プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






4/4に種まきをした”赤丸はつか大根”。


種まきといっても、いつものバーミキュライトではなくスポンジに。


20160405赤丸はつか大根
(4/5 種まきの翌日。種が割れ発根)


皮が乾燥して裂根することが多い赤丸はつか大根。特徴として、移植を嫌う性質があるようです。移植の際に根を傷つけ、裂根の原因になるとのこと。


ただ、スポンジ蒔きは根が伸びるのに時間がかかります。。スポンジから出た根が、またスポンジに戻っていかないように、試行錯誤の浮かし~


20160420赤丸はつか大根1
(4/20/種まきから16日目)


根がだいぶ伸びてきたら、生長がいいものだけを


20160420赤丸はつか大根2


スポンジごと深底水耕栽培容器に定植。バーミキュライトに比べて、やはり発芽率は悪いです。定植できたのも蒔いた半分でした。


2016525 赤丸1
(種まきから56日目/深底水耕栽培容器で栽培)


栽培適温は15℃~20℃。根を乾燥させないように、窓越し日光には当てず、レースカーテン越しで栽培。


2016525 赤丸2


じっくりと時間をかけて育ってきました。今日はこのうち、大きくなってきた3つを収穫


2016529 赤丸5


皮の乾燥も裂根もなく、きれいに育ちました^^ スポンジ蒔きが良かったのかレースカーテン越しが良かったのか…。


2016529 赤丸6


コロンとして、とても可愛いです。勿体なくて食べてしまうには踏ん切りが必要です^^


温かい甘辛肉味噌とキュウリとオクラ。香りの大葉と一緒に冷たいうどんに乗っけて、久々のジャージャーうどん♪


DSC06885.jpg


紅白の彩りが食欲をそそります。シャキシャキ歯ごたえと瑞々しさが口の中いっぱいに広がって、はぁ~お箸が止まりません^^


―その後―(6/11)


放置し過ぎて、残った株が黒ずんできました早速収穫。種まきから69日目でした。。


20160611 赤丸はつか大根


黒くなった部分の皮を剥いて、味噌漬けに。


赤丸はつか大根


葉と茎は鮭と味噌炒めに。サラダ水菜と一緒に混ぜご飯。


DSC06921.jpg




今回は最後まで、どの株も皮が乾燥したり裂根することなく終わりました。日差加減が大事ですね。


今週は、こんな風に時間をかけて無事に育ったものもあれば、予定外にあっという間に枯れてしまったものもありました。



―暑い日は水切れに注意―


夜帰宅すると、小松菜がダラ~~ン(‐Д‐;)!!


2016523 小松菜
(2/25種まき)


PETボトルの中は空っぽ。根はイカの燻製のように干からびて、大急ぎで養液を補充するも時は既に遅し。水に変えても復活することなく、そのまま枯れ果ててしまいました。


枯れたPETボトルだけ、朝の養液量の確認を見過ごしたようです。残った寂しそうな5つのPETボトルを見つめるのでありました。。


2016529 小松菜4


かきとり収穫もちょびっとに。。


2016529 小松菜3


暖かい時期の水耕栽培。養液の補充は何より大事です。


―パセリがトウ立ち、忘れています―


昨年は5/18にトウ立ちを確認したパセリ。今年はまだその気配は無く、減った小松菜の収穫分を補ってくれています。


2016529 パセリ
(2015/8/31種まき)


前回のまとめて収穫からおよそ2週間。その間もちょくちょく摘んできましたが、またてんこ盛り収穫スーパーでは500円分位でしょうか^^


DSC06887.jpg


定植時、どの苗も徒長気味でした。早々に間引きをするつもりだった一番小さな苗は、愛着が沸いてPETボトルへ定植。


心配を余所に、どの苗も、こんもりと茂ってくれました。葉が柔らかく、ふんわりしています^^


DSC06892.jpg


よく縮れた濃い緑色で、あまり大きくなる前に収穫した柔らかい葉が、茎の細い太いによらず、強い香りを放っています。


パクチーの代わりにパセリを入れて、赤丸はつか大根とヤムウンセン♪いくらでも食べてしまいます^^


DSC06896.jpg


暑い中、元気なサラダ水菜。


2016525 サラダ水菜
(2/24種まき)


サラダ水菜とチマサンチュとパセリ。レースカーテン越しの栽培で、うれしい収穫祭が続いています。


DSC06851.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加
テーマ : ガーデニング    ジャンル : 趣味・実用
 2016_05_29

          



―休日の朝の収穫は―


いつものように”四季どり小松菜”と


DSC06766.jpg
(2/25種まき)


毎日のかきとり収穫だけでは到底追いつかない、”サラダ水菜”と”チマサンチュ”。


DSC06765.jpg


チマサンチュは、茎がここまで伸びてきました。


DSC06795.jpg
(2/4種まき)


ガーデンレタスミックスの”コスレタス”は株ごと収穫


20160519 コスレタス


日々のサラダ消費のおかげで


DSC06779.jpg


アゴが鍛えられます^^


DSC06812.jpg


豆乳グラタンまでも、サラダ水菜まみれ。。


DSC06781.jpg


こんな、サラダの収穫に追われるありがたい日々も、夏が始まるまで。少しずつ、夏の主役たちが育ってきました。


―1年ぶりの可愛い葉―


5/3に定植していたバジル。窓越しの日光を浴びて、順調に育ってきました。


DSC06789.jpg
(4/17種まき/種まきから36日目)


この丸っこい、こんもりとした葉。。。鼻を近づけると香ります^^ 根が伸びて太くなり、移植の時期です。


DSC06793.jpg


摘心し、挿し木株を増やしていくので、容器が多いと養液の補充が大変です。


今年はPETボトル容器ではなく、深底水耕栽培容器で親株を栽培しようと思います。が、容器と場所が足りません。。致し方なく、かきとり収穫中の”うまい菜”を一容器分だけ、空けることに。


DSC06799.jpg
(2/12種まき/種まきから101日目)


断腸の思いです。。。


DSC06806.jpg


揃った容器に早速、バジルの苗を移植。


20160522 バジル3


茎が伸びてフラついても、カラー石を敷き詰められるので安心です。このコロコロとした姿、何度も確認したくなります^^


20160522 バジル2


つい容器ごと葉を揺らしてみたくなったり。。何とも言えない可愛さがバジルの幼苗にはあります今年も葉をたくさんつけて、大きく育ちますように^^


20160522 バジル1


収穫した”うまい菜”は大根とほっこり煮に。


DSC06825.jpg


おダシが染みて、歯切れが良くて心地いい今夜も優しい食感でした^^


バジル栽培の続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2016_05_22

          


04  « 2016_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop