プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―ブラッディタイガーの種、入手―


今年は赤玉以外のミニトマトを栽培したくて、まずグラッセオレンジの栽培を始めました。


それだけでは色的に物足りないと、色がしまる暗色系のミニトマトも欲しくなり探しました。


よくレストランで食べるような、そんなに甘くはないけれど歯ごたえ抜群で珍しい色のミニトマト。


これではないと思いますが、そんなようなミニトマトを見つけました。


その名は、ブラッディタイガー。訳して”血まみれのトラ”


ブラッディタイガー 種袋表


一応食べ物なので、そういうおどろおどろしい名づけはやめてくれませんかね(笑)食欲が減退しそうになるから(笑)


イタリアの天才ブリーダーなるマロウさんという方が作った品種のようで、べらぼうに価格が高い種でございやす。


ブラッディタイガー 種袋裏


高リコピン高糖度で、クリスピーな新食感。


そうそう、レストランで食べたクリスピーな食感というのを想像しております。


”血まみれの虎”の意味は、「野生の虎がリコピンシャワーを浴びたようなビジュアルから」だそうで。


「CHANGE THE TOMATO'S WORLD!」って書いてありますし、もういろいろと気合を感じます。


とにもかくにも”リコピン・モンスター。”ということで、リコピンがとっても多く含まれているミニトマトだということがよく分かりました。


いいですね。リコピンは人類の味方ですからね。どんどん摂取したいですね。


この珍種。たった8粒しか入っていません。


グラッセオレンジのたったの20粒を経験して、ちょっと財布の紐が緩くなってしまったのか、糸が切れてしまったのか。。


一度一線を越えたら感覚がマヒしてしまったといいますかね。


ブラッディタイガー


こんな風に、小さなポリ袋に入っていました。嬉しいことに、2粒おまけしてくれて10粒ありますよ^^


これは間違いではなくて、ネット注文時に口コミ欄にそんな嬉しいおまけがあることが書いてありました。


ブラッディタイガー種8→10粒


間違いなく10粒、受け取りましたよ。これからは私次第。私の栽培次第ですね。。(汗)


値段は792円。送料110円。合計902円。


サービスのおまけが無かったとして、8粒902円。


一粒100円超え…(°_°)


発芽しなかったら、どうするんですか? …どうにかしてさせるしか無いですよね。ね。


種袋にいろいろ大事なことが書いてありますが、全ては発芽してからですからね。


―ブラッディタイガー、種まき―


湿らせたキッチンペーパーに2粒、催芽蒔き。


20200220ブラッディタイガー種まき
(2/20)


一日目は給水させるべく、布団掛け。


20200220ブラッディタイガー種まき1


タッパーの蓋をして、遮光のためにチラシを巻いています。寒い日が続いたので湯たんぽで温めました。


20200220ブラッディタイガー種まき2


酸素呼吸できるように、翌日からは被せた布団を外し、湯たんぽで温めは続行。


種まきから2日。発根しました。早いっ!


20200222ブラッディタイガー発根


それにしても、ビビりながら2粒しか蒔いていません(笑)高級種ですから、いくつも蒔けない貧乏性です。。


翌日、発根した2粒の種をバーミキュライトに播種しました。


20200223ブラッディタイガー播種1
(2/23)


それから8日。ゆっくり育っています。草姿は普通のミニトマトの幼苗と変わらないです。


20200301ブラッディタイガー
(3/1)


根が伸び、本葉が大きくなってきたら、育苗容器に移そうと思います。


ところで、グラッセオレンジはどうなりました?



―グラッセオレンジのその後―


種を蒔いて5日目に一粒が発根したところでした。
グラッセオレンジの種まき


20200218グラッセオレンジ夜1


あれから無事に3粒全てが発根し、バーミキュライトに播種しました。良かった良かった。


20200219朝グラッセオレンジ全部発根


そして種まきから17日経った今日。


2020030グラッセオレンジ


カモメですか?と思うほどきれいに羽を広げたままフリーズしています。本葉が小さく見えてきました。


矮性のままたくさんの実をつける覚悟を持ったレジナに比べると細い茎です。こちらはレジナ。小さくても太い茎です。強さを感じます。


20200301レジナ1


ミニトマトは強いので、弱ってもまた脇芽を出して再生していきます。


でもやっぱり、その実を頂戴していただくためには、それなりの誠意を持って世話をしたいですね。ただ採って食べるだけじゃ、ミニトマトに申し訳ないですからね。


たくさん面倒見てくれたから、美味しい実を食べさせてあげようと思ってくれたらね。


昨年の夏に種を蒔いたミニトマト。最後の収穫をし、容器は撤収しました。ありがとね。


20200301ミニトマト収穫


いよいよ2020年栽培の始まり。今年は赤にオレンジに、血まみれ…えぇ、赤と緑が入り混じった、高リコピンのクリスピーミニトマト。


頑張って実り多い窓辺にしたいと思います。



 2020_03_01




―初めてのF1ミニトマト栽培―


今年は赤玉以外のミニトマトを育ててみたいと思っていまして、スーパーで変わった色のミニトマトを購入して、その実から種を採取して、いつものようにF2栽培をしようと思っていたんです。


黄色とかはね、普通に見かけるので、外食で食べるようなオレンジ色とかブラック色のミニトマトを探していたんです。


結構探したんですが、近所のスーパーにはありませんでした。


そこでネットでいろいろ探してこれにしよう!とポチッた一つがこのミニトマトでした。



グラッセオレンジ



グラッセオレンジ種袋表


「美味しさ重視で選ぶなら!」と敢えて書き。これに惹かれました。色もオレンジで、美味しそうで。


グラッセオレンジ種袋裏


甘さとコクの中に少しの酸味もあるそうです。今が種まき時期ですね。


発芽温度は約25℃を保つ。収穫は完熟ですると。発芽率は80%以上でまぁまぁか。


種の数量は…


20粒!!!!!!



いやいや、購入する時に分かっていたから^^;  なので、ポチる時に物凄く迷いました(笑)


種一袋、500円也。送料100円也。かかった費用は消費税込みで650円也


高杉くんでしょう…?一粒あたり、32.5円。


こんな感じに種袋の中に、20粒の種が入ったチャック袋が入っていました。


グラッセオレンジ種20粒


高級食材の種です。。。騒ぎ過ぎ^^;


グラッセオレンジ種1


今までも、300~400円位の種は何度か購入してきましたが、内容量20粒っていうのは無かったですね。


昨年育てた早生枝豆も結構種の量が少なかったですが、ダイソーで50円(2袋で100円税抜)なので、単価が違いますよね。


この間みたいに、レジナの種が一粒どこかに飛んでいった…今までそこにあったのにどこに消えたのよ…なんて寝言は許されないわけです(笑)


食べたさが勝って買ってしまいましたから、これからどうにかして栽培を成功させて収穫して、その味を堪能してあげなくちゃ今年を終われませんよ。(まだ今年は始まったばっかりです…)


というわけで、まだ記事に書いていませんでしたが、追加で蒔かなくても良かったレジナが無事に全部発根したことですし…^^;


20200217レジナ追加蒔き分4粒
(2/7蒔きレジナ・2/15~発根開始・2/17、全部発根)


幸先が良いので、グラッセオレンジの栽培も始めることにしました。


2/13 濡らしたキッチンペーパーに催芽蒔き。3粒。


20200213グラッセオレンジ種まき


種の表面が乾かないように、初日だけティッシュペーパーで覆いました。


20200213グラッセオレンジ種まき2


2日目以降は呼吸しやすいようにティッシュペーパーは取り除きました。


蓋をして、光を嫌う嫌光性種子なので、チラシでくるんで窓辺に設置。


20200213グラッセオレンジ種まき3


2/16 種まきから3日。 変化なし。


20200216グラッセオレンジ2
(種まきから3日目)


昨晩からまた寒くなってきましたので、今朝から保温対策をしてあげることにしました。


―手作り保温機―


発芽には20~25℃くらいの温度が必要なんですよね。何もしなくてもレジナは発芽してくれたので大丈夫かとは思うんですが、念の為。(20粒しかない…が頭の中をグルグル)


最近使わなくなっていた、我が家の湯たんぽ


保温対策1


お湯を満タンに入れて、袋(毛糸の靴下)に入れて…


保温対策2


ゴミ箱に入れて…


保温対策3


直だと熱いのでタオルを重ねて…


保温対策4


その上に種を蒔いたタッパーを置いて…


保温対策5


上からタオルをかけてあげました。朝7時半頃、これを窓辺に設置して出勤。


保温対策6


帰宅したのは19時過ぎ。12時間近く経っていましたが、触るとまだほんのり温かさが残っていました。


熱くなかったかな…(汗)


不安になって容器を開けてみたら…


20200218グラッセオレンジ夜1


一粒、発根していました!


恐るべし、湯たんぽ。。


種が新しいというのもあると思いますが、寒さがぶり返してきたので、こんなに早く発根するとは思いませんでした。


今夜も冷えるので、また湯たんぽのお湯を温めなおして保温して寝ることにしました。


あと2粒もこの調子で発根しますように!


ミニトマトでは初めてF1品種の種を購入しました。


F2の実は普通に美味しいですし、F1だからといって、F2と比べてとても栽培しやすいなんてことは無いんだろうと思います。


病気に抵抗性があったり、一代限りで受け継ぐ良さを、少しでも自分で育てて味わいたいと思います。



 2020_02_18



03  « 2020_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
 

 



pagetop