プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―7月は室温40℃超え―


東京が梅雨明けしたのは6月初め。そこから一気に気温が急上昇。
(前回の記事はコチラ


花は咲くも暑すぎて花粉がダメになり、着果せずに花や蕾が次々に落下。


辛うじて着果したもの。


20180721早生ピーマン3
(7/21)


5個収穫


20180721早生ピーマン5個収穫
(7/21)


7個収穫


20180809早生ピーマン7個収穫
(8/9)


実がなかなか大きくならず、しばらく放っておいたら、お尻が若干赤くなっていました。


20180809早生ピーマンお尻が赤い


その後も新たに着果せず、生っている実が膨らむだけ。


20180811早生ピーマン
(8/11)


20180811早生ピーマン1
(8/11)


これが最後の収穫


20180811早生ピーマン4個収穫
(8/11)


ピーマンとししとうの焼うどん
(収穫したピーマンししとうで焼うどん)


その後も次々と花が絶え間なく咲き、草丈がどんどん伸びるも着果せずにたくさんの花が落ちる日々。


それでも養液はどんどん減っていくので補充だけは日々欠かさず(汗)


9月になり、秋野菜の容器を確保するため、早生ピーマンは撤収しました。


室温が40℃を超える前の6月頃までは次々と実が生りましたが、その後は酷い暑さに堪えかねたようです。


撤収せずに残して置いたししとうは、気温が下がり始めた9月後半に着果し始めました。


早生ピーマンも撤収せずに残していたら、実が生り始めたかも知れません。


一株だけでも残しておけば良かったなぁ。


スーパーでは夏の間、例年より高値だったピーマン


冷夏であれば夏の間を通して室内でもたくさん収穫できるのではないかと思いました。


梅雨明けした6月初めから9月初めまで。


酷い暑さに見舞われ、バテバテになった長い夏でした。


 2018_08_11




―猛暑続き、熱帯夜続き―


もう早く秋が来て欲しい~!毎日朝から汗だく。夜は眠れず身体はグダグダ。


夜帰宅すると、家の中は呼吸するのも苦しい蒸し風呂サウナ状態


それは毎年のことですが、今年は6月後半から既にこんな状態。8月が末恐ろしい。。


蝉も昨日から鳴き始めて、さらに暑い。


無風と極暑の窓辺で堪えている我が家の野菜たち。よく頑張った!と毎日誉めずにはいられません。


7株のピーマンたち。草丈は高いもので60センチになりました。


20180715早生ピーマン1
(前回の記事はコチラ


―収穫は1日1個ペース―


7/3 一個収穫


20180703早生ピーマン1-1


ししとうと。


20180703早生ピーマン1個ししとう1本収穫
(7/3)


7/5 3株目の第1果収穫


20180705早生ピーマン3株目第1果収穫1-11


7/5 4株目の第1果収穫


20180705早生ピーマン4株目第1果収穫2-22


7/5 5株目の第1果収穫


20180705早生ピーマン5株目第1果収穫3-33


7/5 もう一つ収穫して…


20180705早生ピーマン収穫4-44


7/5は合計4個


20180705早生ピーマン4個収穫


ハリツヤがあって、生き生きとしています。


20180705早生ピーマンへた


その翌々日(7/7)。 この実と…


20180707早生ピーマン収穫1-1


こちらと…


20180707早生ピーマン収穫2-1


そしてこちらの実も。ちなみにこの実は、6/22に初収穫した際、隣に並んで着果していた一番果。


20180707早生ピーマン収穫3-1一株目の二つ目の一番果 開花は0609


そうそう、これこれ。ずっと肥大せずにET状態でした。


20180618隣の肥大しない一番果-1
(6/18)


この実の上に着果した2番果はとっくに収穫。このまま膨らまずに落下すると思っていました。


開花(6/9)から1ヵ月。時間をかけて無事に大きくなってくれました。


ということで、7/7は3つ収穫


20180707早生ピーマン3個収穫


翌日(7/8)も。


20180708早生ピーマン1



1個収穫 6~7センチの大きさになった実を収穫しています。


20180708早生ピーマン1個収穫


大体、1日に1個のペース


大事に使っています。


ピーマンと春雨のサラダパン
(春雨と生ピーマンでサラダパン)


7/11の収穫。


20180711早生ピーマン収穫-1


1個


20180711早生ピーマン収穫1


7/13の収穫。


20180713早生ピーマン収穫-1


1個


20180713早生ピーマン収穫1


使ってもまた冷蔵庫に貯まっていくピーマン。嬉しいねぇ♪


冷蔵庫の野菜室の早生ピーマン


暑いから、冷やしてサッパリとね。


ピーマンと豆腐のごまドレサラダ
(豆腐と生ピーマンのごまドレサラダ)


今年はスーパーで売られているピーマンの値段が高く感じるのは気のせいかな?


この時期は一袋60円~70円台で安い安い♪と、毎年たくさん購入していましたが、今は120~130円台。


栽培していて良かった。


少し葉が内向きに巻いてきました。肥料過多の症状だと思われるので、養液ではなく、一旦を補充することにしました。


20180715早生ピーマン2


症状がおさまってきたら、また養液を補充しようと思います。


鶏肉とピーマンのハニーマスタード炒め
(鶏肉とハニーマスタード炒め)


初栽培でも難なく収穫に至れました。これも窓辺の日光とハイポニカのおかげですね。


まだまだ収穫は続きそうです。


20180715早生ピーマン3
(7/15)


続きはコチラ



 2018_07_15




6/22の初収穫から5日


20180627ピーマン1株目2番果
(6/27)


同じ株の2番果が育ってきました。


先週、短花柱花が複数出ていた、この株。その翌日、翌々日と短花柱花は次々に軸ごと落ち、他の小さな蕾たちもポロポロと落下。


あららと落ちた花や蕾に気を取られている間に、この実が大きくなっていました。


その後、新たに開花した花は全て長花柱花に。


短花柱花、長花柱花って?こちらの記事へ


500倍希釈の養液に交換したことも良かったとは思いますが、ピーマン自身が必要以上に実がつかないように、体力に合わせて自ら選りすぐってくれている気がします。


同時に育ってきた2株目の一番果


20180627ピーマン2株目1番果-1
(6/27)


この2つの実を収穫 左の2本はししとう


20180627ピーマン2ししとう2収穫


何角形なのか、ちょっと曖昧な感じ。


20180627ピーマン22ししとう収穫1


ぐったり疲れて、晩御飯を作る気力が無い時。考える気さえ起らない時の我が家の大助かりな定番メニューの一つ。


ピーマン丼。


その時に冷蔵庫や冷凍庫にある野菜や肉をオイスターソース他で炒めて、卵を絡めてご飯に乗せるだけ。


主役のピーマンが自家栽培なんてね。。


ピーマン丼


もう大助かりどころか、ひたすらありがたい。お世話になってきたスーパーのピーマン。暫くの間、さようならだね。


日差しをたっぷり浴びている窓辺のピーマンたち。


20180701ピーマン3


また育ってきたので収穫しました


20180701ピーマンa
(7/1)


ピーマンは一番左。他はししとう


20180701ピーマンとししとう収穫


そこかしこに実が生ってきました。


20180701ピーマン1


初めてのピーマン栽培。


20180701ピーマン2
(3/13と3/22種まき)


このまま病気にならずに、収穫が長く続きますように!


続きはコチラ



 2018_07_01



01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
 

 



pagetop