プロフィール

ラッキー&ポーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

水耕野菜 収穫生活

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―2年ぶりのトウ立ち―


食べても食べても追いつかず、収穫すればするほど葉が茂る一方のパセリ。


今年もたくさん収穫してきました。
(パセリの前回の記事はコチラへ)


20170521モスカールドパセリ
(2016/9/16種まき・種まきから248日目)


手前の黄色の容器でトウが立ちが始まりました


20170521パセリトウ立ち1
(2016/9/16種まき・種まきから248日目)


思い起こせば一昨年の今頃も、パセリがトウ立ちした記事を書いていました。


パセリは毎年栽培していますが、昨年はナゼかトウ立ちせず、たくさんの収穫を終えて8月下旬に撤収しました。


トウ立ちした一昨年の栽培はパラマウントパセリ
トウ立ちしなかった昨年と今年の栽培はモスカールドパセリ


もしかしてモスカールドパセリって、トウ立ちしない品種?なんて思っていたら、そんなことはなく、昨年が特別だったようです。


トウ立ちが始まるとパセリは、通常こんな葉の形が…


20170521パセリの葉


こんな風に平べったくなってきます。一昨年の記事には「鳥の足のよう」と書いていました(笑)


20170521パセリトウ立ち2


こんなちょっと美味しそうではない感じの葉がどんどん増えていきます。


トウが高く伸び始め、やがて収穫できる葉が無くなり、7月半ばに小さな花がたくさん咲きます。(パセリのトウ立ちのその後


なので、この容器のパセリは、ここで撤収することにしました。


浅底水耕栽培容器で育苗を始めたのは、2016年10月9日


それから7ヵ月半が経ったは、撤収が忍びない程に元気でした。


20170521パセリ根
(育苗開始から225日目)


空いた容器は早速、窮屈に定植しているレジナに。


20170521パセリ収穫


チョキチョキ切って、冷凍庫へ!今年の収穫が終わった後から、来年の収穫が始まるまでの貴重な保存パセリです。


残るは一容器。生パセリはこちらから調達します。


20170521モスカールドパセリ1


トウ立ちの気配はなく、まだまだたくさん収穫できそうです。


昨年収穫したバジル(冷凍保存)と収穫したパセリを使って、ひき肉ナポリタン。香りが良い♪


バジルと生パセリのひき肉ナポリタン


久々に作ったオーソドックスな懐かしのカレーにも。


懐かしいカレーにパセリ


ジャンバラヤにも。収穫したチマサンチュとレジナも一緒に。


レジナとチマサンチュとパセリとジャンバラヤ1


パセリがあるだけで、味の奥行がまるで違ってきます。


パセリの生育適温は15℃から20℃。暑さに弱いので、遮光レースカーテン越しで栽培しています。


―その後―


7/1 トウ立ちを前に、最後の収穫と撤収。今年もたくさん収穫、保存できました。


20170701パセリ最後の収穫
(種まきから289日目)


―モスカールドパセリの種はこちら―

トーホク パセリー モスカールド 種(家庭菜園・プランター栽培・パセリのタネ)




このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_05_21

          



―栽培というより、もう食べるだけ―


2016年9/16に種まきをした、モスカールドパセリ


20170415パセリ1
(2016/9/16種まき・種まきから213日目)


今年のお正月あたりから、もっぱら食べているだけ
(前回の記事はコチラ


定植してからは見守るだけで、たまに養液を注ぎ足すくらいです。


毎年収穫量が多く、2014年に初めてパセリ栽培を始めて以来、スーパーでパセリやドライパセリを買うことが無くなりました。


今年もまだ、昨年収穫したパセリがたくさん、冷凍庫の中で冷やされています。。。


煮込み料理にドバっと贅沢に冷凍パセリを使い、その他はやっぱり、収穫したての生パセリに手が伸びてしまいます。


20170415パセリ2


かと言って、毎日大量に消費するわけでもなく、徐々に葉の色が薄くなってしまう前に収穫して冷凍庫へ!


いつまで経っても、冷凍パセリは減らないのであります。。


今日も茂ってきたパセリを摘んで千切ってサンドウィッチ♪


パセリと窓辺野菜のサンドウィッチ


具材は、トウ立ち中のわさびリーフの葉。シーチキンサンドで。


わさびリーフとシーチキンとチマサンチュのサンドウィッチ


レモン汁とマヨネーズ、ブラックペッパーでサッパリと。


こちらは刻んだわさびリーフの茎とキャベツに塩を振って、サイコロカットしたチーズを和えて、ベーコンとトマトサンド。


わさびリーフの茎とチマサンチュのベーコンサンドウィッチ


サラダ野菜はもちろん、収穫したチマサンチュを使っています。


パセリを乗せて、ガブリと!


ザクッと音が鳴る瑞々しい野菜と、はじけるパセリの香り。自家栽培、ありがとう^^


20170504パセリ1



―収穫中のモスカールドパセリの種はこちら―

トーホク パセリー モスカールド 種(家庭菜園・プランター栽培・パセリのタネ)



栽培の続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_04_16

          



昼間は暖かい窓辺


それも、ほんの一時のこと。あと数時間もすれば陽射しが無くなり、窓の隙間から冷気が広がり始めます。。


窓辺のパセリ。ポカポカ陽気で嬉しそうです。


201070122モスカールドパセリ1
(2016/9/16種まき)(前回のパセリの記事はコチラ


まだ株が小さいパセリ。パセリなりに、えっちらおっちら育っているつもりが、お正月からちょくちょく摘み獲っているせいで代わり映えせず。


パセリとしては3歩進んだはずが、1歩しか進んでいない状態が延々続いているような、果てしない気持ちかも知れません^^


20170122モスカールドパセリ2


主人の実家から送られてきたロマネスコ


ランチはこれを使ってホットサンド。冬は温かいサンドが食べたいと購入した、ホットサンドメーカー。


DSC09435.jpg
(>>ブラックホットサンドメーカーはコチラ<<)



もう何度も使っていますが、軽くて持ちやすい。おまけに安い


ロマネスコはソーセージとチンして、粒マスタードとマヨで和えてサンド。


もう一つは先週の残り物、えのきたっぷりのミートソースにチリペッパーとモッツァレラチーズを加えてサンド。パセリをほんのちょびっと収穫して散らしました。


ホットサンド1


サラダはもちろん、収穫したばかりの青チマ赤チマフリンジグリーンを使ってフレンチサラダ。


”美味し過ぎる幸せ”に浸る、のんびりとした時間


ポカポカ窓辺で暖かいランチ。体も心もホットになりました♪


3/4 かきとり収穫中ですが、徐々に茎が増えてきました。


20170304パセリ1


お皿の上に春巻が3本だけ。春巻好きには何の不服もありませんが…


春巻きにパセリとチマサンチュを添えて


そこに、窓辺のチマサンチュを1枚、パセリを一房添えるだけで、彩りとさっぱり箸休めに。


ちょっと使いの野菜も窓辺で調達。何とも嬉しい瞬間です。


3/18 朝晩は肌寒く、日照も弱い日々です。


20170318モスカールドパセリ


摘みたてパセリ四季どり小松菜の菜の花フリンジ―グリーンを添えて、春のナポリタン


春のナポリタン


栽培の続きはコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017_01_22

          


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

language choice

検索フォーム

インテリアや贈り物に

 

おすすめの本

毎日の料理を楽に幸せに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     



pagetop