プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






窓辺の四季どり小松菜


DSC05478.jpg
(2016/2/28)


トウ立ちの気配が見え始め、徐々に茎が筋張って固く、葉も小さくなり、株全体がこじんまりとしてきました。


5つの”PETボトル”の小松菜(9/17播種)→かきとり収穫、11月開始。


2016028小松菜20150917種まき


”深底水耕栽培容器”の小松菜(10/14播種)→かきとり収穫、12月開始。


20160228小松菜20151014種まき


全株に蕾が見えた”深底水耕栽培容器”の小松菜。


DSC05516-1.jpg


全収穫しました。


DSC05521.jpg


5株写っていますが、定植したのは8苗です。


定植の様子はこんな感じでした(2015/10/27の記事)。


深底水耕栽培容器 小松菜定植


ヒョロヒョロに育った3株。これは一つの穴に2苗定植した、その2苗。


DSC05522.jpg


そして右から2番目に定植した、もう一苗。


DSC05523.jpg


これで、計8苗分。


DSC05524.jpg


8苗というと、PETボトル栽培では4本分。
(1PETボトルに2苗定植しています)

狭い容器に、ちょっと欲張り過ぎました。


この深底水耕栽培容器の横幅は、PETボトル容器の3本分弱です。


DSC05525.jpg


定植を6苗までにしておけば、ヒョロヒョロ株が出なかったかも知れません。


「PETボトル3本(2苗×3)=深底水耕栽培容器6苗」が生育環境にもよりますが、丁度良さそうです。



PETボトル容器栽培のコツ


幼苗のまま1PETボトル容器に2苗を定植すると、狭いので徒長し易く、葉がPETボトルの内側側面にくっつき、茎が捻じれながら生長


20140413小松菜PETボトル栽培-1
(2014年栽培時の失敗例)


その為、PETボトル栽培の場合は、PETボトル上部から葉が出る程度の草丈まで浅底水耕栽培容器で育苗してから定植します。
PETボトルへ定植の様子


深底水耕栽培容器は、葉が容器の内側にくっつかず、苗同士の間隔が空いているので徒長もせず。幼苗のまま定植します。


どちらの容器で育てた小松菜も、とてもきれいです。


種まき時以外は、バーミキュライトやパーライト、増える土等の、
培地を使わない。
これが、室内で衛生的に長く、かきとり収穫を続けるためのコツです。


収穫した小松菜で、生ハムのクリスピーピザに。


DSC05539.jpg


我が家の小松菜、最高です。


DSC05545.jpg


残った5PETボトルも、約4ヵ月のかきとり収穫を終え、間もなく撤収です。


DSC05481.jpg


―その後(3/6)― PETボトルの小松菜にも蕾が見え始めたので、全9株を収穫、撤収しました。


20160306ペットボトル小松菜3-1


一番右の10/18に定植した一苗。 遅れて発芽した一苗が、一つのPETボトルを占領して一番太く育ちました。


20160306ペットボトル小松菜4-1


食べてしまうのが勿体ないと、いつも思います^^


20160306ペットボトル小松菜2


その勿体ない小松菜を3株使って、小松菜軍艦


DSC05655.jpg


わさび醤油が小松菜の茎と葉に、かつお節に染みこんで。。小松菜の美味しさが倍増。。極上の幸せ寿司になりました


2/25にバーミキュライトに植えた四季どり小松菜の種。画像では全く見えませんが、ちらほら発根しています。


20160228小松菜225種まき



下記の変遷をたどり、現在の栽培容器に落ち着きました。


◆2013年~2014年


● PETボトルの下部+アルミホイル+お茶パック+バーミキュライト
20131109小松菜お茶パックとバーミキュライト栽培1

● PETボトルの下部+アルミホイル+お茶パック+パーライト
20131104小松菜お茶パックとパーライト1

● 水きりカゴ+アルミホイル+お茶パック+パーライトorバーミキュライトor水で増える土
蟆乗收闖彑convert_20160301183940

● 横にした紙パックor横にしたPETボトル
DSC01446_convert_20150725234357.jpg

お茶パックや培地にカビや藻が生える、蓋がないため養液の蒸発が早く、頻繁に補充が必要。紙パックは漏れる。いずれも苗の安定性が無い為、草丈低く細くなる。栽培期間が長く、大きく育てたい野菜には向かない。


● 浅底水耕栽培容器

20140503小松菜

20140511小松菜-1

茎が横に広がり細い。レタス類など、葉が横に広がり、下葉からかきとり収穫をする野菜に適した容器。草丈があり、草姿を立性に育てたい野菜には向かない。


◆そして2015年~


しっかりとした茎。苗が安定して長いかきとり収穫期間。小松菜の栽培は、現在のPETボトル水耕栽培容器深底水耕栽培容器での栽培に落ち着きました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2016_02_29

          



一番花 今年の春がようやく我が家にやってきました。


DSC05455.jpg
(2015/9/13種まき)


窓越しに受けた太陽の光で、薄い花びらが透けています。


DSC05456.jpg
(2015/9/13種まき)


今日は午後から春の嵐が窓の外をビュービュー。そんな騒がしい外の様子を、伸びた茎の上に咲いた幾つかの花たちが、穏やかに見下ろしていました。


定植 あれから数日が経ち、陽が射してきたので定植することにしました。


2/26の様子(種まきから22日目)
DSC05418.jpg
(2/4種まき)


根が長く張っていました。


DSC05420.jpg


スポンジで巻いて、浅底水耕栽培容器に定植しました。


DSC05422.jpg


DSC05423.jpg


育苗のために全てを一つの容器に定植。育ってきたら、”葉を大きく育てる用””密集して育てる用”と、今回も二つの容器に移植して栽培します。


現在かきとり収穫しているチマサンチュはこちら。


DSC05447.jpg
(9/27種まき)


花を咲かせたチマサンチュの種まき(9/13)から2週間後の9/27に種まきした密集容器のチマサンチュです。


種まきから昨日で153日目、5ヵ月が経ちました。たまたま時期をずらして種まきをしたおかげで、チマサンチュの収穫を続けられています。


昼食 チマサンチュはもう、我が家には無くてはならない野菜です。


DSC05411-1.jpg


一緒に収穫したサラダ水菜。先日、トウ立ち茎の収穫の様子を書きましたが、わさびの香りと辛みがしたのは、トウ立ちした茎限定だったようです。


普通の状態の茎は、わさびの香りも辛みも全くありませんでした。


春雨サラダにもたっぷりと。シャキシャキ美味しくて、お箸が止まりません。


DSC05446.jpg


摘んだかりなのに、また直ぐに蕾(トウ)があちらこちらに出てきました。花を咲かすまいと、また摘み獲ります。ここが菜の花になるところです。


水菜2


蕾がついていない茎との違いが一目瞭然です。


水菜


トウ立ち水菜だけを使って、親子丼に入れたら…


DSC05465.jpg


やっぱりピリっと、わさびの香りと辛み!美味しい!これで”アリルイソチオシアネート”の主張を強く感じるのはトウ立ち水菜のみということが証明されました。同じ株で二つの味が楽しめる。今の時期だからこその味わいです。


DSC05466.jpg


2/24に種まきしたサラダ水菜。3年前の種ですが、ちらほら発根し始めました。


ところで話しは変わって、サンドウィッチの下に敷いているレースペーパー。いえ、キッチンペーパー。


DSC05438.jpg


パンがお皿にくっついたり、落ちたパンくずや具が、お皿にこびりつくのを防いでくれます。


レースペーパーのような、きれいな型が作れないかと探してみたところ、参考になるサイトがいくつかありました。


一番簡単そうな型をキッチンペーパーで作ってみました。


簡単なレースペーパーの作り方
(参考「ラッピングに!レースペーパー風切り紙の作り方(円形)」)


①キッチンペーパーを一枚準備。
2016022701.jpg


②三角に折ります。
2016022702.jpg


③余分な部分を切り取ります。
2016022703.jpg


④切り取った細い部分は使いません。
2016022704.jpg


⑤また三角に折ります。
2016022705.jpg


⑥もう一度、三角に折ります。
2016022706.jpg


⑦いよいよ柄になるところを切ります。
2016022707.jpg


⑧ハサミで波型にカット。
2016022708.jpg


⑨両サイドをハートの半分型にカット。
2016022709.jpg


⑩開いて出来上がり。
2016022710.png


お皿に敷くと、こんな感じです。
DSC05434.jpg


⑨の過程で、ハートの半分型を両サイドに2個ずつカットしてみたら
2016022711.jpg


こうなりました。
2016022712.jpg


簡単で、下手なカットも目立ちません。時間も1~2分でできました。
レースペーパーは100円ショップで購入できますが、キッチンペーパーを使ってお得にできました。

お皿の上に敷いたり花瓶の下に敷いたりと、これから使う機会が増えそうです。


DSC05451.jpg


チマサンチュの続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2016_02_27

          


01  « 2016_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop