりもサクサク進んだ定植作業。


4/10 4~5苗をまとめてスポンジにはさみ、容器に定植。


20180410ベビーリーフ定植
(4/1種まき)(種まきから10日目)


ハイポニカは500倍希釈の養液を注水。


20180410ベビーリーフ定植1
(4/1種まき)(種まきから10日目)


4/15 窓辺でゆっくり生長。


20180415ベビーリーフ1
(種まきから15日目)


4/22


20180422ベビーリーフ1
(種まきから22日目)


20180422ベビーリーフ1-1
(種まきから22日目)


4/29 食べ頃になりました。草丈はおよそ15センチ程度


20180429ベビーリーフ1
(種まきから29日目)


種袋(裏)には、「品種 小松菜 チンゲンサイ他」とありました。他は水菜かぶかな。


20180429ベビーリーフ2
(種まきから29日目)


根元はこんな様子。4~5苗をまとめて定植しているので混雑しています。大きく育てるわけではないので徒長気味でも問題ないです。


20180429ベビーリーフ3
(種まきから29日目)


収穫は株元から刈り取るか、少量ずつ外側の葉をかき取って収穫するとのこと(種袋裏記載)。


外側の葉をかき取って収穫しました


20180429ベビーリーフ収穫


ダイソーのベビーリーフの種は、全てアブラナ科で仕上がりは緑色の単一色。ちょっと寂しいですねぇ。


ベビーリーフとは野菜の幼葉。どの野菜と限ったものではなく、種まきからおよそ30日程度で収穫した若い葉のことだそうです。


なのでメーカーによって、リーフ系、ハーブ系、アブラナ科系等、ミックスもさまざま。お値段もそれぞれ。


スーパーでは一袋90~130円程度で売られているので、こんなに簡単に短期間でできてしまうなら窓辺で一度作ってみるのもいいかも知れません。


収穫後はこんな感じ。色が抜けて枯れていく双葉は取り除いておきました。狭い所に腕を突っ込んだので、ボキボキ折れてしまったけど復活してくれるかなぁ。


20180429ベビーリーフ収穫後


ということで、セリアの容器で初収穫。この容器は何だかとても使いやすいです。


そして美味しくいただきました。ガーリックトーストとガブリと!蓮根のビネガーサラダには収穫したレジナチマサンチュを。ガーリックトーストには昨年収穫したパセリを。


ベビーリーフとガーリックトースト1


これまた昨年収穫したバジルを使った、洋風塩やきそばにもベビーリーフをたっぷり乗せ。緑一色のベビーリーフがいい感じに活躍してくれました。


ベビーリーフと洋風やきそば


―その後―


5/4 最初の収穫から5日。また茂ってきました。


20180504ベビーリーフ1
(種まきから34日目)


サラダからしなと一緒に、二度目の収穫をしました。


20180504サラダからし菜とベビーリーフ収穫1


豆乳スパゲティにサラダからしなベビーリーフをてんこもり~


ベビーリーフとサラダからしなの豆乳スパゲティ


続きはコチラ(3回目の収穫)



 2018_04_29



03  « 2018_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
 

 



pagetop