プロフィール

ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん

Author:ラッキー&ポーちゃん&プーちゃん
簡単すぎる水耕栽培

QRコード

QR

LINK

当ブログはリンクフリーです。






―ハイポニカ、購入サイズを変えてみました―


これが2019年最後の記事になりそうです。


あっという間の一年でした。


今年は別のことに気を取られて、ブログの投稿がおろそかになりました。


数えてみたら、26記事。少ないですね(笑)これで27記事目です。


でもね、初めて枝豆を栽培してみたり、ししとうを越冬させてみたり、はやどり系の野菜を栽培してみたり、容器を改良してみたり。


例年のように、新しいことに挑戦した年でもありました。


今年のお正月休みは昨年よりちょっと長めで、少しゆっくりできそうかな。あっという間に過ぎ去りそうですけどね。


新しく栽培する種をゆっくり探しに行きたいなぁと思っています。


また、消費税増税のタイミングでちょうどハイポニカが切れそうだったので、この際、購入サイズを変えてみようと、500mlから1,000mlに変えてみました。


何てことはない変化ですけどね^^


ずっと500ml×2本セットを購入していましたので、どんな違いなのか書いておきますね。


はい。1,000ml×2本セット、購入しました。ドン。


ハイポニカ1000ml1


思ったよりコンパクトで、500ml×2本セットとあまり大きさが変わらない不思議^^


ハイポニカ500mlと1000ml-1


奥行きが違いますね。箱の中身はこうなっていました。


ハイポニカ1000ml2


500ml×2本セットと変わらず、説明書とスポイト2本でした。


ハイポニカ1000ml3


そうそう、このチラシも変わらず入っていました。


ハイポニカチラシ


左の円筒容器が500mlセットで右が1,000mlセット。幅が2倍で、高さの違いはキャップ一つ分です。


ハイポニカ500mlと1000ml1


1,000mlになったらスポイトが養液に届かなくなるんじゃないかと危惧していましたが、容器の高さがほぼ変わらないので何も変わらないですね^^


スポイトが養液に届かなくなってきたら、蓋に養液を入れてスポイトで吸えばいいです。500mlの使用方法と変わらず使えて、もうちょっと早く1,000mlセットにしておけば良かったなぁ^^


そんな感じで9月半ばから使い始めて、これだけ減りました。


20191229ハイポニカ2-1
(12/29)

3ヵ月と2週間程度で200mlずつ使いました。一月に換算すると60mlずつくらいですね。


500ml×2本セットは大体、4、5か月で消費していたので、一月につき100ml強ずつ


今年の冬は栽培容器が13容器と例年より少なめでしたので、養液の減りが遅かったです。


我が家では、1,000ml×2本セットなら、一年に1度の購入で足りそうです。


金額も500ml×2本セットより、1,000ml×2本セットの方が倍量なのにお得ですね。


現時点で送料無料最安値を貼っておきますね。


<500ml×2本セット>

【送料無料】 ハイポニカ 液体肥料 A剤 B剤 各500mlセット 家庭菜園 液肥 水耕栽培

価格:1,499円
(2019/12/29 22:14時点)
感想(26件)






<1,000ml×2本セット>

【送料無料】 ハイポニカ 液体肥料 A剤 B剤 各1L(1000ml)セット 家庭菜園 液肥 水耕栽培

価格:2,160円
(2019/12/29 22:17時点)
感想(66件)





キャッシュレス還元で5%戻ってくるのもありがたいです。


送料無料と言っても、本体価格にその分を上乗せしているような値段ですけどね。この時点では一番安いお店でした。
(最安値ショップは時々で変わるので、購入前に比較してみてくださいね。)


水耕栽培始めてみよう!でも続けられるかやってみないと分からないな~と思う方には500mlセットを。


一年は続けられそうかも!何種か栽培してみたい!と思う方にはお得な1,000mlセットがオススメですね。


そして、たくさん収穫できますように。


はやどりチンゲン菜が、ますます大きくなってきました。


20191229はやどりチンゲン菜1
(はやどりチンゲン菜)


20191229はやどりチンゲン菜2
(はやどりチンゲン菜)


こちらははやどり小松菜ビタミン菜。左の容器ははやどり小松菜ビタミン菜を混植。右の容器ははやどり小松菜だけですね。


20191228はやどり小松菜とビタミン菜1
(はやどり小松菜とビタミン菜)


葉色が黄緑色で草丈がある方が、ビタミン菜です。


20191228はやどり小松菜とビタミン菜2


こんな感じで、今年も暮れを迎えました。今年も読んでいただいて、ありがとうございました。


また来年。新しい発見やたくさんの収穫がありますように!


良いお年を!^^/



 2019_12_29




「おせちに活躍してくれた、水耕野菜 -1-」こちらへ。


この秋冬、栽培した数が一番多かったチマサンチュ


9月蒔きは、茎がぐんぐん伸びています。


20170102チマサンチュ1
(9/11種まき/種まきから113日目)


上から見ると、こんな感じ。


20170102チマサンチュ3


ズームすると…春がすぐそこに。


20170102チマサンチュ2


昨年(2016年)の3月、開花したチマサンチュの花は、ドライフラワーになりました。


DSC05590-1.jpg
(昨年3月/チマサンチュの花のドライフラワー)


こちらは後蒔きのチマサンチュ


20170102チマサンチュ5
(11/5追蒔き/種まきから58日目)


上から見ると、こんな感じ。


20170102チマサンチュ4
(左上はフリンジーグリーン・青チマ・赤チマ)


赤チマサンチュがきれいに色づいてきました。9月蒔きのチマサンチュのトウ立ちを見ながら、新しく育ってきた柔らかい葉を食べることができそうです。


そして、根こそぎ収穫して坊主のようになってしまった、サラダ水菜



20170102サラダ水菜
(9/16種まき/108日目)


フリンジーグリーンチマサンチュサラダ水菜を使って、おせちに添えたサラダに。


20170101-6-1.jpg


これが無いと、お正月が終わらない!我が家のお正月恒例の漬け丼。


201070102-1.jpg


今年は鮪とイカといくらで。


20170102-2.jpg


また食べ過ぎて、お腹が重…。三が日も残り一日。今年もまた、美味しいお正月が終わってしまいます。


水耕野菜たちのおかげで、野菜を買っている気がしません。葉物野菜をスーパーのカゴの中に入れていないからですね。


おせちには登場しなかったビタミン菜も、益々ぶっとく立派になってきました。


20170102ビタミン菜1
(9/11と10/23種まきの混在)


20170102ビタミン菜2


お正月が終わっても、こんな野菜たちのおかげで美味しいご飯が続きます。


夏には4年目を迎える水耕栽培。


今年も新しい野菜の栽培に挑戦しながら、お得に収穫祭を味わう、楽しい一年にしたいと思います。


 2017_01_02




新年明けましておめでとうございます


気がつけば、お正月。そしてそのお正月もまもなく終わり。あっという間です。


月日の経過を年々早く感じるようになり、昨年のお正月が半年くらい前の出来事のような感覚です。


―おせちに自家野菜―


そんなこんなで、今年は重箱を詰める具材を作る時間がなかったので、ちょっと手抜きおせちになりました。


20170101-1.jpg


お重に詰めたのは、手まり寿司。最近我が家ではまっている麦飯を酢飯にして握りました。


20170101-2.jpg


水耕野菜使っていますよ。ゆかりの手まり寿司に、ゆっくりと育ってきたパセリを乗せました^^


20170102パセリ
(9/16種まき/種まきから108日目)


20170101-3.jpg


お重の隙間を埋めるのに必死です(笑) 今年のお重は煮しめを省略して2段で勘弁。


ただ、「ま・ご・は・や・さ・し・い」だけはきちんと抑えています。


20170101-5.jpg


ま(豆)…黒豆で。
ご(ごま)…胡麻味噌和えや丼で。
は(わ)…わかめ等の海藻類は昆布巻で。
や(野菜)…水耕野菜も含めて使い。
さ(魚)…酢漬けやお寿司に。
し(しいたけ)…含め煮に。
い(芋類)…栗きんとんで。


お雑煮にはもちろん、正月菜


20170102正月菜1
(右の容器:9/26種まき/左の容器:10/23種まき)


初めての栽培でしたが、とっても簡単に、きれいに大きく育ってくれました。茎も下から生える、特長通りです。


20170102正月菜2


そして、こちらも初めての栽培。みつばももちろん♪


20170102みつば
(9/26と10/9播種の混在)


とっても美味しいお雑煮になりました。暮れに、高いみつばを買わずに済みました^^


20170101-7.jpg
正月菜みつばのお雑煮)



―小鉢で登場したのは―


20170101-4.jpg


右上の黄色い小鉢は、わさびリーフ


20170102わさびリーフ
(9/22種まき/102日目)


蒲鉾と、ささみと胡麻味噌和えに


左上の格子柄の小鉢には、四季どり小松菜を。


20170102四季どり小松菜
(深底容器:9/11種まき/PETボトル容器:9/17種まき)


高野豆腐と含め煮に。


おせちに活躍してくれた水耕野菜-2-」はコチラ


 2017_01_02



01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

language choice

検索フォーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
 

 



pagetop