プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―1株の葉の枚数は?―


残っていた2株のはやどりチンゲン菜を収穫しました。


20200125はやどり青梗菜収穫
(前回の記事はコチラ


ぶっとく育ってくれたので、直ぐに収穫してしまうのが勿体なくて、なかなか手を出せず(笑)


いつまでも残しておいても外側の葉から黄色くなってしまうので、ここらでジョキっと収穫することにしました


一株がずっしりと重くて瑞々しいです。


20200125はやどり青梗菜株元


上から見ると、葉が放射状に何枚も出ていてきれいです。


20200125はやどり青梗菜上から


お尻はこんな感じ。


20200125はやどり青梗菜お尻


お尻の大きさは”はやどり”ではない普通のチンゲン菜とあまり変わらない気がします。”はやどりタイプ”は草丈が低いだけかも知れないですね。


早速、一株の葉の枚数を数えてみました。


20200125はやどり青梗菜葉数


一株当たり、大体20枚くらいですね。


最後の芯の部分には、花芽ができていました。


20200125はやどり青梗菜花芽


見えないところでトウ立ちの準備をしていたようです。 今とても寒いですが、この寒さが明ければ春がすぐそこに来ていることを分かっているんですね。エライもんですね。


せっかく花芽をつけたのにね。全部味わって食べるから許してね。


ということで、美味しい渋みと風味、とろける旨さのチンゲン菜をいただきました♪


20200125はやどり青梗菜和え物
(梅とレモンで胡麻醤油和え)


はやどり青梗菜と厚揚げ大根の炒め煮
(厚揚げと大根と甘煮)


はやどり青梗菜のキムチ鍋
(チゲ鍋)


厚い茎に熱い汁が染み込んで、じゅわ~ととろけます。


―撤収が楽過ぎる―


撤収は洗わなくていい改良容器なので、非常に楽でした。


20200125はやどり青梗菜収穫後1


お皿ラックを外して。一容器に3株定植していたので、根っこも3株分。


20200125はやどり青梗菜収穫後2


袋ごと外して、中の養液を捨てるだけ。あとはゴミ箱へ。


20200125はやどり青梗菜収穫後3


残ったのは、ごみ袋にかましていたゴムバンドと遮光シート。きれいなもんです。このまま、また使い回しです。


20200125はやどり青梗菜収穫後4


洗い物はお皿ラックだけ。撤収作業はあっという間に終わりました。楽ちん過ぎです。。


2019年12月15日に種まきをしたチンゲン菜がゆっくり育っています。


20200126青梗菜
(2019/12/15種まき)


朝晩の窓辺は5度前後かな。


大寒の寒さの中でも枯れずに育っているのを見ると、何がなんでも花をつけて種を残そうとする生命力を感じます。


あまり急がず、しっかり育ってからトウ立ちしてくれるとありがたいのでね、そこのところだけお願いしますよ~^^



 2020_01_26




―残り2株―


”はやどりタイプ”のチンゲン菜ですが、放っておいたら、どのくらいの大きさまで育つんでしょうね。


随分大きくなりました。


20200102はやどりチンゲン菜
(1/2)(10/15種まき)(前回の記事はコチラ


20200105はやどりチンゲン菜
(1/5)


冬は生長に時間がかかりますが、徒長せずにどっしりと育ってくれるので安心です。味も渋みがあって美味しいです。


20200105はやどりチンゲン菜収穫

20200108はやどりチンゲン菜収穫

はやどりチンゲン菜収穫

202001はやどりチンゲン菜収穫


こんな感じで次々収穫していきました。


味噌らーめんに。収獲したサラダみずなも。


はやどりチンゲン菜味噌らーめん


お節の残り野菜で中華風の黒酢炒り鳥。


はやどりチンゲン菜の中華風黒酢炒り鶏


エビチリにも。収獲したサニーレタスも一緒に。瑞々しいです。


サニーレタスとはやどりチンゲン菜とエビチリ


残り2株になってしまいましたよ。


20200113はやどりチンゲン菜


草丈は14センチ程度ですね。長く育てても草丈に変化はないですが、葉数が増えて胴回りが少し太くなっています。


重みもあってしっかりしているので、小ささや物足りなさは感じないです。窓辺栽培に良いサイズだと思います。


12/15に種まきした苗が、今は育苗容器でゆっくり育っています。


20200113チンゲン菜苗
(12/15種まき)


今年の大寒1/20。期間は1/20から2/3のようです。大寒が明ければいよいよ春がやってきますね。


本格的なトウ立ちと種まきシーズンになりますが、今年は何を植えようかなぁ。


まだ何も決めていないですが、とりあえずピーマンレジナあたり、蒔いておこうかな。


続きはコチラ



 2020_01_13




―寒い窓辺でゆっくり生長―


10/15に種まきをした”はやどりチンゲン菜”。種袋の生育日数の倍以上の時間をかけて、ようやく収穫できそうです。


20191221はやどりチンゲン菜1
(12/21)(種まきから67日目)(前回の記事はコチラ


全部で13株。9月に栽培した徒長株とは違い、株元がぷっくり膨らんでいます。


20191221はやどりチンゲン菜3


一容器に3株ずつ。丁度いい感じです。


20191221はやどりチンゲン菜4


だいぶ時間がかかりましたねぇ。


20191221はやどりチンゲン菜5


草丈は13~14センチくらいです。


20191221はやどりチンゲン菜6


4株定植した容器は別の場所に置いていましたが、他の3容器より日差しが届きにくかったようで、小ぶりになりました。


20191221はやどりチンゲン菜7


今日はこの小ぶりちゃんを収穫して、晩御飯のおかずにすることにしました。


20191221はやどりチンゲン菜8
(種まきから67日目)


10センチ弱ですね。


20191221はやどりチンゲン菜9



徒長株も徒長していない株も味に変わりはありませんが、徒長していない株は葉肉が厚く、内側に葉が詰まって重みがあります。


豚肉と蓮根とひじきとマヨ炒めに。


はやどりチンゲン菜と蓮根のマヨ炒め


残り9株。時間をかけて育ってきたので、少しずつ大事にいただこうと思います。


続きはコチラ




 2019_12_21



01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
 

 



pagetop