プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






前回の摘心収穫から2週間が経ち、脇芽が育ってきました。


DSC03301.jpg


あと半月も待てば、トウ立ちした茎が見れると思いますが、
それを待つことなく、二株目のトウが立ち、花が咲いたところで
撤収することにいたします。


短気の私は、ここで無念のギブアップです。


DSC03300.jpg



時間がかかり過ぎるアスパラ菜は、忍耐が必要ですね。



そもそもこのアスパラ菜ってなんでしょう


「別名オータムポエムや愛味菜(まなみな)。


暑さに強い菜心(ツアイシン)と寒さに強い紅菜苔(コウサイタイ)をこう配して育成させた新品種。


トウ立ちした茎葉と花芽を食べる野菜。


収穫は脇芽を伸ばすため主茎は摘みとって捨ててしまい、1株から3回収穫。


食べた時の歯ごたえと甘い風味がアスパラガスとよく似ていることから、こう呼ばれるようになった」とのこと。
『旬の野菜百科』より



葉は艶があって、きれいです。


DSC03302.jpg


これで収穫全部。


今回はザーサイともやし炒めになりました。


DSC03303.jpg


菜花かと思いきや、苦味はまったくなく、合わせやすく食べやすいです。


見た目も美しい緑なので、食欲がそそります。


たくさんあるとありがたい野菜の一つですね。


ただ収穫量と収穫までの時間を考えると、室内栽培ではとっても高級品の部類に・・・


今日は贅沢なもやし炒めとなりました



このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015_06_20

          



花芽を確認して以来、ずっとほったらかしになっています。


DSC03188.jpg


花が2~3くらい開花したものを収穫するようですが、
笑ってしまうくらい、たくさん咲かせてしまっています^^


どこをどう収穫すればいいのかわからないまま、調べてみると
『茎の太さが10ミリ程度になる位置で折るのが理想的』とありました。


脇芽の上あたり・・・ここかな?


DSC03189-1.jpg


その下かな・・・


ハサミが入りにくいので迷うところです。


収穫まで時間がかかっていますが、獲れる量は少なそうです。


大量撒きできるような畑栽培がいいかもしれませんね。



-その後-(6/5)


いろいろ調べて、結構大胆に摘心されている画像などを拝見し、


脇芽を3つ残してココ


DSC03189-2.jpg


摘心しました


残念な切り口になってしまいました。


DSC03191-3.jpg



もう一株の方も


DSC03194.jpg


ようやく花芽が出てきました。


DSC03193-1.jpg


収穫した茎は


DSC03192.jpg


きのことガーリックバター炒めに。


DSC03195.jpg


アスパラのような食感を期待していたものの、
想像通り、葉と茎の食感でした。。


脇芽に期待しましょう!


続く



このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015_06_04

          



4/13に種まきして、やっと・・・


DSC03142.jpg


5/26 花蕾ができました


DSC03141.jpg


6/1 花が咲きました


DSC03163.jpg


と、喜んでる場合でもなく・・・
トウが育っていないので、どこをどう収穫すればいいのか・・・


収穫はまだ先にとっておきます


続く


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015_05_30

          


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop