プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






明けましておめでとうございます


010.jpg


と、いきなり考える人の登場。


1/2のこと。お正月だから人が少ないだろうと期待して、上野の国立西洋美術館へ。期待は大きく外れて人だかり


展示を観終わり外に出ると、広場の片隅の物陰に、ひっそりと考え込んでいる寒そうな人が。


すぐ後ろでは人人人でごった返しているのに、この場所だけ時間がエンドレスに止まっているような異空間の静けさ。


シャッターを2回切りましたが、思考の邪魔をしてしまったかな?


011.jpg



―今年の初挑戦は―


毎年、新しい野菜の栽培に挑戦してきました。


昨年挑戦したのは、スティックセニョールミニトマト


何とか無事に収穫することができました。
ミニトマトにいたっては、昨年425個収穫。もうハイポニカ様様です。


枯れる様子もなく、年が明けても収穫が続いています。


今年は新しく何を栽培しようかな?まだ何も考えておりません。


そろそろ、上の”考える人”のように、どうしようか考え込むことになりそうです。


―今年も収穫した野菜を使っておせちに―


12月にたくさん採れたのは、アスパラ菜ミニトマトチマサンチュ。次に小松菜正月菜。今年も重箱を埋めてくれました。


一段目は出番がなく…


2018年お節2


ハレの舞台は二段目から。端っこにチマサンチュ巻。


2018年お節1-1


三段目にも真ん中にチマサンチュ巻。そして、左側のつくねの中にはアスパラ菜を、右側にはミニトマトのオレガノサラダを詰めました。


2018年お節3


今年はちらし重。具材は昨年12月の主役、アスパラ菜を使いました。


2018年アスパラ菜のちらし寿司1
(前回のアスパラ菜の記事はコチラ


コリコリ食感の鮮やかな緑の茎と、黄色の花がきれいでした。


2018年アスパラ菜のちらし寿司2


お雑煮にはもちろん、小松菜正月菜を。


2018年お雑煮1


お正月だけではなく、日々の献立を助けてくれる窓辺の野菜たち。いつもありがとう!です。


そして例年のように食べ続けた三が日。正月が明けたら節制するぞ!と、晩ご飯はご飯とお味噌汁とお新香で十分!と固く誓うも、1/4。昼は控えることなく普通にランチを食べてしまい…


夜は何と…チャーシュー丼。。


赤葉チマサンチュとチャーシュー丼


仕事するとお腹空くからねと言い訳しつつ、でも休みの間も食べ続けていたじゃない…


収穫した赤チマサンチュをたっぷり敷いて、レジナミニトマトも添えて、野菜たちが美味し過ぎるんです。。


よし。ダイエットは明日から始めよう!


今年もたくさん収穫できる良い年になりますように!


本年もよろしくお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2018_01_04

          



―ありがたい収穫量―


順調に収穫を続けているアスパラ菜


20171114アスパラ菜側枝4本収穫
(11/14)(4本収穫)(前回の記事はコチラ


20171118アスパラ菜側枝3本収穫
(11/18)(3本収穫)


20171125アスパラ菜2本収穫
(11/25)(2本収穫)


20171127アスパラ菜5茎収穫
(11/27)(5本収穫)


20171201アスパラ菜5株収穫
(12/1)(5本収穫)


値段が高くなってきた青菜の代わりに、未だ収穫に至らないスティックセニョールの代わりにと、重宝しています。


8/4蒔き(4株)と8/27蒔き(3株)の計7株を栽培していますが、
8/4蒔きの2株の側枝が徐々に細くなってきました。


20171202アスパラ菜一容器撤収
(8/4種まき)(種まきから121日目)


新しい脇芽の数も減ってきたところで、この2株を撤収することに。


空いた容器には、本葉が出たまま1ヵ月近く放置されていたわさびリーフをすぐさま定植。


20171202わさびリーフ定植
(10/30 バーミキュライトに直播)(わさびリーフ定植)


撤収した2株から収穫した側枝。


20171202アスパラ菜4本収穫
(12/2)(4本収穫)


残るアスパラ菜は5株。


20171203アスパラ菜1


「寒さに強くないので冬の暖かい地域だけしか越冬しません」と種袋に記載がありました。


アスパラ菜 種裏


残る脇芽の数を見ながら、寒さに強い青菜(わさびリーフ・ビタミン菜)の栽培へと切り替えていきます。


しかしこのアスパラ菜。嬉しい収穫量です。


そして栽培期間が長くなっても、最後まで茎が柔らかい。


8/27蒔きの3株。どうにかお正月までもって欲しい。


アスパラ菜とごぼうのきんぴら
(きんぴらに)


アスパラ菜と鮭の土鍋炊きご飯
(鮭と土鍋炊きご飯に)


甘みと歯ごたえ…クセになる美味しさです。


―その後―


12/5 小松菜と正月菜と一緒に、アスパラ菜1本収穫。


20171205小松菜正月菜アスパラ菜収穫


12/12 4本収穫。

20171212アスパラ菜4本収穫


12/17 1本収穫。


20171217アスパラ菜1本収穫


12/24 スティックセニョールの頂花蕾と一緒に2本収穫。


20171224アスパラ菜とスティックセニョール


アスパラ菜が美味しい!


アスパラ菜の炒飯
(アスパラ菜の炒飯)


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_12_02

          



―アスパラ菜も収穫最盛期―


栽培しているのは全部で7株
(前回の記事はコチラ


・8/4種まき…4株→深底水耕栽培容器2容器に2株ずつ
・8/27種まき…3株→深底水耕栽培容器1容器に3株


11/8 8/27蒔きの3本目の主茎摘心が完了。残るはどの株も、側枝の収穫のみとなりました。


20171108アスパラ菜収穫1
(8/27蒔きの主茎1本と8/4蒔きの側枝4本)


主茎を摘心してから側枝の収穫までは少し時間がかかりますが、一旦側枝の収穫が始まると、次々に花蕾が上がってきます。


20171111アスパラ菜
(11/11撮影)(8/4種まき)(種まきから100日目)


摘心した主茎を中心に側枝が出ているのが分かります。スティックセニョールの生育過程によく似ていますね。


20171109アスパラ菜側枝1


8/27蒔きの方は一容器に3株を定植していますが、特に狭苦しそうな様子はなく、うまい具合に茎を交差させて生長してくれています。


20171111アスパラ菜1
(11/11撮影)(8/27種まき3株)(種まきから77日目)


収穫間隔が短くなった今がまさに収穫最盛期。


11/11 側枝6本収穫


20171111アスパラ菜側枝6本収穫


側枝1本の収穫で、太くトウ立ちした茎の他に、茎に生えた数枚の葉と、蕾と花も同時に収穫できるのでボリュームがありますね。


頻繁に食卓に登場しています。


アスパラ菜とさつまいものクリームチーズ和え
(アスパラ菜とさつまいものクリームチーズ和え)


アスパラ菜とぶりのゴマ味噌炒め
(アスパラ菜とぶりの胡麻味噌炒め)


アスパラ菜と鰯のペペロンチーノ
(アスパラ菜と鰯のぺぺロンチーノ)


長く伸びた茎元も柔らかく、包丁がスッと入ります。まさに柔らかいアスパラのような使い心地。


花もきれいで食卓に映えますね。


2015年の栽培時では、収穫までのちょっとだけ長い道のりを待ちきれずに栽培途中で断念。


美味しい収穫を逃してしまいました。


今年は一昨年の分まで、収穫の喜びをたっぷり味わっているところです。


続きはコチラ



このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_11_13

          


01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

language choice

検索フォーム

おすすめの本

毎日の料理をもっと気楽に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop