プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






冬は特に恋しくなる春菊の香りと深い味。


生まれたばかりの脇芽にも花蕾がつくようになり、花を咲かすまいと、ちょくちょく収穫をしていました。


DSC05671.jpg
(10/7種まき/種まきから156日目)(前回の春菊の記事はコチラ


そろそろ撤収の時期。春菊も無くなってしまうのかと眺めつつ、次の定植を待つ”四季どり小松菜”や”サラダ水菜”の栽培容器と場所の確保のために、渋々別れを決めました。


撤収作業中、茎に小さな脇芽がたくさんついているのを見つけて、春なのに溜息混じり。。


昨年の初秋の頃。容器が余っている時に調子に乗って3容器と1PETに定植したパセリ。


20160306パセリ


そして予定に無かった小ねぎの再生栽培も始めていて、場所と容器は危機的状況に。


DSC05668.jpg


春菊との別れを惜しみながら、小ねぎとパセリの多収穫を願うのでありました。


同じように花を咲かすまいと収穫中のトウ立ちサラダ水菜。撤収に向けて毎日収穫していますが、有り難いことに再生が早くてなかなか減りません^^


DSC05670.jpg


一緒に収穫


DSC05673.jpg


春菊の最後は、真冬の寒さがぶり返した今日にふさわしい、熱々ピリ辛の味噌チゲ鍋に。


DSC05684.jpg


春菊の味が染み込んだスープも春菊の歯ごたえも最高です。βカロテンやミネラルが豊富な緑黄色野菜の春菊。まだ先の話ですが、9月になったら真っ先に種まきをしようと思います。


そして先週、お先に撤収を迎えた小松菜。冷蔵庫に残っていた株をとうとう食べ切ってしまいました。


しば漬けとサラダ水菜も加えて春のご飯に。


DSC05677.jpg


コリコリ食感がたまりません。家で収穫できる野菜たちのおかげで、いつもお腹が満腹です^^


無くなりかけていたハイポニカ。注文した翌日に届きました。購入する度に中身が何かしら変わっていたのですが、今回は何の変わり映えも無く。


DSC05676.jpg
ハイポニカ 【ハイポニカ液体肥料 500mlセット(A液・B液/各500ml)】


水耕栽培を始めた頃はまだ栽培量が少なく、一年に一度購入するだけでしたが、今は年に2度になりました。これで準備万端。あとは晴天の陽射しが待ち遠しいです^^


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2016_03_10

          



2/15、全株に花蕾がついていました。


DSC05210.jpg
(2/15頃の様子)(前回の中葉春菊の記事はコチラ


これをバッサリ摘心。


DSC05211.jpg


摘心後の現在は、脇芽が育ってきました。


DSC05368.jpg


あちこち出ています。


DSC05369-1.jpg


DSC05370-1.jpg


だからと言って、一度にたくさん収穫するわけでもなく、ちょっとずつちょっとずつ脇芽を頂戴。。


DSC05372.jpg


温かいご飯の上に乗せて、湯気に乗った香りを楽しんだり(´∀`)


DSC05215.jpg


もやしとサラダ水菜で量増しをしてサラダにしたり。


DSC05374.jpg


年末に水枯れさせてしまった一容器分の中葉春菊に思いを馳せながら、じっくり美味しくいただくのでありました(´ω`)



いつもより、ちょっと濃い目の養液で葉の色が改善



それにしてもきれいな春菊です。1月頃、一度葉の色が黄色くなったことがありました。いろいろ調べてみると、春菊は生理障害を起こしやすく、鉄欠乏やらマンガン欠乏やら…になり易いようです(タキイさん等々)。


試しに養液が減る度に液肥の濃度を、いつもの500倍より濃い目(300倍程度)にして与えていたところ、新しく出てきた葉の色がよくなってきました。こんなに簡単に変わるもの?Σ( ̄∇ ̄ノ)ノ


ちょっと驚いていますが、他に変わったことは徐々に暖かくなってきたことくらいで、養液の濃度変化が功を奏したのかなと疑い気味ではありますが思っています。


もし葉の色が黄色くなったり薄くなってきた時、何をしても葉の色が良くならない時は、試しにいつもより濃い目の養液を与えてみるのもいいかも知れません^^


2/26 脇芽が増えてきました。


20160227春菊


収穫の度に、春菊の香りが漂います。


20160227春菊2


厚揚げと、坦々キムチ汁でいただきました。汁が絡んで美味し過ぎます。。


DSC05470.jpg


3/4 脇芽が出来ても花蕾がついているので、小さなうちに摘心しなければなりません。


20160304春菊4


春菊の天ぷらに。揚げずにオーブンなので、少し焦げています。


春菊5



種まきしたものが芽吹いてきました。



うまい菜(2/12種まき/種まきから11日目)…ピントが。。


DSC05391.jpg


こかぶ(2/18種まき/種まきから5日目)


DSC05392.jpg


チンゲン菜(2/15種まき/種まきから8日目)…遅れて発芽したほうれん草と一緒に。


DSC05386.jpg


皆生まれたばかり。ちっこくて、可愛いです


それからこちらの2種はそろそろ定植時期です。根がしっかり張ってきました。生長はちょっと遅いです。


チマサンチュ(2/4種まき/種まきから19日目)…本葉が育ってきました。


DSC05387.jpg



赤丸はつか大根(2/4種まき/種まきから19日目)…こちらも本葉が徐々に見えてきました。種まきからそろそろ20日になるのに、まだこの状態。


DSC05393.jpg


晴れ間の少なさと気温の低さが気になります。天気の良い日に定植しようと思います。


最後に、寒さに強いこちらは順調に育っています^^


強健ほうれん草(1/18種まき/種まきから37日目)


DSC05385.jpg


DSC05384.jpg


そして残念なことに…(´;ω;`)


サラダ水菜4株のうち、3株に花蕾がつきました。。。。


DSC05388-1.jpg


DSC05389-1.jpg


DSC05390-1.jpg


サラダ水菜が無くなるのは痛い。。3月下旬頃に蒔く予定でしたが、トウ立ち覚悟で蒔いてみようと思います^^


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2016_02_23

          



窓際の寒さ厳しく、育ちが鈍い中葉春菊。


DSC05032.jpg
(前回の中葉春菊の記事はコチラ


葉が黄色く変色する前に、摘み取っています。


たくさん栽培していたはずが、ある理由で摘み取れる量がごくわずかになり…(;ω;)


ごくわずかでも、春菊を収穫すると必ず作る春菊入りの麻婆豆腐。寒いので辛めに。


DSC04778.jpg


やっぱりおいしいです^^


ワンタンスープも春菊入りでいただきます♪


DSC05040.jpg


冬の窓辺。


すきま風が冷たいことはあっても、風に飛ばされることも雪が被ることも霜が下りることもない。


夏に比べたら1,000倍楽な冬の水耕栽培。楽というよりむしろ、やることが無いくらいです。


唯一あると言えば、二日に一度するかしないかの液肥の注水のみ・・・。


昨年の暮れ。まだ中葉春菊の栽培容器は2つありました(その頃の様子はコチラ)。


寒くてなかなか減らない液肥に油断した私は、生長著しい中葉春菊の液肥が切れていることに気づかず、枯らしてしまったのでありました・・・〇凹


芽出しに苦労したことも、かたつむり並の生長過程を見守った日々も、はるか彼方へ~(つД`)ノ


残ったこの貴重な春菊一容器。。


暖かくなって花蕾がつく前に、こんもり茂る姿を見てみたいものです。。


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2016_01_28

          


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop