プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―順調に生長―


後蒔きの正月菜が生長してきました。


20171030正月菜
(10/30時点)(10/15種蒔き)(種まきから16日目)


20171101正月菜
(11/1時点、育苗中)(種まきから18日目)


12/2 ちょっと放置し過ぎました。


20171202正月菜後蒔き
(10/15蒔き7苗)(種まきから49日目)


ここから3苗を間引き。


20171202正月菜間引き


12/2 収穫中の8/16蒔きのうち、2株をそのまま容器に残し、空いたところへ10/15蒔きの4苗を定植


20171202正月菜後蒔き定植
(全部で6株)(前回の記事はコチラ


小松菜と合わせて少量ずつかきとり収穫中正月菜。これで収穫量が少し増えそうです。


20171105正月菜収穫
(正月菜収穫)


小松菜の価格が250~300円に上昇してきました。


正月菜の肉団子汁
(正月菜の肉団子汁)


知る人ぞ知る、窓辺の生産能力の高さ。これは使わにゃ損ですね。


―その後―


12/17 収穫。


20171217正月菜収穫


8/16蒔き(ピンクのスポンジ)と10/15蒔き(青のスポンジ)の根。太さが全然違いますね。


20171217正月菜根


―その後―


1/20 お正月のお雑煮に活躍した正月菜。今冬は少し生長が遅いように感じます。


20180120正月菜収穫


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_12_02

          



―少量正月菜、ちょびちょび使い―


かきとり収穫を始めて、2週間。
(前回の記事はコチラ


育苗した5苗のうち、ヒョロヒョロ徒長に育った2苗は前回間引き収穫済み。


残る3株は日照不足で再生遅し。葉は大きいですが、スッカスカの正月菜です。


20171022正月菜1
(8/16種まき)(種蒔きから70日目)


下葉から少しずつ収穫しています。


20171022正月菜2


この日もちょびっと収穫


20171022正月菜収穫


少ないので四季どり小松菜と合わせ使い。茎が長く、葉の形が細長い方が正月菜です。


20171022四季どり小松菜と正月菜1


肌寒い夜。鍋の季節がやってきましたね。


香ばしく焼いた、きりたんぽ。香りがたまりません。


厚めに切って、出汁が煮える鍋に投入。程良い頃、収穫した小松菜正月菜をふんわり乗せて、蒸気で火通し。


正月菜と小松菜のきりたんぽ鍋


湯気でレンズが曇りまくり、”早く食べさせて~!!”と格闘しながらやっと撮れた奇跡の一枚(笑)


今夜はあっつ熱のきりたんぽ鍋。出汁の旨味が五臓六腑に染み渡りました。。


―秋蒔き、第2陣―


10/15 正月菜の収穫量を増やすため、追加の種まきをしていました。


本葉が育ってきたら、浅底水耕栽培容器で育苗を開始します。


20171024後蒔き正月菜
(10/15朝、種浸水。同日夜、バーミキュライトに種まき)
(種まきから10日目)


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_10_24

          



―正月菜も早々に種まき―


秋の青菜価格の高騰に備えて、今年は早めの種まき。


四季どり小松菜と同時に、栽培を開始しました。


8/15 種を一晩浸水
8/16 朝、バーミキュライトに播種。蒔いたのは、昨秋にダイソーで購入した「正月菜」の種。


生き生きと大きく育ち、春には菜の花をたくさん収穫できます。かきとり後の再生が早く、とても重宝する青菜です。今秋もたっぷり栽培します。


20170816正月菜種まき


8/20 本葉が育ってきたら、小松菜と浅底水耕栽培容器で育苗を始めます。


20170820正月菜
(種まきから5日目)


8/24 本葉が育ってきました。


20170824正月菜
(種まきから9日目)


―育苗開始―


四季どり小松菜と一緒に、浅底水耕栽培容器で育苗開始。
(ハイポニカは500倍)


20170824四季どり小松菜と正月菜
(ピンクのスポンジが正月菜


8/27 少しずつ、ゆっくり育っています。


20170827四季どり小松菜と正月菜
(種まきから12日目)


9/10 8月の半ばに涼しくなって早々と種を蒔きましたが、その後に酷暑がぶり返し、生長が止まった状態でした。


種蒔きから26日目ですが、昨年と比べても、生長速度がとっても遅いです。


葉が重なってきたので、一緒に育苗していた小松菜は別の容器に移動。


20170910正月菜
(種まきから26日目)


苗は貧弱で徒長しています。窓辺の暑さが30℃を超えると、青菜はご機嫌斜めになりますね。


双葉と本葉を1~2枚、バキバキ折りながら、スポンジを巻き直して深植えしました。


―定植―


9/16 種まきから32日目昨年の同時期(種まきから34日目) には、収穫を始めていました。


20170916正月菜
(種まきから32日目)


今年はようやく定植


20170916正月菜定植1
(種まきから32日目)(深底水耕栽培容器に)


収穫まで、まだまだ時間がかかりそうです。


20170916正月菜定植2
(種まきから32日目)


9/24 まだまだ細いです。葉数が増えて茎が太くなってきたら、かきとり収穫を始めます。


20170924正月菜
(種まきから40日目)


―かきとり収穫開始―


10/9 茎が伸びて、正月菜らしい姿になってきました。


20171009正月菜1
(8/16種まき)(種まきから55日目)


かきとり収穫開始です。5株のうち徒長したままの2株は、株ごと引き抜くことにしました。


20171009正月菜収穫1


残った3株。ちょっと寂しいですが、このまま栽培とかきとり収穫を続けます。


20171009正月菜収穫後


涼しくなった8月半ば。喜び勇んで種まきをしました。その結果は…?


結論から言うと、”8月に涼しくなっても種まきは9月になってから!”がいいようです。


暑さがぶり返して生長が止まり、結局収穫まで時間がかかってしまいました。


来年は涼しくなっても焦らず、9月に蒔こうと思います。


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_08_20

          


01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

language choice

検索フォーム

おすすめの本

毎日の料理をもっと気楽に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop