プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―収穫をじっと待つ―


収穫したい気持ちをぐっと堪えて待っていると、茎にがたくさんでき、そこには新芽も育ってきます。
(前回のバジルの記事はコチラ


20170722バジル
(7/22)(種まきから89日目)


こうなると、もうどこを摘心してもいい感じ。


7/29 摘心と同時に収穫


20170729バジル収穫


7/30 長めに切った茎は、株数を増やすために挿し木に。水を入れた瓶で根出し中です。


20170730バジル根出し中


摘んだばかりの葉で作った、フレッシュバジルソース。収穫したミニトマトとチキンと和えて、バジルチキンサンドに。


バジルチキンサンド


毎朝カーテンを開けると、ふわっと漂うバジルの香り。


今年も深みのある味と爽やかな香りで、我が家の夏バテ気分を和らげてくれています。


―その後―


8/1 根出しをしていた挿し芽が発根。


20170801バジル発根
(根出し開始(7/29)から4日目)


8/3 そろそろ容器に定植します。


20170803バジル挿し芽の根
(根出し開始(7/29)から6日目)


8/5 根が伸びた挿し芽3株。深底水耕栽培容器に定植。


20170805バジル挿木株定植
(根出し開始(7/29)から8日目)


2株だったバジルが7株になりました。


20170805バジル7株
(4/25種まき)(種まきから105日目)


そして、またこんもり収穫しました。


20170805バジル収穫


8/13 すくすくと育って、良い香りがしています。


20170813バジル2
(種まきから111日目)


大きくなった下葉から順に収穫します。


20170813バジル収穫


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_07_30

          



―摘心―


6/14 伸びてきた2株のバジル。(前回のバジルの記事はコチラ


それぞれ、下から3番目の節のすぐ上を摘心


いつものように水に浸けて、根を出して…


20170614バジル1摘心
(6/14)(種まきから51日目)


同じ容器の空いているところに定植。


20170702バジル2-21
(挿し木株)


20170702バジル2-11
(挿し木株)


これで2株から4株(親2株、挿し木2株)になりました。


挿し木株は、定植位置の直ぐ上から2つの新しい芽が出ています。


摘心の際に収穫 今年の初収穫です。


20170702バジル収穫


今回はそれだけではなく、親株の切り戻しもすることにしました。


―親株の切り戻し―


切り戻しというより、単に”茎を短くする”という方が合っているかも知れません。


バジルは葉が茂ってくると、株の上部に比重がかかってフラフラしてきます。


なるべく下に比重を下げるために、この芽が出ていない親株の一節目は切ることにしました。


20170702バジル一節目1-1
(一節目)


ちなみにこちらは、新芽が出ている二節目。一節目からは葉だけが出ていますが、二節目からは枝葉(新芽)が出ていますね。


20170614バジル2の2節目
(二節目)


7/2 容器から苗を抜き取り、点線の位置でカット。


20170702バジル1-1


カットしたら、水に挿して根出し。


20170702バジル切り戻し1


7/8 根が伸びてきたので、容器に戻しました。これで4株全て、定植位置の直ぐ上から2つの芽が出ている形になりました。


20170709バジル1
(4/25種まき・種まきから75日目)


ちょっと窮屈。。ふらつき防止のちょっとした工夫でした。 


葉が茂ってきたので、また収穫


20170709バジル2


採れたてのバジルでジェノベーゼ。


ジェノベーゼ


暑い夏が始まりましたね。蝉の声がそろそろ聞こえてきそうです。


7/16 我が家で暑さに負けていないのは、このバジルだけ。今年もたくさん収穫できそうです。


20170716バジル2
(種まきから83日目)


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_07_09

          



―今年も栽培しています―


昨年(2016年の栽培)は、種5粒分を育てました。


「摘心→根出し」で倍々に増え、あっという間に森になりました。


20160806バジル1
(2016年8月)(この時の記事はコチラへ)


こんな風に、際限無く増やせて大量に収穫できるおかげで、冷凍保存された昨年収穫のバジルが、今も活躍してくれています。


2015年の春にダイソーで購入した種。


バジル種表1



今は”まきどき”の頃に入っていますね。


バジル種裏1



栽培がとても容易で、夏バテ中でもその香りのおかげで食欲がわいてきます♪


―栽培開始―


バジルの種は、少し角がある黒ゴマのような小さな粒。


201704バジルの種


4/25 水を含ませたバーミキュライトに直播。今年は2粒蒔きました。


20170425バジル直播1
(4/25播種)


その約20分後。水を含んだ種は、カエルの卵のようになります。


20170425バジル種まき20分後1


4/29 発芽し、双葉が開いてきました。


20170429バジル1
(種まきから5日)


5/6 小さな本葉が出てきました。


20170506バジル
(種まきから12日)


5/13 根が伸び、小さかった本葉が育ってきました。


20170513バジル
(種まきから19日)


浅底水耕栽培容器の空きが無く、空き瓶にアルミシートを巻いたもので育苗開始(ハイポニカ液肥500倍希釈)。


5/30 そして本日。可愛くこんもりと育ってきました。


20170530バジル1
(種まきから36日)


正月菜を撤収し、深底水耕栽培容器に空きが出たので定植


20170530バジル定植1
(種まきから36日)


昨年の定植も、偶然の播種後36日でした。


これから、あっという間に大きくなっていきますよ!


それにしても、癒される良い香りです


20170530バジル定植2
(種まきから36日)


6/10 容器から出てきました。


20170610バジル
(種まきから47日)


続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_05_30

          


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop