プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―収穫は、あと半月ほど―


現在の茎ブロッコリーの様子です。


20170617茎ブロッコリー
(2/4種まき・種まきから134日目)(前回の記事はコチラ


草丈は、側花蕾を初収穫(5/7)した頃から変わらず、


深底水耕栽培容器の2株約40センチ
浅底水耕栽培容器の2株約30センチ


と、10センチの違いがあるままです。


容器から出て日を浴びようと、深底容器の株の節間が伸びたことで、草丈に違いが出たのではないかと思います。


ただ、草丈は違えど、収穫量や茎の太さは変わりなく


どちらの容器の中でも、根が畳の厚さほどにギッシリと詰まっていたので、周囲3センチ幅でザクザクと根切りしました


根が多く、茎葉が横に広がる茎ブロッコリーは、一容器に一苗の定植が限度のようです。


6/13 前回の収穫から4日。4本収穫しました 花蕾が育つのを待っていると茎が固くなってしまうので、10~15センチまで伸びたら収穫することに。


20170613茎ブロッコリー4本収穫
(22、23、24、25本目)


もう、茎よりも葉の質量の方が多い気がします。


購入する度に育てている、再生豆苗。


20170613再生豆苗


与えているのは水だけですが、あっという間に根がボーボー。陽射しを浴びると再生が早いです。


再生豆苗根っこ


再生豆苗と茎ブロッコリーと一緒にソーセージ炒めに。


再生豆苗とスティックセニョールのベーコン炒め


次々と側花蕾の芽が伸びてきています。


20170617茎ブロッコリー2-1
(これから収穫する側花蕾)


茎ブロッコリーは、あと半月ほどで収穫が終わりそうです。


6/20 4本収穫 もうだいぶ茎が細いです。


20170620スティックセニョール4本収穫
(26、27、28、29本目)


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_06_17

          



―控えめな収穫体験中―


20170528茎ブロッコリー
(種まきから114日目)


側花蕾の初収穫から20日。


これまでに4株から側花蕾15本収穫してきました。


20170525スティックセニョール収穫
(5/25・2本収穫=14、15本目)


摘心した頂花蕾の茎を中心にして、側花蕾の出現は下へと下がっていきます


20170528茎ブロッコリー深底1-1
(深底水耕栽培容器)


葉の付け根から出てくるので、下に葉が無くなると収穫も終わりです。


20170528茎ブロッコリー浅底1
(浅底水耕栽培容器)


それにしても花蕾が小さい。


20170521茎ブロッコリー花蕾小


待っていると、ちょっと大きくなり…


20170521茎ブロッコリー花蕾中


茎の長さが20センチ弱になると、ようやくこのくらい。


20170525スティックセニョール花蕾
(2本)


こんな感じで、4~5日に1~3本を収穫するペース。。


それだけでは心許ないので、食べずに水を入れた瓶に挿しておきます。3本くらい貯まったところで料理に使う感じです。


手に握れない程の収穫を一度に味わってみたいのですが、たった4株では難しい。。


それには最低でも、10株程の栽培が必要かなぁと思います^^;


毎度少量なスティックセニョールは、いつもメインのおかずにはなれず、他の野菜と量増し要員に(笑)


この日も葉と一緒に細かく刻まれて、混ぜご飯の具になりました。


スティックセニョールと絹さやの混ぜご飯


コリコリとした食感で、「ここにいるよ~」と主張してくれます^^


また伸びてきた側花蕾が2本


20170528スティックセニョール側花蕾1


20170528スティックセニョール側花蕾2


一本ずつではなく、一度にニョキニョキニョキっと!たくさん生えてきてもいいんだよ~。


―その後―


5/30 3本収穫


20170530スティックセニョール収穫
(16、17、18本目)


6/4 2本収穫 長く太いです。


20170604スティックセニョール2本収穫
(19、20本目)


にら玉に。


スティックセニョールとにら玉


6/9 1本収穫 収穫もそろそろ折り返し。


20170609スティックセニョール1本収穫
(21本目)


待てども待てども、花蕾が開かず。。これだけ長いと、茎の下、三分の一は固くて食べられません。


20170609スティックセニョール花蕾無し


もう花蕾が生長するのを待つのは止めて、15センチ程度まで茎が伸びたら、花蕾が育っていなくても収穫した方が良さそうです。


葉と一緒にきんぴらに。


スティックセニョールと切干大根のきんぴら


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_05_28

          



―側花蕾、初収穫―


5/7 頂花蕾の収穫から13日。


20170507茎ブロッコリー1
(2/4種まき・種まきから93日目


側花蕾がびよ~~んと伸びてきました。


20170507茎ブロッコリー側花蕾3


種袋によると、側花蕾は長さ15センチ~20センチで収穫とのこと。


花蕾がだいぶゆるくなってきたので、ここで収穫することに


長さ約15センチのものを3本と…


20170507茎ブロッコリー側花蕾初収穫1
(5/7・種まきから93日目)


短めの約10センチのものを3本。


20170507茎ブロッコリー側花蕾初収穫2
(5/7・種まきから93日目)


合計6本。蕾が少な目の花蕾ですが、種まきから3ヵ月を経て、ようやく側花蕾の収穫に至りました。


そして、ずっと気になっていた脇芽


幼苗の頃に、2苗の双葉の付け根から出てきていました。
(「(続)茎ブロッコリーの水耕栽培 ―4―」)


20170507茎ブロッコリー脇芽1-1
(浅底水耕栽培容器)


20170507茎ブロッコリー脇芽2-1
(深底水耕栽培容器)


どちらの脇芽も、主茎のように太くはならず。


養分を摂ってしまうだけで収穫はできそうにないので、この脇芽は欠くことにしました。


次の栽培から、双葉から出た脇芽は早めに欠いておこうと思います。


ということで、脇芽もポキッ


20170507茎ブロッコリー脇芽かき
(脇芽)


この葉っぱ。前回の記事で初めて食して美味しかったので、量増しに使いました。


正月菜も一緒にたくさん収穫


20170507茎ブロッコリーと正月菜収穫


正月菜は約35センチ。スティックセニョールがやたらと短く見えますね。


鶏肉と梅塩炒めに


スティックセニョールと正月菜の梅塩炒め


味が濃く、噛む毎に甘みを感じます。


もっとたくさん食べたいですが、一度に収穫できるのは数本。大事にゆっくり味わいました。


―その後―


5/11 3本収穫


20170511茎ブロッコリー収穫
(種まきから97日目)


5/13 1本収穫


20170513茎ブロッコリー1本収穫
(種まきから99日目)


5/16 2本収穫


20170516茎ブロッコリー2本収穫
(種まきから102日目)


5/21 1本収穫 ちょっと長めに。


20170521スティックセニョール収穫
(種まきから107日目)


―栽培中のスティックセニョールの種はこちら―

★送料90円メール便OK★【茎ブロッコリー】スティックセニョール(0.9ml)【サカタのタネ】春秋まき野菜種(922505)【RCP】



続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_05_10

          


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop