プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―種まきから61日目―


8/1の種まきから61日が経ち、茎がだいぶ伸びてきました。


20170930スティックセニョール
(8/1種まき)(種まきから61日目)(前回の記事はコチラ


草丈は約40センチ。春栽培の同時期と比べ、約1.5倍の高さです。


葉の大きさは、長さ12センチ×幅11センチ程度


フラフラしてきたので、ビニールひもで誘引


20170930スティックセニョール2-1


ひもの先はどこに固定されているのかというと…


20170930スティックセニョール誘引1


カゴの側面にセロハンテープで貼り付けています。


徐々に主茎に太さがでてきました。


20170930スティックセニョール4
(種まきから61日目)


そして、11枚目の本葉が育ってきたところです。


20170930スティックセニョール5-1
(種まきから61日目)


”11枚目の本葉”といえば…


春栽培では、11枚目から14枚目の本葉に覆われて、頂花蕾が出てきました。


種まきから71日目頃のことでした。


春栽培とは少し様子が違いますが、再来週あたりでしょうか。


また楽しみが近づいてきました。


―種まきから69日目―


10/8 2株揃って草丈45センチ


20171008スティックセニョール1
(8/1種まき)(種まきから69日目)


茎回りは約4センチ。


20171008スティックセニョール2-1
(8/1種まき)(種まきから69日目)


13枚目の本葉が育ってきたところ。


20171008スティックセニョール3-2
(8/1種まき)(種まきから69日目)


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_09_30

          



―すっかり苗らしく―


8/1に種まきをした、スティックセニョール
(前回の記事はコチラ


節間が空いて徒長気味でしたが、それなりに育ってきました。


現在、草丈は12センチ


20170910スティックセニョール2
(8/1種まき)(種まきから41日目)


6枚目の本葉が出たところです。


20170910スティックセニョール本葉6枚目1


葉の大きさは、7.5センチ×6.5センチ程度。


20170910スティックセニョール本葉3枚目1
(本葉3枚目)


春栽培と同様に、鯉のおヒゲのような、本葉3枚目からの葉形の変化も見られます。


―水耕栽培容器に定植―


今回は2株とも、深底水耕栽培容器定植


20170910スティックセニョール定植
(種まきから41日目)


9/16 草丈は19.5センチ


20170916スティックセニョール1
(種まきから47日目)


7枚目の本葉が開いたところです。


20170916スティックセニョール2-1
(種まきから47日目)


小さく8枚目の本葉も見えています。


20170916スティックセニョール3-1
(種まきから47日目)


9/24 草丈は共に約30センチ


20170924スティックセニョール1
(種まきから55日目)


主茎はまだ細くひょろっとしています。9枚目の本葉が開いてきました。


20170924スティックセニョール2-1
(種まきから55日目)


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_09_10

          



―夏栽培、開始―


春栽培では、全体的に茎が細かった印象のスティックセニョール
(春栽培の記事はコチラ


夏まき秋冬収穫では、春栽培より太く育って欲しいと、春栽培との比較も兼ねての栽培です。


スティックセニョール種袋表1


”まきどき”7月~8月。ちょうど今頃ですね。


7/31 種を一晩浸水。
8/1 バーミキュライトに、2粒種まき。


20170801スティックセニョール種まき
(8/1種まき)


蒔いた種はたった2粒!


今から蒔くと、頂花蕾の収穫は、おそらく11月初旬頃。その後、側花蕾の収穫が始まります。


その時期は、一年でもっとも栽培種が多い時期。チマサンチュ等のサラダ野菜を始め、葉物野菜をたくさん栽培収穫している時期でもあります。


スティックセニョールはそれらの野菜に比べて、収穫量が多くない野菜。


今回は春栽培との比較実験栽培なので、2粒だけに留め、秋栽培の容器と場所に影響が出ない程度に栽培することにしました。


―順調に発芽―


8/5 なるべく徒長を防ぐため、水は控えめです。発芽率は100%でした。


20170805スティックセニョール
(種まきから5日目)


春栽培同様、本葉が出たら浅底水耕栽培容器で育苗を開始します。
(春栽培の育苗の様子はコチラへ)


8/11 浅底水耕栽培容器育苗開始。ハイポニカは500倍。


20170811スティックセニョール育苗開始
(種まきから11日目)


本葉が5~6枚に育ったところで、深底水耕栽培容器に定植する予定です。


8/13 アスパラ菜よりも3日早く種を蒔きましたが、本葉1枚分、遅れをとっています。


20170813スティックセニョール13日目
(種まきから13日目)


8/19 2枚目の本葉が出てきました。


20170819スティックセニョール
(種まきから19日目)


8/20 調子は良さそうです。


20170820スティックセニョール
(種まきから20日目)


8/27 葉茎が長め。徒長しつつ育っているので、春栽培の同時期の姿とはかなり違いますね。


20170827スティックセニョール
(種まきから27日目)


9/3 5枚目の本葉が小さく見えてきたところ。


20170903スティックセニョール
(種まきから34日目)


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_08_05

          


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop