プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―今年も栽培しています―


昨年(2016年の栽培)は、種5粒分を育てました。


「摘心→根出し」で倍々に増え、あっという間に森になりました。


20160806バジル1
(2016年8月)(この時の記事はコチラへ)


こんな風に、際限無く増やせて大量に収穫できるおかげで、冷凍保存された昨年収穫のバジルが、今も活躍してくれています。


2015年の春にダイソーで購入した種。


バジル種表1



今は”まきどき”の頃に入っていますね。


バジル種裏1



栽培がとても容易で、夏バテ中でもその香りのおかげで食欲がわいてきます♪


―栽培開始―


バジルの種は、少し角がある黒ゴマのような小さな粒。


201704バジルの種


4/25 水を含ませたバーミキュライトに直播。今年は2粒蒔きました。


20170425バジル直播1
(4/25播種)


その約20分後。水を含んだ種は、カエルの卵のようになります。


20170425バジル種まき20分後1


4/29 発芽し、双葉が開いてきました。


20170429バジル1
(種まきから5日)


5/6 小さな本葉が出てきました。


20170506バジル
(種まきから12日)


5/13 根が伸び、小さかった本葉が育ってきました。


20170513バジル
(種まきから19日)


浅底水耕栽培容器の空きが無く、空き瓶にアルミシートを巻いたもので育苗開始(ハイポニカ液肥500倍希釈)。


5/30 そして本日。可愛くこんもりと育ってきました。


20170530バジル1
(種まきから36日)


正月菜を撤収し、深底水耕栽培容器に空きが出たので定植


20170530バジル定植1
(種まきから36日)


昨年の定植も、偶然の播種後36日でした。


これから、あっという間に大きくなっていきますよ!


それにしても、癒される良い香りです


20170530バジル定植2
(種まきから36日)


6/10 容器から出てきました。


20170610バジル
(種まきから47日)


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_05_30

          



あれから、順調に茂っています。


20160703バジル
(4/17種まき/種まきから78日目/親株)


子株も随分大きくなってきました。全部で10株です。


20160702バジル2
(後ろが親株、手前が子株)


バジルの香りが充満しています。。


20160702バジル3


子株の生長点が伸びて脇芽が育ってきたので、今度は子株を摘心また一容器分、増やします


20160703子株バジル摘心


水に浸けて根出しをし、深底水耕栽培容器に定植します。


茂った葉の重みでフラつき始めた親株。カラー石を敷き詰めました。


20160702バジル4


しっかり安定しました。


20160702バジル5


世話要らずでどんどん生長してくれる、安心のバジル。大葉とモロヘイヤもこうであって欲しい。。。


早くも夏バテ気味の身体に、ズッキーニのバジル炒め。


DSC07052.jpg


夏の水耕栽培にバジルは欠かせません


―その後(7/9)―


摘心した子株の生長点から根が出て伸びてきました。


20160709バジル1


深底水耕栽培容器に定植しました。


20160709バジル2


これで全部で13株。


20160709バジル4


5株から始まったバジル栽培は、あっという間に森になってきました。


―サラダ水菜は撤収へ―


長らくお世話になったサラダ水菜。最後の収穫 撤収しました。


20160702サラダ水菜
(2/24種まき/種まきから130日目)


次の栽培は秋までお預けです。



―嬉しい収穫が続いているパセリ―


とっくにトウ立ちして花を咲かせているはずのパセリ(昨年の今頃)。


トウ立ちの”ト”の字の気配もありません。。


20160703パセリ1
(2015/8/31種まき)


暑さに弱いパセリ。徐々に茎の出も収穫量も減ってきました。いつものように12~13茎を残して収穫


20160702パセリ


間もなく、種まきから一年。年を越したパセリは、そろそろ寿命を迎えます。


20160703パセリ2


8/6 窓辺の酷暑も何のその~茂り盛り~


20160806バジル1


9/11 収穫はいつも山盛り。。


20160911 バジル収穫


2017年バジル栽培はコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2016_07_03

          



―コンパクト栽培で給水作業を楽に―


昨年のPETボトル栽培。摘心して株が増えると同時に、PETボトル容器も養液の給水作業も増えていきました。


DSC03577.jpg
(2015年のバジル栽培)


今年は深底水耕栽培容器に2~3苗を定植。容器の数を減らして給水作業を楽に、コンパクト栽培をすることにしました。


4/17 バーミキュライトに種まき。ゆっくり時間をかけて双葉が育ちました。
DSC06574.jpg


5/3(種まきから17日目) 育苗のため、浅底水耕栽培容器へ。
DSC06626.jpg


5/22(種まきから36日目) 深底水耕栽培容器へ5苗定植
白色カゴへ3苗、黄色カゴへ2苗。
20160522 バジル3


5/29(種まきから43日目) あっという間にカゴから出てきました。
20160529 バジル2


窓越しの日光で、育ちが早いです。
20160529 バジル1


下から2節目の脇芽も育ってきました。
2016529 バジル5


苗の数だけPETボトル容器があった昨年と比べて、5苗でも2容器。養液の確認がとても楽になりました♪


6/4(種まきから49日目) 草丈は約30㎝。摘心しても良さそうです。
20160604 バジル1


白色のカゴも
20160604 バジル3


黄色のカゴのバジルも準備万端です。
20160604 バジル2


茎の高さに合わせて、下から2節目又は3節目で摘心。摘心は昨年と同様に、脇芽の直ぐ上をチョキン
20160604 バジル5


20160604 バジル4


きれいな葉です。食べたいのをグッと堪えて^^
20160604 バジル6


水に挿して根出しをします。5日程度で発根します。根が伸びたら水耕栽培容器に定植します。
20160604 バジル7


生長点を摘心した親株はこんな感じに。脇芽が育ってきたら、いよいよ収穫です^^
20160604 バジル9



―その後―


6/8 摘心から4日。水に挿した茎から根が出てきました。


20160608-1.jpg


6/12 ぐんぐん子株の根が伸びています。


20160611バジル根


親株の脇芽も伸びて、摘心収穫。今年のバジル初収穫となりました。


20160611バジル収穫


6/18 だいぶ根が伸びてきたので、子株を深底水耕栽培容器へ定植


20160618 バジル1
(奥が親株5株/手前が子株5株)


同時にたっぷり収穫しました♪夏ですね^^


20160618 バジル収穫2


フレッシュなバジルの香りに包まれて、今日も四季どり小松菜


20160604 小松菜


うまい菜


20160604 うまい菜


チマサンチュをかきとり収穫


20160604 チマサンチュ


チマサンチュはグングン伸びて、茎の長さは手前が75㎝。奥が45㎝


DSC06917-1.jpg


山のような収穫の日々が、まもなく終わろうとしています。。


たっぷり収穫したうまい菜は、鯖とボリューム満点の回鍋肉になりました。


DSC06960.jpg


茎が筋張らず、柔らかくて歯切れが良い。とても扱いやすい、美味しい野菜です^^


バジル栽培の続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
テーマ : ガーデニング    ジャンル : 趣味・実用
 2016_06_04

          


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop