プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






6/20朝 実が柔らかくなってきたC株の第一果房。


20170620ミニトマトC株第一果房
(3/14種まき・種まきから99日目)(前回の記事はコチラ


実をつまんで上に上げると、ヘタを果柄に残し、実だけが取れました。


20170620ミニトマトC株収穫後


3つ収穫。果柄に残ったヘタは、病気予防のため取り去っておきました。


20170620朝ミニトマトC株第一果房から3個収穫


その味は、皮が柔らかく酸味が抑えられ、うまみがあって美味しい


”赤く色づき、そこから更に数日。つまんだ時に柔らかく、弱い力でもげるようになった時”が、より美味しく感じる好みの頃合いのようです。


ただ、まだそんな頃合いではないのに、茎が揺れるとやたらプルプルと揺れる固い実を発見。


その実のお尻を触ると、簡単にポロッと取れてしまいました。


20170620ミニトマトA株プラプラの一つ


ここからポロっと。


20170620ミニトマトA株プラプラの一個取れる1


そのまま置いて追熟させることに。一日経った今日。ヘタが萎れて実がオレンジ色に変わってきました。


20170621ミニトマト取れた一個追熟中


6/14に種まきしたミニトマト。一週間が経ち、そろそろ本葉が出てきそうです。


20170621ミニトマト
(6/14種まき・種まきから8日)


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_06_21

          



―その味は―


前回の記事から3日目の朝。


6/13 ヘタの際まで赤くなってきた2粒。


20170613ミニトマトA株1
(6/13・種まきから92日目)(A株の第一果房)


その夜、早速収穫することに。


実を横に捻りながらつまみ上げると、矢印のところ(離層)で簡単にポキッと折れるんだそうです。


20170613朝ミニトマト2


毎朝、出勤前に手分けして人工授粉をしてきた主人と、第一果と第二果を「せーの!」で収穫。


簡単にポキッと取れました。


20170613ミニトマト二番果収穫後1


実を潰さないかとヒヤヒヤしましたが、難なく収穫できました。


真っ赤な一番果(右)と、真っ赤より一歩手前の二番果(左)


20170613ミニトマト一番果二番果
(6/13・種まきから92日目:初収穫)


一番果は直径約3センチ。


20170613一番果30ミリ


二番果は直径約2.8センチ。


20170613ミニトマト二番果28ミリ


半分にカットした断面は…


美味しそうな一番果の断面。


20170613ミニトマト一番果断面
(一番果断面)


いかにもまだ熟していない、薄い感じの二番果の断面。そして、ちょっと固めの切り心地。


20170613ミニトマト二番果断面
(二番果断面)


そのまま食べてみると…


一番果…ちょっと酸っぱい


固めの二番果はもっと酸っぱいんじゃないかと覚悟して…


二番果…そうね、皮は少し固いけど、あれ?口の中に残らない。あっという間に無くなって、酸っぱくなく食べやすい


二人で拍子抜けしたものの、二番果の方が美味しかったというのが共通した感想でした。


味は見かけによらないようです。共に、もう少しうまみ成分が欲しいと感じる味でした。


ヘタの際まで赤くなってはいたものの、収穫は少し早かった印象。


完熟すると、実を持ち上げただけでヘタを花柄に残して簡単に実だけが取れるそうです。


せっかく3ヵ月栽培してきたのですから、じっくりと時間をかけて、完熟した美味しいミニトマトを収穫したいと思います。


6/17 よく晴れた昨日。他の実も色づいてきました。


20170617ミニトマトA第一果房
(A株の第一果房)


20170617ミニトマトC第一果房
(C株の第一果房)


着果から色の変化が全く無く、マットなマスカットのような色のB株の実も…


20170617ミニトマトB第一果房
(B株の第一果房)


色づいてきましたね。一体どんな味がするのか、楽しみです。


6/18 今日はシトシトと梅雨の雨。光合成もお休みでしょうか。


20170618ミニトマト1
(種まきから97日目)


摘心したC株の第三花房が、根出しした瓶を宿にして実をつけました。


20170617ミニトマト摘心した第三花房


脇芽たちは根出し後、深底水耕栽培容器に寄せ植え。


20170618ミニトマト脇芽


こちらも花を咲かせて、小ぶりな実をつけ始めました。


20170618ミニトマト脇芽1


室内の限りある窓辺ですが、扱い易いように草丈低めに摘心しながら栽培しています。


益々楽しくなってきた、ミニトマト栽培。


6/14 また5粒をキッチンペーパーに催芽蒔きしました。


20170614ミニトマト催芽蒔き
(スーパーのミニトマトから3/1に採種。乾燥後、冷蔵保存していた種)


6/17 気温が高いので、二日で発根。バーミキュライトに播種


20170617ミニトマト発根2日目


6/18 発芽しました。


20170618ミニトマト発芽


天気はずっと雨曇りの予報。早くも徒長しそうな予感です。


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_06_18

          



―じわじわと黄色に―


室内窓辺で栽培中のミニトマト3株。


20170610ミニトマト1-1
(種まきから89日目)(前回の記事はコチラ


5/10の開花から約1ヵ月が経過しました。


最初に開花したA株の第一果房。昨日(6/9)から色づき始めました。


20170610ミニトマト2-3
(6/10の様子)(Aの第一果房)


20170610ミニトマト3
Aの第二果房)


20170610ミニトマト4
Aの第三果房)


C株 こちらも間もなく、変化がありそうです。


20170610ミニトマト5
Cの第一果房)


20170610ミニトマト6
Cの第二果房)


そして、着果から今に至るまで、実が白いままのB株


20170610ミニトマト7
Bの第一果房)


実は大きくなってきましたが、緑熟する気配は全く無し。


20170610ミニトマト8
Bの第二果房)


高温に当たったことによる早期白熟果なのか、はたまたF2種(スーパーで売られている交配種のトマト(F1種)から種を採種して育てた二代目)だからか、トマトの気まぐれなのか、さっぱり分からず。


もうその味が気になるばかりです。


―種まきから、そろそろ3ヵ月―


芯止まりしたA株以外、第二果房までを残して摘心


丈は3株共に70センチ程度。フラつかず、扱い易くなりました。


ガクの先が枯れてきました。


20170610ミニトマトガク先枯1
(種まきから89日目)


葉にも少々疲れが見えてきました。


20170610ミニトマト葉枯
(種まきから89日目)


室内の風通しが悪い環境で、”よくここまで育ってくれました!凄い!”としきりに褒めています^^


―翌日(6/11)―


黄色だった実が、じわじわと赤色に。変化が早いです。2番目に着果した実も、着色が始まりました。


20170611ミニトマト


ヘタの際まで真っ赤になった頃、ドキドキの初収穫をする予定です^^


6/12夜 ヘタの際まで赤くなってきました。もいでしまうのが惜しくて、そのままにしておきたい気持ちと食べてみたい気持ちが交錯中(笑) 決断の時が迫ってきました。


20170612夜 ミニトマト
(種まきから91日)


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_06_10

          


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop